金沢日和 | 【お出かけ特集】南加賀で訪れたい大人の小旅行13店

豊かに湧き出る温泉を有し、数多くの伝統工芸が息づく南加賀。素朴と洗練、歴史と最先端が
共存する、個性豊かな美食やサービスを提供する名店へ出かけてみませんか。

[能美市]

八松苑 別庵 元正庵(はっしょうえん べつあん げんせいあん)

旬の食材を巧みに料理し、
最高級のおもてなしを体現。

八松苑 別庵 元正庵

夏の旬の食材を氷に載せることで(写真右)、目や身体でも涼しさを感じることができ、舌だけでなく五感で料理を楽しむことができる。

古くから、豊かな食材に恵まれてきた能美市。ここで、旬の食材にこだわり、ゆっくりと存分に味わってほしいという信念のもと、長きにわたって客人をもてなしてきたのが、八松苑の別庵『元正庵』である。元は、50年以上前に『寿司ゲン』としてスタートしたとあって、今でもランチや夜のコースの〆には寿司が用意されており、常連や訪れた客人を喜ばせている。寿司職人歴40年の熟練の板前が握る寿司を存分に味わってほしいと、前日までに予約を入れて来店してもらうことで、最高の形で客人に寿司懐石を堪能してもらっている。板前と客人とのカウンターごしの対話を大切にするのは、「思い出に残る時間を過ごしていただきたい。そのために出来る努力は何一つ惜しまない。」という客人を想う気持ちから。誰と訪れても心に残る至福のひと時が過ごせるだろう。

八松苑 別庵 元正庵

上/ランチの寿司膳 竹3,000円。その他、松梅があり、全てコーヒー付き。下左/旬彩二段弁当 2,160円。下右/テーブル席と堀ごたつの個室があり、あらゆる人に配慮している。

DATA

石川県能美市下ノ江町申8
TEL.0120-01-0248
営/昼 11:00~14:00
夜 17:30~22:00
(L.O.昼13:00、夜19:30)
※夜の部は、前日までに要予約
休/水曜
※一部喫煙可
P/80台

INFORMATION

●ランチ、弁当、懐石、その他全ての食事は、旬の食材を使うため、季節で内容が変わる。●夜の部 寿司懐石6,000円~。貸切プラン10,000円~。その他予約にて、予算や食べたいものに応じて料理を提供することも可能。●寿司や弁当の取り寄せも随時受付け中。

[小松市]

四季彩粋庵(すいあん)

この夏、全室個室にリニューアル。
上質な食空間で至福の料理と酒を。

粋庵

夏のコース内の焼物料理の一例。「すずきの味噌幽庵焼」(仕入れ状況で変更の場合あり)。夏野菜と焦がしバターソースを合わせて。

小松市の中心地からやや離れた場所に佇む『粋庵』。大通りに面しながらも、隠れ家的な雰囲気を醸し出している。その趣深さに惹かれ、地元はもちろんながら、金沢や加賀からも足を運ぶ人たちが多い日本料理店である。開業14年目を迎えた今夏、店内を刷新。全室個室へと生まれ変わり、様々な目的に対応できる食空間となった。興味深いのが、カウンター個室。料理人の手業を間近で感じながら、できたての料理を味わうことができるのが嬉しい。提供する料理はコースのみだが、季節やその日の最上の食材が、一品一品ゆっくりと堪能でき、「次はどんな料理が出るのだろうという期待感と感動がある」と、ファンからも好評を得ている。「接待や記念日などに加え、普段遣いでも利用してほしい」との店主の思いもあり、良心的価格が嬉しい。多彩な品揃えのお酒も、より楽しいひと時を演出する。

粋庵

上/カウンター個室は調理する料理人を目の前にプライベートな時間が過ごせる特等席。下左/夏の会席の〆は同店の名物「小松うどん」。下右/常時4種類用意されるこだわりの生ビールはクリーミィーな泡が特徴。

