観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 金沢・加賀・能登観光に役立つイベント最新情報

金沢を中心に加賀、能登をはじめ富山県・福井県のイベント、コンサート、ライブ、展覧会情報を集めました。

開催終了

特別展「田嶋悦子 花咲きぬ」

特別展「田嶋悦子 花咲きぬ」
左上:Flowers 13/2013年/ガラスパーツ制作:上前功夫/兵庫陶芸美術館蔵 右上:Records/2017年/ガラスパーツ制作:西川宏太/作家蔵 左下:花-1/2019年/作家蔵 右下:Cornucopia 08-Y4/2008年/作家蔵 撮影すべて斎城 卓

陶とガラスを融合させた作品で知られる田嶋悦子の個展。

80年代のアート・シーンを飾った新進の若手女性作家「超少女」の一人として注目された田嶋悦子の個展が『石川県能登島ガラス美術館』で開催中。光と人の視線を中心へと吸い込んで透過するガラスと、光も人の視線も表面で受け止めて見る者の精神世界を膨らませる陶。本展では90年代の「Cornucopia(コルヌコピア)」から最新作「花」までを紹介。陶とガラスに独自の解釈を加え、今尚、進化し続ける田嶋の生命力あふれる花々が美術館に咲きそろう。

開催期間
[開催終了]2019年7月13日(土)~9月29日(日)
開催時間
9:00~17:00 ※入館は16:30まで
休日
8月20日(火)、9月17日(火)
料金
個人(高校生以上)800円、団体(20名様以上) 700円、中学生以下は無料
詳細・備考
【関連イベント】
■絵本のじかん~絵本で感じる作品世界~
展覧会テーマと繋がる絵本の読みがたりの後、ミニ・ギャラリートークを行います。
日時/9月15日(日)14:00~ 約40分
場所/多目的ラウンジ
読み手・案内/米田晴子(本展担当学芸員)
参加費/無料(別途観覧料必要)
定員/各回20名程度
対象/制限なし
※詳細はHPにてお知らせします。

■アーティストトーク
出演/田嶋悦子氏(出品作家)
ゲスト/金子賢治氏(茨城県陶芸美術館館長)
日時/9月29日(日)14:00~
場所/多目的ラウンジ
参加費/無料(別途観覧料必要)要電話申込
定員/30名(定員に達し次第締め切ります)
※7月13日より電話にて受付開始

主催/石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)
後援/七尾市教育委員会、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、HAB北陸朝日放送、エフエム石川、ラジオななお
開催場所
石川県能登島ガラス美術館(石川県七尾市能登島向田町125-10)
問い合わせ先
石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)
TEL/0767-84-1175
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。

現在開催中・実施中のイベント

時代で巡るいしかわの工芸展 「珠洲古陶-その歴史と美-」

忽然と歴史から消えた珠洲焼の再興の歴史。

[工芸出羽町]

2019年11月17日(日)~12月15日(日)石川県立歴史博物館

兼六園 雪吊り作業

樹木を雪から守る『雪吊り』作業。

[風物詩金沢市]

2019年11月1日(金)~12月中旬(予定)兼六園

第4回 金沢・世界工芸トリエンナーレ 公募展「2019金沢・世界工芸コンペティション」・企画展「越境する工芸」

審査員等による豪華トークイベントも開催。

[工芸広坂]

2019年11月10日(日)~11月21日(木)金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA、B

開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために

15年ぶりに公開する作品や、収蔵後初公開の作品も。

[展覧会広坂]

現在地[1] 2019年9月14日(土)~12月19日(木)
現在地[2] 2019年10月12日(土)~2020年4月12日(日)
※会期中に展示替えあり
金沢21世紀美術館

金沢城・兼六園 四季物語 秋の段

秋の兼六園は紅葉とライトアップを楽しもう。

[無料開園兼六園]

2019年11月2日(土)~24日(日)金沢城公園、玉泉院丸庭園、兼六園

林檎舎アップルカンパニー 「ムニ カーペット」展示会

一生ものの価値がある、 クラシカル・チャイニーズ・ラグ。

[展示会西都]

2019年11月7日(木)〜11月19日(火)林檎舎アップルカンパニー

Clubismオンライン クーポン

プレゼント

http://www.kanazawabiyori.com/contents/wp-content/uploads/2019/10/prettl191101.png

ランキング

おすすめ情報

Clubism online
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc