金沢能楽美術館(カナザワノウガクビジュツカン) のスポット情報/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

新店情報

金沢を中心に加賀・能登・富山・福井のスポット情報です。
スポットの詳細をご確認ください。

『金沢能楽美術館』
  • このページを
    スマホ・携帯で
    表示
  • http://www.kanazawabiyori.com/shop/shopnavi.cgi?no=5055
  • バーコード読取機能付きのスマホ・携帯なら、二次元バーコードから簡単アクセス


金沢能楽美術館(カナザワノウガクビジュツカン)
能面や能装束の展示のほか、映像や模型で能楽を分かりやすく解説。
金沢市の無形文化財「加賀宝生」に伝わる貴重な能面や能装束を展示する金沢能楽美術館が、2012年秋リニューアル。「世代を超えて、親しみやすい美術館」を目指し、新たに能面・能装束の着装体験ができるコーナーが登場したほか、能面制作工程の展示や能・狂言絵本コーナーも増設。映像や写真、模型などを通じ、能楽の魅力を存分に満喫できる。
新・古能面展VII 後期「石川県の神社に伝わる古面と能装束」
設立70周年を迎えた石川県神社庁の協力のもと、石川県内各社秘蔵の古面を紹介する展示が、2017年2月26日(日)まで金沢能楽美術館で開催されている。能の原点でもあるのが神社での行事。神々により祝福の祈祷や災厄を祓う呪法の様子などが芸能化し、仮面劇として洗練されてきた歴史に思いをはせながら、各社に伝わる古面を観覧してみたい。

開催日◆2017年1月20日(金)~2月26日(日)
時間◆10:00~18:00(最終入館17:30まで)
会場◆金沢能楽美術館(石川県金沢市広坂1-2-25)
休館◆毎週月曜(祝日の場合は翌平日)
料金◆観覧料 一般300円、65歳以上200円、高校生以下無料
問い合わせ先◆金沢能楽美術館 Tel.076-220-2790

【関連イベント】
■『古事記』日本ツールをたどる紙芝居
日時/2月12日(日)13:30~14:30
講師/厚見恵氏(石川県神社庁振興部会部長)
※受講無料、要観覧料、要申込

■特別講座「加賀・能登の能面とその文化圏」
日時/2月12日(日)14:45~16:15
講師/宮本圭造氏(法政大学能楽研究所教授)
※受講無料、要観覧料、要申込

■特別講座「神と人の間」
日時/2月19日(日)15:30~16:30
講師/野根茂治氏(菅生石部神社 宮司)
※受講無料、要観覧料、要申込


Information

入館料/個人300円、団体(20名以上)1人250円、65歳以上200円、高校生以下無料。
■金沢21美(コレクション展)との共通券一般510円、大学生・65歳以上460円。

住所
石川県金沢市広坂1-2-25
問い合わせ先
076-220-2790
詳細データ
営/10:00~18:00(入館は17:30)
休/月曜(祝日の場合はその翌日)
アクセス
広坂・21世紀美術館バス停から徒歩3分
公式サイト
『金沢能楽美術館』のサイトへ
※掲載されている情報は、'17年01月20日以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。


最近オープンした注目の新店

>> 新店情報をもっと見る


ページの最上部へ