金沢市立安江金箔工芸館(カナザワシリツヤスエキンパクコウゲイカン) の情報/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

新店情報

金沢を中心に加賀・能登・富山・福井のスポット情報です。
スポットの詳細をご確認ください。

  • 金沢日和
  • 金沢案内
  • 金沢市立安江金箔工芸館(カナザワシリツヤスエキンパクコウゲイカン)
『金沢市立安江金箔工芸館』
写真提供/金沢市
  • このページを
    スマホ・携帯で
    表示
  • http://www.kanazawabiyori.com/shop/shopnavi.cgi?no=10668
  • バーコード読取機能付きのスマホ・携帯なら、二次元バーコードから簡単アクセス


金沢市立安江金箔工芸館(カナザワシリツヤスエキンパクコウゲイカン)
金箔職人であった安江孝明氏が「金箔職人の誇りと証を後世に残したい」と、私財を投じて昭和49年に設立。その後、施設の老朽化にともない、平成22年に現在の場所へ移転した。金箔を製造する工程や必要な道具、金箔が使用された様々な美術工芸作品などが見学できる。
金箔の美術工芸
6世紀前半の築造とさえる滋賀県野洲市の甲山古墳からは日本最古の金糸が発見されている。また、奈良県明日香村のキトラ古墳には金箔を使った壁画も確認されている。これら宗教行事や建築物に金や金箔が使われていたことが、日本人の美意識に深く根付き、仏教美術の流れはそのまま日本美術の歴史につながったとも考えられる。本展では、金沢市立安江金箔工芸館が開館以来蒐集した約300点の所蔵品の中から、金・金箔を使用した作品約30点を紹介。仏具や掛軸のほか、能装束や器などの工芸品など厳選された美術品を間近に観覧することができる。

開催日◆2017年3月18日(土)~6月18日(日)
時間◆9:30~17:00(最終入館16:30まで)
会場◆金沢市立安江金箔工芸館(石川県金沢市東山1-3-10)
休館◆会期中無休
料金◆入館料 一般300円、65歳以上200円、高校生以下無料
問い合わせ先◆金沢市立安江金箔工芸館 Tel.076-251-8950


住所
石川県金沢市東山1-3-10
問い合わせ先
076-251-8950
詳細データ
営/9:30~17:00(入館は16:30まで)
休/年末年始、展示入れ替え期間
料金/一般300円、65歳以上200円、高校生以下無料、団体(20名以上)250円
公式サイト
『金沢市立安江金箔工芸館』のサイトへ
※掲載されている情報は、'17年05月15日以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。


最近オープンした注目の新店

>> 新店情報をもっと見る
ページの最上部へ