サイエンスヒルズこまつ ひととものづくり科学館(サイエンスヒルズコマツ ヒトトモノヅクリカガクカン) のスポット情報/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

新店情報

金沢を中心に加賀・能登・富山・福井のスポット情報です。
スポットの詳細をご確認ください。

  • 金沢日和
  • 金沢案内
  • サイエンスヒルズこまつ ひととものづくり科学館(サイエンスヒルズコマツ ヒトトモノヅクリカガクカン)
『サイエンスヒルズこまつ ひととものづくり科学館』
  • このページを
    スマホ・携帯で
    表示
  • http://www.kanazawabiyori.com/shop/shopnavi.cgi?no=10128
  • バーコード読取機能付きのスマホ・携帯なら、二次元バーコードから簡単アクセス


サイエンスヒルズこまつ ひととものづくり科学館(サイエンスヒルズコマツ ヒトトモノヅクリカガクカン)
小松駅前、「科学とひとづくり」の拠点。
JR小松駅東側に「科学とひとづくり」の拠点を図る『サイエンスヒルズこまつ』。「ものづくり精神の継承と科学技術意識の啓発」を主なコンセプトとして、科学技術立国を実践する人材の育成、レベルアップを目指し、科学をテーマにしたイベントや展示が行われている。
日本最大級のドーム型3Dシアターである「3Dスタジオ」をはじめ、科学の原理を体験しながら学ぶことができる「ワンダーランド」「ミラクルラボ」「フューチャーラボ」などがあり、とても充実した施設だ。また「わくわくホール」では、ものづくりと科学をテーマにしたイベントが行われるほか、ビジネスや学術などの情報発信・交流の拠点としても活用できる場となっている。
2階のレストラン『リストランテ・ジン』では、地元産の有機野菜にこだわった料理を堪能することができる。
3Dスタジオ上映「銀河鉄道の夜」
宮沢賢治の生誕120周年を記念したプラネタリウム番組『銀河鉄道の夜』がサイエンスヒルズこまつで上映されている。賢治が思い描いたであろう幻想世界を徹底考察し再現。ビジュアル化が困難と言われた作品の世界を映しだしている。まさに天空の汽車に乗車しているかのような体験。いざ、光り輝く銀河の旅へ。映像・脚本はKAGAYAスタジオ。

開催日◆2016年5月10日(火)~12月25日(日)
時間◆時期により異なる(詳細はホームページで確認を)
会場◆サイエンスヒルズこまつ 3Dスタジオ(石川県小松市こまつの杜2)
休館◆毎週月曜、機器メンテナンス日
料金◆観覧料 大人600円、高校生400円、中学生以下200円(3歳以上)
問い合わせ先◆ひととものづくり科学館 Tel.0761-22-8610



(c) KAGAYA Studio

住所
石川県小松市こまつの杜2
問い合わせ先
0761-22-8610
詳細データ
施設
■3Dスタジオ/日本最大級となるドーム型3Dシアター。規模はドーム直径16m、収容人数120名。
■ワンダーランド/暮らしに科学がどう結びついているのかを触れて実感できる体験スペース。
■ミラクルラボ・フューチャーラボ/様々なテーマの実験やものづくりを通して、科学の原理・原則を学ぶことができる。
公式サイト
『サイエンスヒルズこまつ ひととものづくり科学館』のサイトへ
※掲載されている情報は、'16年06月14日以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。


最近オープンした注目の新店

>> 新店情報をもっと見る


ページの最上部へ