旅ガイド

加賀百万石の伝統が息づく古都・金沢。
押さえておきたい金沢の見どころ・観光スポットをご紹介します。

金沢観光の人気スポット、
21世紀美術館の魅力に迫る

2. 屋外作品も魅力が満載

チェックポイント

芝生の公園で屋外の作品を楽しもう

美術館の周りは芝生が植えられ、さながら公園のような景観。ここを訪れた日は天気がよくて、屋外作品を一つひとつ鑑賞して写真を撮っているうちに1時間以上過ぎてしまった。前のページにもふれたことだが、新しい作品も加わっているので、美術館の中に入る前に時間を使いすぎることのないようにご注意を(反省)。

◆球体パビリオン「まる」

フロアマップ11

  • 屋外

写真は、2016年から設置されたSANAAによる球体パビリオン「まる」。早くも人気になっているこの作品は外側からも、内側からも鑑賞できる構造になっている。ぜひ現地で楽しんでほしい作品だ。


【恒久展示作品】
フロリアン・クラール《アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3》2004年

フロアマップA

  • 屋外

金沢21世紀美術館蔵 撮影:中道淳/ナカサアンドパートナーズ 写真提供:金沢21世紀美術館

芝生の中に楽器のチューバのような形のものが12個設置されているが、実は2個ずつペアになっているので1個からもう1個に声を届けることができる。近くにあるものが必ずしも対ではないので、声をかけてみると思わぬ人から声がかえってくることも! 作品のタイトルの意味が「音のフィールド」というのも納得の作品。現代アートでは、目で見るものだけがアートの領域だと決めつけてはいけないようだ。さあ、みなさんも恥ずかしがらずに(笑)声を出してみよう。


【恒久展示作品】
LAR/ フェルナンド・ロメロ《ラッピング》2005年

フロアマップC

  • 屋外

金沢21世紀美術館蔵 撮影:木奥惠三 提供:金沢21世紀美術館

この作品はスタイリッシュな形のジャングルジムとでも言いたくなる形をしている。作品の内部に子どもが入って遊ぶこともできるようになっている。風船の内部から外に向けていろいろな方向に押し出されたような複雑な形だ。


【恒久展示作品】
オラファー・エリアソン《カラー・アクティヴィティ・ハウス》2010年

フロアマップB

  • 展覧会ゾーン

(c)2010 Olafur Eliasson

この作品の写真はWEB 掲載NG。とはいえ、現地に行くと遠目からもよく目立つ、とてもカラフルな作品。シアン、マゼンタ、イエローのガラスで周囲の人がいろいろな色で見える。作品の中心の照明が日没から夜明けまで光るので、まるで夜の灯台のように周囲の目印となるだろう。


【恒久展示作品】
ヤン・ファーブル《雲を測る男》1998年

フロアマップG


※改修のため2017年10月中旬までご覧になれません。
  • 屋外

(c)Angelos bvba 金沢21世紀美術館蔵 提供:金沢21世紀美術館

アメリカの映画『終身犯』に着想を得てつくられた作品。雲を測る男を展示するとしたら…美術館の屋上!というのは納得。晴れの日も風の日も脚立の上で雲を測る彼にどういうことを感じるだろうか―。一番近くから鑑賞できる場所は、展覧会ゾーンの《緑の橋》からだろう。作家の身体を型どりしているためか、服の質感がリアル。兄の死を思ってつくられた作品。


チェックポイント

屋外には作品のほかにもこんなものが!

◆SANAA の“しずく”の形をしたイス

フロアマップ12

  • 屋外

公園といえば、やはり座って一息つけるイスが必要。屋外にも美術館設計者であるSANAA デザインのイスがある。座るのもためらうかわいさ。天気のいい日はここでくつろぎたいところ。前述の球体パビリオン「まる」の周辺にも設置されている。


◆江戸時代の風情が残る茶室

フロアマップ13

  • 屋外

歴史ある茶室が、歴史的価値を失わないように美術館の隅に移築されている。ひっそりとたたずむといった趣で、周囲となじんでいるのは公園と一体になった美術館のつくりのためだろうか。茶室「松涛庵(しょうとうあん)」の建物は加賀藩主12代・江戸時代末期に建てられ、昭和に入って数寄屋風の茶室として整備されたので、江戸時代の風情を今に残す貴重な建物。この「松涛庵」は、毎年6月に開催される『金沢百万石まつり』で『百万石茶会』のお茶席として利用されたり、行事が入っていない日には一般に貸施設として利用されている。

公開時間/9:00 ~ 17:00 ※茶会開催時間は見学できません
休/月曜(月曜が休日の場合その直後の平日)、年末年始
入場無料

金沢21世紀美術館 立ち寄りスポット情報

石川県立美術館

石川ゆかりの古美術品から現代作品を常設展示する美術館。

石川県立美術館
金沢市立能楽美術館

金沢市の無形文化財「加賀宝生」に伝わる貴重な能面や能装束を展示。

金沢市立能楽美術館
鈴木大拙館

日本の思想を世界へ広めた鈴木大拙を紹介。

鈴木大拙館
金沢市立中村記念美術館

金沢21世紀美術館から徒歩3分、茶道と美術に親しむ憩いの場。

金沢市立中村記念美術館
石川四高記念文化交流館(石川四高記念館 / 石川近代文学館)

金沢三文豪の直筆原稿などを所蔵する学びとふれあいの複合文化スペース。

石川四高記念文化交流館

金沢21世紀美術館 立ち寄りグルメ情報

のど黒めし本舗 いたる

「いたる」の提案する絶品の新名物。

のど黒めし本舗 いたる
あまつぼ 柿木畠店

創業50余年、地元民に長く愛される老舗居酒屋。

あまつぼ 柿木畠店
更科 藤井

蕎麦とともに充実させた一品料理の質の高さが人気。

更科 藤井
釜炊きおにぎり みつや

テイクアウトもできるおにぎり専門店。

釜炊きおにぎり みつや

金沢21世紀美術館 立ち寄りカフェ情報

つぼみ

地元客から観光客まで厚い支持を集める甘味処。

つぼみ
パティスリー オフク

昔ながらの和菓子から上質なフランス菓子まで味わえる。

パティスリー オフク
カフェ&ブラッスリー ポール・ボキューズ

カフェメニューを美景とともに楽しむ。

カフェ&ブラッスリー ポール・ボキューズ
古都美カフェ

四季の移り変わりを満喫できる北欧テイストの街なかカフェ。

古都美カフェ

金沢21世紀美術館 立ち寄りおみやげ情報

金沢・クラフト広坂

新しい感性が光る品から本格的な工芸品が揃う。

金沢・クラフト広坂
九谷焼陶芸品 北山堂

大切な人へのプレゼントや、自分用のお土産にも。

九谷焼陶芸品 北山堂
今井金箔 広坂店

創業100年以上の老舗金箔メーカー『今井金箔』。

今井金箔 広坂店
クラフトギャラリー珈琲 波

上質を知る大人のギャラリー&カフェ。

クラフトギャラリー珈琲 波
月刊 金澤

旅ガイド~観光を楽しむためのガイド~

プレゼント

プレゼント

おすすめ情報

ランキング

北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和