DATA

石川県小松市沖町ナ23
TEL.0761-24-5960
営/18:00~23:00(L.O.22:30)
休/日曜(月曜が祝日の場合は営業、月曜休)
P/20台

INFORMATION

●コース料理 4,200円(8品)、5,500円(8品)、6,000円(9品)※料金は税別。生ビールや多彩な日本酒の他に、女性に大変好評な梅酒や果実酒、ワインなどの取り扱いも多数。様々なシーンや料理に合わせてみるのも楽しい。

[小松市]

加賀旬彩梅八(うめや)

平日のお昼にゆっくり個室で、
本格会席料理を気軽に楽しみたい。

梅八

平日限定のサービスランチ「昼会席」3,500円。八寸、造り、焼き物、炊き合わせ、食事にデザート、コーヒーがつく満足感が高い内容。利用は11:30~14:30。

苔むす庭を愛でながら、四季折々の料理を味わえる『梅八』。平日の昼限定の会席料理は、土地の素材をふんだんに使った充実の内容ながらも手頃な価格が魅力的。小松市特産のトマトは加賀太きゅうりや赤ワインと組み合わせて創意溢れる一皿に。安宅や橋立の漁港で水揚げされた鮮度抜群の魚介は造りや焼き物で堪能できる。全て個室なので、友人同士の集まりやビジネスの会食にも使いやすい。

梅八

右/涼やかな苔の庭が暑さをひと時、忘れさせてくれる。 左/落ち着いた雰囲気で食事できるテーブル席の和室。

DATA

石川県小松市八幡ロ5-41
TEL.0761-47-8885
営/11:30~22:00 ※完全予約制
休/月曜
席/個室6室(2~80名)※全席禁煙
P/30台
※10名から送迎バスあり

INFORMATION

●サービスランチ(平日のみ、税 サ料込)昼会席3,500円、松花堂3,500円 ●会席料理4,500円~、祝い膳7,500円~、レディース会席4,800円~(女性限定コース)、ご法事膳6,500円~(税込、サ料別途10%) ※2019年10月から料金変更の可能性があります。

[加賀市]

癒しのリゾート 加賀の幸ホテルアローレ

ランチ、温泉、レジャー施設を
セットした「1dayパスポート」。

ホテルアローレ

上/ホテルから見える白山の遠景と敷地内の人口湖がよくマッチしている。 下/『ベラヴィスタ』のランチバイキング。

遠くに白山連峰、眼下に柴山潟が見える高台に『ホテルアローレ』はある。風光明媚な景観や1万坪にもおよぶ広大な庭、温泉施設、プールなどでリゾート感満載のホテルだ。 この夏から、これらの施設が自由に使え、ランチをセットした「1dayパスポート」を発行。ランチバイキングと天然温泉利用をセットしたブルーパスポートだと2,300円と手頃だ。もっと楽しめるグリーンも同時発行している。

ホテルアローレ

右/自慢の室内温水プールはリゾート感満載。左/「1dayパスポート」ブルーとグリーン。パスポート利用で、和食に切り替えることもできる。

DATA

石川県加賀市柴山町と5-1
TEL.0761-75-8000
営/24時間
休/なし
P/285台 ※喫煙一部可
http://www.arrowle.co.jp

INFORMATION

●「1dayパスポート」ブルーはランチバイキングと天然温泉大浴場がセット利用で大人2,300円。グリーンはブルーに加えて全施設利用OKで大人2,800円。レジャー施設(宿泊者は無料利用)にはプール&サウナ、テニス、パークゴルフ、卓球、レンタサイクルが含まれる。

[小松市]

加賀小松 餅 御菓子河田ふたば(こうだふたば)

