やっぱり、金沢はおいしい 第1回 おさえておきたい和の美味処5選/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

やっぱり、金沢はおいしい

霊峰白山と日本海に挟まれた金沢は、食材と風土にめぐまれ、食べる物がことのほかおいしい街です。
そんな金沢のおいしいを、ジャンル毎にご紹介します。

[第1回]
おさえておきたい和の美味処5選

撮影:岡村喜知郎、福島健一、池田紀幸

山海の幸に恵まれた金沢には、個性豊かな飲食店がたくさんあります。第1回目となる今回は、その中から、風味豊かな料理はもちろん、器や空間、ロケーションなども魅力的な和食店5軒をご紹介します。

御料理貴船[金沢市彦三]

御料理 貴船

日本料理ならではの贅が表れた献立に、心浮き立つ。

煮炊きする、ふくよかな香りが漂う店内。誠実な仕事が窺え、自ずと期待は高まる。運ばれて来る一品一品には、素材に器使いにと、季節が細やかに映し出されており、何とも優雅で心豊かな気分だ。
「日本ならではの良さを感じてもらえたら。たとえば節句も奥が深く、改めて調べると知らなかったことが山ほどある。そして日本っていい国だな、日本人で良かったなとつくづく思う。料理だけでなく、和の文化をもっと勉強し、心も満たされるようなひとときを提供したい」と店主の中川清一さん。
情熱と向上心、気配りに満ちたもてなしに魅せられ、『貴船』での食事を、月に1度の楽しみとして訪れる常連も少なくないため、早めの予約が望ましい。

SHOP DATA

石川県金沢市彦三1-9-69
TEL 076-220-6131
営/11:30~13:30(L.O.)、17:00~20:30(L.O.)
※日曜のみ7:00~9:00[要予約、昼・夜各4組限定]
休/水曜
席数/テーブル8席、座敷2室 ※完全個室
カード/可
P/要問い合せ

1人あたりの予算
昼3,000円~(税別)、夜6,000円~(税・サ別)、朝1,500円(税別)

アクセス/ひがし茶屋街から徒歩6分

町家懐石六花(ろっか)[金沢市六枚町]

町家懐石 六花

持ち味を素直に活かし、素材の記憶が残る品々を。

見た目の美しさもさることながら、一つひとつの素材の、雑味のない力強い風味が印象的な宮田和則さんの料理。たとえば、すり流し。葉や皮まで余すところなく巧みに活かした、同店の魅力を象徴する定番だ。よく食べ慣れた野菜にさえも初めて感じる旨みがあり、思わず頬が緩む。
信条は「食材ありき」。足すも引くも、すべての仕事は素材本来のおいしさを引き出すため。一品に用いる食材の数も抑え、個々の味わいを実感できる料理を供する。
新たな季節を迎えるたびに、宮田さんの料理は磨きがかかる。京都で研鑽した氏が未知の町、金沢で店を構えて5年。当地の食材をより深く知る程に、同じ料理も進化を遂げる。弛まぬ探究心に、何度でも足を運びたくなるのだ。

SHOP DATA

石川県金沢市六枚町2-7
TEL/076-221-6166
営/11:30~15:00、17:30~22:00
※昼営業は月・火・金・土・日曜のみ
休/水曜、月1回火曜(不定)
席数/20席
カード/可
P/5台

1人あたりの予算
昼4,000円~(税別)、夜8,500円~(税別) ※料理は全てコースで提供

アクセス/JR金沢駅から徒歩8分

日本料理杉の井[金沢市清川町]

日本料理 杉の井

金沢らしい味と雅やかな器、余韻も豊かな時忘れのひととき。

郷土の文豪、室生犀星も愛し、四季折々の美しさを詠んだ犀川のほとり、大きな杉の木を抱くようにして立つ。明治末期の邸宅を活かした数寄屋と書院を併せ持つ館は、先代が丹精した庭の風情も格別だ。
「食材そのものが一番おいしい時期に味わっていただくことを大事にしています。火を入れすぎず、味をつけすぎない〈金沢の料理〉で、季節を楽しんでいただきたい」と社長の越沢晃一郎さん。出汁の要となる鰹節は本場の鹿児島まで赴いて選り抜く。食材の扱い方や料理一つひとつの内容を料理人全員で細やかに吟味し、拵えられた品々を、器とともに楽しみたい。名物のくずきりはもちろん、食後の庭の散策もとっておきのデザートとなる。

