金沢日和 | 「ひゃくまん穀」で味わう人気店のまかないランチ

石川県内の人気店に『ひゃくまん穀』を使って特別にメニューを考案していただきました。さらに、その特別メニューのレシピも大公開。

[金沢市]肉匠Jade金澤

能登牛ちらし寿司

能登牛ちらし寿司

能登牛の上質な旨味を一皿で存分に楽しめる。

能登牛や能登豚、県内産の旬の味覚が楽しめるJA全農いしかわ直営店。「能登牛ちらし寿司」は、寿司飯の上に滋味豊かな能登牛のローストビーフを惜しげもなくたっぷり乗せた贅沢な一品。

このメニューを作る(調理時間/60分)

[材料](2人前)
  • すし飯 240g
  • 能登牛ブロック肉 60g
  • 錦糸卵 適量
  • 桜でんぷん 適量
  • 塩 適量
  • コショウ 適量
  • サラダ油 適量
[つくりかた]
ローストビーフ

能登牛ブロック肉(他の牛肉でもOK)に塩コショウをすり込む。 ※通常は150~200gで作る。

フライパンにサラダ油を入れて熱し、牛肉を入れて強火で全体的に焼き色を付ける。

牛肉に焼き色が付いたら、温めたオーブンに入れ、200℃で20分程度焼く。時間は肉の大きさにより異なるので注意。

オーブンから取り出し、アルミホイルに包み30分ほど放置する。

アルミホイルを外して、お好みの厚さにカットする。

錦糸卵

卵をボウルに割り入れて、卵白が切れるようによく混ぜる。フライパンを熱し、ごく少量のサラダ油をひく。油をひいたら火を止めて、粗熱を取る。

火を止めたまま、フライパンに卵を注ぐ。極弱火で2分ほど放置。卵の端をヘラに差し入れて、焼けたら裏返す。裏を1~2分焼く。焼き上がったら、お好みの幅に切る。

すし飯の上に、錦糸卵と桜でんぷん、最後にローストビーフを盛り付けて完成。
※お店で提供される「能登牛ちらし寿司」のすし飯は、能登牛そぼろや加賀れんこんなどを混ぜたスペシャル仕様です。

このメニューをお店で食べる

能登牛ちらし寿司 1,620円 ※スープ・ドリンク付き
提供時間/平日11:00~14:00(L.O.13:30) 提供数/限定10食
肉匠Jade金澤
肉匠Jade金澤
SHOP DATA

石川県金沢市此花町3-3 ライブ1ビルB棟2F
TEL/076-256-1129
営/11:00~14:00(L.O.13:30)※平日のみ、17:00~22:30(L.O.21:30)
休/不定休
席数/64席
P/なし

能登牛ちらし寿司

『ひゃくまん穀』がもらえるInstagramキャンペーン!

[#ひゃくまん穀まかない]

お店で食べた“まかないランチ”、レシピを参考に作った“まかないランチ”を写真に撮って、ハッシュタグ「#ひゃくまん穀まかない」をつけてインスタグラムに投稿していただいた方に、抽選で毎月5名様に『ひゃくまん穀』5kgをプレゼント!

応募期間:2019年1月19日(土)まで
スペシャルレシピ一覧
米新品種「ひゃくまん穀」普及推進委員会【事務局】JA全農石川米穀園芸部米穀課/石川県農林水産部生産流通課
月刊 金澤

プレゼント

プレゼント

ランキング

おすすめ情報

とっておき金澤
北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
Clubism会社見学Clubism会社見学
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和