「ひやっとしてぷるんっ」が新鮮。
食感がクセになる5色の葛アイス。

河田ふたば

「葛ごおりアイスバー」全5種。写真上から、グレープフルーツ、ぶどう、白ブドウ、あずき、みかん。

豆大福や産地大福を目当てに県内外から訪れる人が絶えない小松の名店。昨年発表した「葛ごおりアイスバー」が今年も早くも話題に。平成百名水に選ばれた地元の名水「桜生水」を毎朝汲みあげて使用し、自家製のあんことフルーツ味で仕上げたアイスは年齢性別を問わず人気。葛で作ってあるので氷が溶けてもぷるぷるした食感のまま水滴が落ちてこず食べやすい。手みやげにも最適。

河田ふたば

右/「アイスバーの袋が可愛い」と女性に好評で、全国誌でも紹介されている。 左/餡子を炊く甘い匂いと、お餅を搗くリズミカルな音が外にも聞こえて、期待が高まる。

DATA

石川県小松市河田町リ92
TEL.0761-47-2065
営/8:00~19:00
休/水曜、第2・4火曜
P/あり
※最新情報はFacebook、インスタグラムにて要確認。

INFORMATION

●葛ごおりアイスバー1本194円、豆大福1個183円、季節の産地大福「小松産とまと大福」1個270円、多井ぶどう園の「シャインマスカット大福」1個345円、「藤稔大福」1個378円、加賀フルーツランドの「ブルーベリー大福」1個345円、他。 ●地方発送可。

[加賀市]

和菓子加賀陣屋(かがじんや)

こだわりの素材を全国から調達、
オリジナル和菓子とお茶で寛ぐ。

加賀陣屋

上/併設の和スイーツカフェ『凛』。下/和菓子の種類の豊富さに驚く。

多彩な和菓子の品揃えで知られる店。大きな古民家調の造りの店で、カフェを併設し、多くの来店者が寛ぐ。能登大納言、能登栗、宝達葛など地元産を始め、北海道産小豆から沖縄黒糖まで良質な素材を全国に求め、本来の味わいを活かしたオリジナルな和菓子で評判を呼ぶ。木の温もりや自然の香りを大切にした店内は広く清潔で、四季折々、色とりどりのお菓子が華やかに並べられている。

加賀陣屋

右/石川県特産の加賀しずくのかき氷は、地産にこだわるこの店ならではのメニューで、味わい深い。左/大聖寺から山中温泉に行く途中、右手に見える大きな古民家風の建物が『加賀陣屋』だ。

DATA

石川県加賀市河南町ヌ57
TEL.0761-77-2001
営/9:00~18:00
休/火曜(1日、祝日は除く)※喫煙一部可

INFORMATION

●併設の『凛』は和スイーツのカフェ。加賀しずくのかき氷864円のほか、加賀棒茶プリン570円、冷やしぜんざい600円、白玉あんみつ700円、抹茶シェイク378円、コーヒーシェイク378円など夏のメニューも充実。

[小松市]

のむら農産直売店きのこの里(きのこのさと)

農家直売の先駆者がこだわり選ぶ
食品は自慢の米に合う品ばかり。

きのこの里

上/肥料、農薬を使わず土作りを行う「炭素循環農法」で作った「たんじゅん米」。味と旨味が凝縮されている。 下/左の「しいたけパウダー」は契約農家の能登原木しいたけから自社でパウダーにしたもの。山中温泉の久津見さん作「なんば味噌」は辛口もあり、いずれも人気。

現在20代目「覚右衛門」を襲名し、400年の歴史を持つ小松の米農家が営む直営店。先祖代々伝わる肥沃な土地を守り、何よりも土づくりにこだわった自慢の米を量り売りしている。また、自社の米を使用したかきもちやお餅、饅頭など和菓子も提供。さらに「おいしいごはんのお供」や調味料など、身体が喜ぶ食がズラリ。地元農家の新鮮野菜もあり、身体の中からおいしく健康になれる店だ。

きのこの里

DATA

石川県小松市中海町10-82
TEL.0761-47-4140
営/8:30~17:30
休/なし(年始除く)
ネットショッピング可
https://www.nomura-nousan.co.jp

