ホテルに泊まるといふこと 第2回 べにや無何有 | 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

ホテルに泊まるということ

ホテルには人生のすべてがある。出会い、別れ、邂逅。
ホテルに生き、ホテルに死ぬことこそ、人生最高の贅沢といえよう。

第2回

石川 山代温泉べにや無何有

著者/林俊介(2006年9月筆) 撮影/桝野正博

 山本周五郎に「茶摘は八十八夜から始まる」という短編がある。行状がかんばしくなく、領地没収の上、他家に預けられた元6万石の領主が、いよいよ切腹、毒害のいずれかの措置をとられるほかあるまいという際になって、相伴役の若いさむらいの必死の諫止に、ようやくそれまでの過ちに気づく。さむらいはそのことを上役に報告し、結果、明日は罪が減じられるという日になって、元領主はこう言うのだ、
「おれは今夜自決する。・・・・・・この四十日ほどのあいだ、おれはずいぶん多くのことを学んだ。これまで経験したことのないことを経験し、経験をしたこと以上に多くのことを学んだ。この四十日ほどのあいだに見聞したことは、おれ自身の過去、おれがどんな人間だったかということを、はっきりとあぶりだしてみせたのだ。おれは領主としてはもちろん、単に人間としても屑にも劣る」
「いや、聞いてくれ。自決すると決めたいまほど、平安な気持ちになったことはおれにはなかった。この四十余日のあいだに、おれは人間の生き方を知った。それで充分だ。おれは胆がきまったのだ。これ以上生き延びてはならない。そうあってはならない。五十余年にわたる罪の償いはできなくとも、死にどきだけは誤りたくない」

 
石川 山代温泉べにや無何有
画像拡大

 私はこの正月で60歳になった。
 なにをするべきか、ということよりも、なにをしてはならないのか、ということについて、もはや十分に学んだはずである。あれを捨て、これを捨て、身辺ことごとくをきれいに片付け、未練がましいことはいっさい口にするべきではないということを、十二分に心得ているはずである。
 それなのに、である。

もっと読む

筆者プロフィール

林俊介

編集者を経て、各種雑誌・新聞にコラム、エッセイを連載。
元TOKIO STYLE編集長。「ホテルに泊まるといふこと」など著書多数。

べにや無何有

客室数
和室8室、洋室2室、和洋室6室、特別室 若紫1室。すべての部屋に露天風呂付。
宿泊料金
平日34,710円より、休前日40,110円より(2名1室利用/税・サ込)
チェックイン/アウト
15:00/11:00
駐車場
15台
施設
図書室、カフェ、茶室永楽庵、ショップ、スパ「円庭施術院」
風呂
大浴場「こもれびの湯」
交通
飛行機の場合、小松空港よりタクシーで30分。
鉄道の場合、加賀温泉駅よりタクシーで10分、バスで15分。
送迎あり 要予約
車の場合、北陸自動車道加賀IC・片山津ICより20分。
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。(更新日:2014年5月23日)
月刊金澤

地元編集者のとっておき情報

NEW

2016年12月06日更新
ツリーファンタジー




ページの最上部へ