SHOP DATA

石川県金沢市清川町3-11
TEL/076-243-2288
営/11:00~14:00、16:00~22:00(要予約)
休/不定休
席数/100席
カード/可
P/20台
http://kanazawa-suginoi.co.jp/

1人あたりの予算
昼3,500円~(税別)、夜11,000円~(税別)

アクセス/兼六園から車で8分

旬肴 旬菜 宵酒八十八(はとは)[金沢市木倉町]

旬肴 旬菜 宵酒 八十八

持ち前のセンスと遊び心が紡ぐ、人気の絶えない実力店。

賑やかな木倉町通りにあって、町家造りの落ち着いた佇まい。やや奥まってかかる暖簾も奥ゆかしい。
趣ある自筆の品書きにはオーソドックスな和食もあれば、ちょっとした意外性が楽しい一品、洋の要素を取り入れたワインにも合う一皿もあり、目移りしてしまう。基本は押さえつつ少し外したり、いい意味でこちらの想像を裏切ったり。その按配が絶妙で、器使いと共にワクワクさせてくれる。
「わが家に帰ったように寛げる温かい雰囲気にしたかった」という店内は、親しみやすさと程よい非日常感が共存。出過ぎず引き過ぎず、お仕着せでないスタッフの対応も手伝って、居心地がよい。「周りの方々のおかげで今がある。感謝するばかりです」。店主・米澤さんの誠実な姿勢もまた人々を惹きつける。
型におさまらないセンスに、気持ちよく酔えるのだ。

SHOP DATA

石川県金沢市木倉町6-6
TEL/076-260-8166
営/18:00~24:00(L.O.23:00) ※予約が望ましい
休/日曜(祝日の場合は営業)
席数/カウンター8席、個室1室(5名まで)
カード/可
P/なし

1人あたりの予算
夜5,000円~(税込)
※単品600円~(税込)、コース8,000円~(税込)

アクセス/長町武家屋敷跡から徒歩5分

御料理五十嵐[金沢市香林坊]

御料理 五十嵐

逸らず、流されず。〈純粋な和食〉を貫く気鋭店。

せせらぎ通り沿いで若者から年配者まで幅広く支持される和食店。
店主の五十嵐さんは、高校時代から板前に憧れ、和食一筋。「食材そのものを活かす繊細さが格好よく感じました。この道に進んでからも、その素晴らしさに惹かれるばかりです」と言い、和食本来の仕事を疎かにしない。昆布と鰹でしっかり出汁をとる、魚に塩をあてる、干して旨みを凝縮させる――。技巧に走らず、素材の持ち味を引き出すための仕事に徹し、手間暇を惜しまない。リーズナブルな価格と充実した日本酒の品揃えも魅力。旬の素材が少しずつ多彩に盛り込まれ、器遣いも行き届き、満足度が高い。「新しい何かをというより、初心を忘れず精一杯の気持ちを込め、妥協なくやっていきたい。手を抜くのも楽をするのも簡単」と気骨のある思いを持つ店主。さらなる熟成が楽しみである。

SHOP DATA

石川県金沢市香林坊2-11-17
TEL/076-213-5251
営/18:00~21:00(L.O.)
休/日曜、祝日
席数/カウンター6席、テーブル8席
カード/可
P/なし

1人あたりの予算
夜5,400円~(税込)

アクセス/尾山神社から徒歩7分

※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。(更新日:2016年9月1日)
月刊金澤

地元編集者のとっておき情報

NEW

2016年12月06日更新
ツリーファンタジー




ページの最上部へ