INFORMATION

●商品例/「たんじゅん米」1kg 540円、しいたけパウダー1袋 1,080円、うま香つゆ(小)600円、うま香白だし700円、カヨばあちゃんのなんば味噌(普通 辛口)各310円、石川特産野菜かきもち(小松とまと、剣先なんば、味平かぼちゃ、中島菜など8種類)1袋378円

[小松市]

鮓処(じん)

素材の旬をしっかりと逃さず
懐深い味わいを静かに伝える店。

人

丁寧な仕事ぶりが伝わってくる熟練の寿司は美しい。不定休だが、日曜は営業をしている。

JR小松駅前の飴屋通りにある寿司店。東京、金沢で修業を積んだ主人が握る寿司は、どれも雑味がなく素材の旬をしっかりと伝えるものばかり。余分なものを加えず、手間暇かけた下ごしらえを感じさせる江戸前の寿司。懐の深い話題の店だ。

DATA

石川県小松市飴屋町20
TEL.0761-46-6515
営/17:00~24:00、金土 ~翌1:00
休/不定休(日曜は営業)※喫煙一部可

[小松市]

大杉屋ふとん店(おおすぎや)

人々の暮らしに寄り添い、
良質な眠りを支える老舗寝具店。

大杉屋ふとん店

枕やマットレスがオーダー可能。「眠りが浅い」「肩がこる」など睡眠時の悩みを持つ人は一度相談を。

小松市本折町に店を構え、創業119年を数える寝具専門店。常に時代のニーズに合わせたサービスを提供しており、今年はタブレット端末で測定したデータを基にしたオーダー寝具の専用コーナー「FIT LABO」を新設。現代人の睡眠課題と向き合い続けている。

DATA

石川県小松市本折町72
TEL.0800-200-9210
shopmaster@oosugiya.jp
営/9:30~18:30
休/水曜
P/商店街共用Pあり(北陸銀行Pと共用)

[加賀市]

片山津温泉 総湯(かたやまづおんせん そうゆ)

白山連峰と柴山潟を見渡せる
絶景スポットで温泉とカフェを楽しむ。

片山津温泉 総湯

設計はニューヨーク近代美術館を設計したことで有名な谷口吉生氏が担当。全面ガラス張りの外観や浴場、カフェと、いたるところに意匠が凝らされている。

柴山潟湖畔に立地する『片山津温泉総湯』。 全面ガラス張りの建物となっており、柴山潟の眺望を楽しむことができる。浴場からも白山連峰や柴山潟を眺めることができ、観光客や市民を楽しませている。また2階には加賀の特産物をふんだんに使用した、色鮮やかな加賀パフェを味わうことができるカフェもある。雄大な自然を感じながら心身共に癒されてみてはいかがだろうか。

片山津温泉 総湯

右/浴場は、柴山潟に臨む「潟の湯」と心安らぐ森林に臨む「森の湯」の2つが男女日替わりで楽しめる。

DATA

石川県加賀市片山津温泉乙65-2
TEL.0761-74-0550
営//6:00~22:00(館内カフェは10:00~17:00)
休/なし(臨時休業あり)
P/50台

INFORMATION

●入館料/大人(12歳以上)440円、中人(6歳以上~12歳未満)130円、小人(3歳以上~6歳)50円、乳幼児(3歳未満)無料。その他、定期利用権、期間利用権、回数権などあり。 ●シャンプーやタオルなどの売店あり。 ●8月いっぱいは花火を見ることもできる。

[小松市]

家具工房&ギャラリー、カフェ生活アート工房 舟見ヶ丘カフェ(せいかつアートこうぼう ふなみがおかカフェ)

