徳田秋聲記念館(トクダシュウセイキネンカン) の情報/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

新店情報

金沢を中心に加賀・能登・富山・福井のスポット情報です。
スポットの詳細をご確認ください。

『徳田秋聲記念館』
  • このページを
    スマホ・携帯で
    表示
  • http://www.kanazawabiyori.com/shop/shopnavi.cgi?no=9733
  • バーコード読取機能付きのスマホ・携帯なら、二次元バーコードから簡単アクセス


徳田秋聲記念館(トクダシュウセイキネンカン)
自然主義文学の大家として、明治・大正・昭和と三代にわたり第一線で活躍。「金沢の三文豪」のひとりである徳田秋聲を紹介する記念館。浅野川の梅ノ橋のたもとにあり、黒瓦屋根の採用、格子を取り入れた外観、土塀など、金沢の街並みに似合うように作られている。館内には、展示室をはじめ、再現書斎や和紙人形シアター、休憩コーナーなどがある。
[このイベント終了しました]
父への手紙-徳田一穂展
徳田秋聲の長男として生まれ育った徳田一穂。7人の子の長子であった一穂にかける秋聲への特別な思いは、秋聲の作品『黴(カビ)』の中にも描かれ、一穂の成長にあわせて、以降の作品にもたびたび登場している。父と同じ作家の道を歩み、その偉大な父の名を背負いながら、一人の芸術家としての葛藤を過ごした一穂。一方で秋聲没後は、作品や遺品、家屋の保存に奔走し多くの資料を残した。本展では、最愛の子として、作家という同志として、時には友のように秋聲のそばにあり続けた、徳田一穂の生涯と業績を紹介する。

開催日◆2017年3月18日(土)~7月2日(日)
時間◆9:30~17:00(最終入館16:30まで)
会場◆徳田秋聲記念館(石川県金沢市東山1-19-1)
休館◆期間中無休
料金◆観覧料 一般300円、65歳以上200円、高校生以下無料
問い合わせ先◆徳田秋聲記念館 Tel.076-251-4300

【関連イベント】
■学芸員による展示解説
日時/5月6日(土)、6月3日(土)、7月2日(日)各日11:00~と14:00~(各回40分程度)
※申込不要、要観覧料

■朗読会「父への手紙、子への手紙」
日時/5月5日(金・祝)19:00~20:00)
出演/西本浩明氏(演芸列車「東西本線」代表)
定員/20名程度 ※要申込
申込/電話にて受付 ※要入館料
※当日は20:00まで延長開館(入館は19:30まで)

■講演『「一穂いるか-」-父子相伝-』
日時/5月13日(土)14:00~16:00
出演/榎本隆司氏(早稲田大学名誉教授)
定員40名 ※要申込
申込/電話にて受付 ※要入館料


Information

観覧料/一般300円、65歳以上200円、高校生以下無料、団体(20名以上)250円

住所
石川県金沢市東山1-19-1
問い合わせ先
076-251-4300
詳細データ
営/9:30~17:00(受付は16:30まで)
休/展示替え期間、年末年始(12月29日~1月3日)
※掲載されている情報は、'17年04月14日以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。
ページの最上部へ