入善町 下山(にざやま)芸術の森 発電所美術館 のスポット情報/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

新店情報

金沢を中心に加賀・能登・富山・福井のスポット情報です。
スポットの詳細をご確認ください。

『発電所美術館』
  • このページを
    スマホ・携帯で
    表示
  • http://www.kanazawabiyori.com/shop/shopnavi.cgi?no=3073
  • バーコード読取機能付きのスマホ・携帯なら、二次元バーコードから簡単アクセス


入善町 下山(にざやま)芸術の森
発電所美術館
大正15年に建設されたレンガ造りの旧水力発電所を再生し、誕生した全国でも希有な美術館。館内には発電所時代から残るタービンや導水管が剥き出しになった天井高約10mの巨大な展示室があり、従来の美術館にはない独特な空間が広がっている。企画展は、どの作品もこの空間のためだけに作家が創造するという、空間とモダンアートとが融合した唯一無二のものばかりである。
この世界に生きている 加藤泉×陳飛
ともに「人」をモチーフに、人と自然のあらゆる生きものが共生する世界観を表現する加藤泉氏と中国人アーティスト・陳飛氏(チェン・フェイ)。友人でもある二人の作品を紹介する展覧会が、富山県の入善町下山芸術の森『発電所美術館』で開催されている。独自のプリミティブな形象で、油彩画と、木やソフトビニールを素材とした彫刻を制作する加藤氏。生命の根源的なパワーを感じさせる作品は、迫力やユーモア、愛らしさなど様々な表情を見せる。一方の陳氏は、物語を感じさせる情景や意味ありげなシーンを描く作風。一人っ子政策後の近代化が進む中国の中で生まれ育った世代の葛藤を、ユーモアを交えつつ鋭く描写している。本展では、両氏の新作を含むそれぞれ約10点を展示。互いに刺激し合う二人の豊かな表現力は、見る者を引き込むだろう。

開催日◆2016年9月18日(日)~12月18日(日)
時間◆9:00~17:00(最終入館16:30まで)
会場◆入善町下山芸術の森 発電所美術館(富山県下新川郡入善町下山364-1)
休館◆毎週月曜(10月10日は開館)、祝日の翌日(10月11日、11月4日、24日)
料金◆観覧料 一般600円、高校・大学生300円、中学生以下無料
問い合わせ先◆入善町下山芸術の森 発電所美術館 Tel.0765-78-0621


Information

入館料/企画展:一般600円、高校・大学生300円、中学生以下無料/収蔵品展:一般200円、大学・高校生100円、中学生以下無料

住所
富山県下新川郡入善町下山364-1
問い合わせ先
0765-78-0621
詳細データ
営/9:00~17:00(入館は16:30まで) 
休/月曜(祝日は開館)、祝日の翌日、展示替え期間中、冬期(12月中旬~2月末)
P/30台
公式サイト
『入善町 下山(にざやま)芸術の森 発電所美術館』のサイトへ
※掲載されている情報は、'16年10月01日以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。


最近オープンした注目の新店

>> 新店情報をもっと見る


ページの最上部へ