石川県立美術館(イシカワケンリツビジュツカン) のスポット情報/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

新店情報

金沢を中心に加賀・能登・富山・福井のスポット情報です。
スポットの詳細をご確認ください。

『石川県立美術館』
  • このページを
    スマホ・携帯で
    表示
  • http://www.kanazawabiyori.com/shop/shopnavi.cgi?no=1218
  • バーコード読取機能付きのスマホ・携帯なら、二次元バーコードから簡単アクセス


石川県立美術館(イシカワケンリツビジュツカン)
充実したコレクションを適宜展示替えし、常に新しい作品との出会いの場を提供。古美術から近代美術まで幅広く鑑賞できる。
昭和58年に開館した美術館。平成20年にはリニューアル工事を行い、エスカレーターやスロープの新設、エレベーターの増設により、体が不自由な人も移動しやすいバリアフリー化を図った。また館内には、パティシエ・辻口博啓氏のプロデュースによるパティスリー&カフェ『ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA』や、オリジナルグッズを扱うミュージアムショップもある。石川県を代表する総合美術館。
絵画にみる江戸のくらし -浮世絵版画を中心に-
町人の文化が独自の発展をみせ、様々な娯楽や慣習などが生まれた江戸時代。テレビもインターネットもなかったこの時代、人々はどのように日々過ごしていたのか、その暮らしぶりを現代に伝えるのが浮世絵である。本展では江戸時代の四季折々の様子や吉原遊里、歌舞伎などの娯楽、当時の旅行風景といった様々なライフスタイルを約200点の鮮やかな浮世絵や工芸品を紹介。また、今年度に新収蔵された「金沢士庶遊楽図屏風」が初公開される。

開催日◆2017年1月4日(水)~2月12日(日)
時間◆9:30~18:00(最終入場17:30まで)
会場◆石川県立美術館 第7・第8・第9展示室(石川県金沢市出羽町2-1)
休館◆会期中無休
料金◆観覧料 一般600円、大学生400円、高校生以下無料
※2階コレクション展示も観覧可能
問い合わせ先◆石川県立美術館 Tel.076-231-7580



歌川国芳《五節句の内 睦月》(部分)石川県立美術館蔵

東京国立近代美術館名品展 近代工芸案内
国による地方創生の取り組みの一環として、『東京国立近代美術館工芸館』の機能が石川県金沢市に移転することになった。移転先は『石川県立美術館』と『いしかわ赤レンガミュージアム』の間の敷地で、オープンは2020年の東京オリンピックを目指すとされる。新施設誕生に先駆けて、『石川県立美術館』では『東京国立近代美術館工芸館』の所蔵作品の中から選りすぐりの優品約50点が紹介される展示会が開催。文化勲章受章者や人間国宝の工芸作品を間近に楽しもう。

開催日◆2016年12月21日(水)~2017年2月12日(日)
時間◆9:30~18:00(最終入場17:30まで)
休館◆会期中無休
料金◆観覧料 一般360円、大学生290円、65歳以上290円、高校生以下無料
主催◆「東京国立近代美術館工芸館名品展」開催実行委員会、石川県、金沢市、東京国立近代美術館
問い合わせ先◆石川県立美術館 Tel.076-231-7580

【関連イベント】
■シンポジウム「工芸からKOGEIへ~東京国立近代美術館工芸館の役割~」
日時/2017年1月8日(日)13:30~
会場/石川県立美術館 ホール
パネラー/馬渕明子氏((独)国立美術館理事長)、嶋崎丞氏(石川県立美術館館長)、川本敦久氏(金沢卯辰山工芸工房館長)
コーディネーター/唐澤昌宏氏(東京国立近代美術館工芸課長)
※申込不要、先着200名、聴講無料

■学芸員によるギャラリートーク
日時/2016年12月25日(日)、2017年1月9日(月・祝)、1月29日(日)、2月12日(日)各日14:00~
※申込不要、要観覧料

■タッチ&トーク
「さわってみようコーナー」と「会場トーク」の2部構成で、さまざまな角度から展覧会の見どころを紹介。
日時/2017年1月21日(土)11:00~(約1時間)
会場/石川県立美術館 第5展示室ほか
※当日申込受付、先着10名



松田権六作 蒔絵槇柏文手箱 東京国立近代美術館工芸館所蔵

新春優品選
2017年2月12日(日)まで開催されている石川県立美術館での「新春優品選」。各展示室では、テーマをカテゴリやテーマにあわせた展示を観覧することができる。前田育徳会尊經閣文庫分館では伝雪舟の重要文化財「四季花鳥図屏風」を公開。前田家に伝わった本屏風から、雪舟の真の姿に迫る試みとなる。石川県立美術館では、古美術(第2展示室)、工芸(第6展示室)のほかに、第3展示室で「書の美/優品選」として書や近現代絵画の作品を紹介。多様な美術作品との出合いを楽しんでみたい。

開催日◆2016年12月21日(水)~2017年2月12日(日)
9:30~18:00(最終入場17:30まで)
会場◆石川県立美術館・前田育徳会尊經閣文庫分館(石川県金沢市出羽町2-1)
料金◆各展示観覧料 一般360円、大学生290円、65歳以上290円、高校生以下無料
問い合わせ先◆石川県立美術館 Tel.076-231-7580

【展示内容】
■前田育徳会尊經閣文庫分館「新春優品選」
■第2展示室「新春優品選」(古美術)
■第3展示室「書の美/優品選」(書・近現代絵画)
■第6展示室「新春優品選」(工芸)

Information

パティスリー&カフェ『ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA』
営/10:00~19:00(年中無休)

住所
石川県金沢市出羽町2-1
問い合わせ先
076-231-7580
詳細データ
営/9:30~18:00(入館は17:30まで)
休/年末年始、展示替え期間
入館料/コレクション展一般360円、大学生290円、高校生以下無料(企画展は展覧会ごとに別料金)
P/60台
公式サイト
『石川県立美術館』のサイトへ
※掲載されている情報は、'17年01月13日以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。


最近オープンした注目の新店

>> 新店情報をもっと見る


ページの最上部へ