無垢材の家具や食器で癒しの時間。
家具工房が提案する心地よい空間。

生活アート工房 舟見ヶ丘カフェ

上/スピーカーやブラインドまで木目の美しさにこだわった。 下/ダイニングやベッドなど多彩な家具の品揃え。オーダーにも対応可能だ。

小松市で手作りの家具を提案する『生活アート工房』。その本店が提案する、カフェ併設のショップ。真空管アンプから流れる心地よいBGM。店内にはグッドデザイン賞にも認定された「スリットベッド」をはじめ、無垢材を使った家具や小物が並ぶ。カフェのメニューも無垢材の器やカトラリーで提供される。シンプルながら豊かなライフスタイルを体感できる空間として、人気を博している。

生活アート工房 舟見ヶ丘カフェ

右/手作りのチーズケーキや、薫り高いコーヒーなどを味わえる。左/無垢材の器など生活道具も提案。

DATA

石川県小松市河田町乙-25
舟見ヶ丘保幼園そば
TEL.0761-47-8488
営/10:00~19:00(L.O.18:00)
休/火曜、水曜
P/あり

INFORMATION

●カフェメニュー/コーヒー、ケーキ、ホットサンド、スムージーなど ●店内のイス、テーブル、食器などはすべて『生活アート工房』の商品。購入やオーダーなども相談できる。ネット通販サイト「無垢材の贈り物」も好評。

[小松市]

ハーバリウムSalon M&Mサロン エムアンドエム

話題のハーバリウム作りを
プライベートな空間で楽しむ。

Salon M&M

作成後は手入れ不要で、インテリアやプレゼントに最適。

日本ハーバリウム協会認定校の中でも、認定校の育成数や、課題のクリアなどの実績が評価された、県内唯一のフォローアップ校である『Salon M&M』。完全予約制のプライベートサロンなので、自分のペースで体験できるのも嬉しい。既存のボトルタイプの他、ディスペンサーやアメニティボックスなど、様々なタイプを作成できるのは、講師の瀬口さんの確かな技術と知識があってこそ。

Salon M&M

右/写真の他にも多数の素材があり、様々な種類から選んで、自分だけのハーバリウムを作ることが可能。左/色味を抑えたハーバリウムも。水引を付けることで仏花としても使用できる。

DATA

石川県小松市木場台86-1
TEL.090-7087-4955
営/11:00~19:00
休/不定休※完全予約制
2日前までに要予約
P/5台

INFORMATION

●出張営業あり(応相談)。●資格を取得することも可能。 ●ハーバリウムの各種販売も行っている。ボトル1,800円~3,400円。ボールペン1,500円。ディスペンサー3,800円 または4,500円。アメニティボックス2,500円~4,500円、他。

[小松市]

セレクトショップgossip(ゴシップ)

ファッショナブルに進化した、
最新ゴルフウエアが一堂に会する。

gossip

上/プロゴルファーも愛用「マーク&ロナ」。 下/「1PIU1UGUALE3」のゴルフライン。

トレンドの一つとしてファッショナブルに進化を続けるスポーツウエア業界。今、ゴルフウエアも大きな変貌を遂げている。数あるブランドの中でも、木村拓哉をアンバサダーに迎え注目を集める「マーク&ロナ」は必見。高機能の最新素材を使用することで、スタイリッシュなデザインと着心地の良さを実現する。2019年7月下旬より、秋冬アイテムを早くも入荷予定とのことなので、一度訪れてみては。

gossip

右/「muta MARINE GOLF」。

DATA

石川県小松市沖町ロ28-1
TEL.0761-23-5999
営/11:00~20:00
休/木曜
P/あり
https://www.gossip-net.com/

INFORMATION

●取り扱いブランド/MARK&LONA、muta MARINE GOLF、RUSSELUNO、DANCE WITH DRAGON、1PIU1UGUALE3 GOLF、V12、DECEMBERMAY、Eyevol、TATRAS、Y-3、Off-White、BALENCIAGA、Dsquared2、AKM、など

※掲載されている情報は、'19年6月以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。
Clubismオンライン クーポン

プレゼント

http://www.kanazawabiyori.com/contents/wp-content/uploads/2019/08/pgsub_prettl190901.png

ランキング

おすすめ情報

Clubism online
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和