ホテルに泊まるといふこと 第3回 星のや 軽井沢 | 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

ホテルに泊まるということ

ホテルには人生のすべてがある。出会い、別れ、邂逅。
ホテルに生き、ホテルに死ぬことこそ、人生最高の贅沢といえよう。

第3回

長野 軽井沢 星のや軽井沢

著者/林俊介(2006年6月筆) 撮影/藤間信行
長野 軽井沢 星のや軽井沢

 雨が降り続いていた。
 途中の峠には霧が深く立ちこめ、浅間の山々を瞬時も見ることがかなわなかった。
 金沢から車でおよそ4時間。一人で運転するにはやや長い距離だが、私はその時間を十分に楽しんだ。イルムスで買ったスエディッシュ音楽のCDを大音量でかけ、音楽に飽きたら、自分の行く末についてあれこれと考え事をした。

 
長野 軽井沢 星のや軽井沢
画像拡大

 私が生まれた当時、日本人はことごとく貧しかった。おかしなことだが、周りがことごとく貧しいと、自分の貧しさを意識することがない。ゲーム機も携帯電話も無論存在せず、遊び道具といえば、せいぜいが榛っきれとゴムボールくらいのもので、それらを想像力豊かに用いながら、私たちは、路地から路地を跳びはねるようにして遊んだ。
 オート三輪自動車。汲み取り式便所。木の電信柱。駄菓子屋。紙芝居。飴細工。そろばん塾。石炭ストーブ。肝油。チャンバラ。白黒テレビ。
 家の前を小川が流れ、すぐ近くには広々とした野原があった。野原には大きな土管が転がり、そこを秘密基地にして、私たちは地球防衛軍を名乗ったりしていた。
 いま、おもいかえしてみても、貧しかったという記憶はまったくない。しょっちゅう、お腹を空かせ、しょっちゅう、切り傷や擦り傷をこしらえていたが、なにしろ元気だった。父親には「男は手に職をつけなければならない」と言われ、祖母には「もったいないことをしてはなりません」と言われ続けたが、「勉強しろ」とは金輪際言われたことがなかった。
 なにもないというのは、なにもかもがあるということよりもむしろ幸福な状態なのかもしれない。ゲーム機も携帯電話もカラーテレビも自家用車も無かったが、その頃の私たちには、世界を想像する力と、喜びを創造する力があった。

もっと読む

筆者プロフィール

林俊介

編集者を経て、各種雑誌・新聞にコラム、エッセイを連載。
元TOKIO STYLE編集長。「ホテルに泊まるといふこと」など著書多数。

星のや 軽井沢

客室数
77室
宿泊料金
2泊56,000円~(1室2名利用時の1名2泊料金/食事別、税込み)
※2泊からの予約が基本になります。詳細はHPをご参照ください。
チェックイン/アウト
15:00/12:00
駐車場
78台
施設
日本料理「嘉助」、「星のやスパ」、メディテイションバス、ライブラリーラウンジ、キッズルーム、フレンチレストラン「ブレストンコート ユカワタン」(ホテルブレストンコート内)、「森のいきもの案内人 ピッキオ」ほか
※24時間利用できるルームサービスあり
風呂
大浴場「星野温泉 トンボの湯」
交通
JR軽井沢駅より無料シャトルバスにて約15分。
上信越自動車道碓氷・軽井沢ICより20分。
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。(更新日:2014年6月20日)
月刊金澤

地元編集者のとっておき情報

NEW

2016年12月01日更新
はべん




ページの最上部へ