金沢くらしの博物館(カナザワクラシノハクブツカン) の情報/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

新店情報

金沢を中心に加賀・能登・富山・福井のスポット情報です。
スポットの詳細をご確認ください。

『金沢くらしの博物館』
写真提供:石川県観光連盟
  • このページを
    スマホ・携帯で
    表示
  • http://www.kanazawabiyori.com/shop/shopnavi.cgi?no=9465
  • バーコード読取機能付きのスマホ・携帯なら、二次元バーコードから簡単アクセス


金沢くらしの博物館(カナザワクラシノハクブツカン)
明治32年、石川県第二中学校(通称・金沢二中)として創建された三つの尖塔がシンボル。町家のベンガラ塗りの赤い壁の座敷を再現し、昭和の茶の間や家電製品などの生活様品を展示したり、金沢の風物詩・料理や伝統工芸・産業の製作用具などを紹介している。
企画展「金沢和傘と着物」
伝統工芸「金沢和傘」と着物をテーマにした企画展が、2017年7月30日(日)まで金沢くらしの博物館で開催されている。金沢和傘は雪や雨の多い金沢の気候に耐えるよう傘骨が太く急な反りがある機能面と、内側に色鮮やかな「千鳥掛け」と呼ばれる編み込みを持つ芸術的要素が特徴。その金沢和傘が日常的に使われていたのは着物が普段着だった時代で、本展では、金沢和傘とともに、和傘に似合う着物が展示される。また、金沢和傘の製作工程なども紹介。和傘と着物という伝統的な日本文化の美への理解を、この機会に深めてみよう。

開催日◆2017年4月15日(土)~7月30日(日)
時間◆9:30~17:00(最終入館16:30まで)
会場◆金沢くらしの博物館(石川県金沢市飛梅町3-31 紫錦台中学校敷地内)
休館◆会期中無休
料金◆入館料 一般300円、65歳以上200円(祝日無料)、高校生以下無料
問い合わせ先◆金沢くらしの博物館 Tel.076-222-5740


住所
石川県金沢市飛梅町3-31
問い合わせ先
076-222-5740
詳細データ
営/9:30~17:00(受付16:30まで)
休/年末年始(12/29~1/3)、展示替え期間
入館料/一般300円、65歳以上200円(祝日無料)、高校生以下無料
公式サイト
『金沢くらしの博物館』のサイトへ
※掲載されている情報は、'17年05月16日以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。
ページの最上部へ