観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 金沢・加賀・能登でおすすめのお土産30選 和菓子・洋菓子・食品 和菓子

おいしい”を大切な人に。贈っても、もらっても嬉しい手土産30選。
石川県を代表する銘菓や珍味を集めました。いずれも、市民に愛される、粒ぞろいの品々です。

ケーキハウスマルフジ

いもほり長者

1個220円/常温で2週間

30年以上愛される五郎島金時の絶品菓子。

マルフジ

掘った芋を洗うと砂金が表れたという芋掘藤五郎伝説が商品名の由来。金箔で砂金を、スイートポテトで沢を表現する。

マルフジ

上左/新商品のマドレーヌ「安宅海岸物語」。上右/「いもほり長者」箱入り5個1,320円、10個2,470円、15個3,640円、20個4,750円。下左/「いもほり長者Jr」860円。パイとスイートポテトセット。下右/『勧進帳』で知られる安宅の関をイメージした新シリーズ「歌舞伎のまち」。

1955年に創業し、「小松のケーキの始まりどころ」として、地元民にこよなく愛される『マルフジ』。なかでも「いもほり長者」は、まず間違いがない定番中の定番として、小松でおなじみのお菓子だ。五郎島金時といえば、そのホクホクとした食感と濃厚な甘みが特徴だが、それに加えて洋菓子としての魅力をプラスしたのが「いもほり長者」が30年来の傑作として知られる所以といえよう。
見た目は、五郎島金時のスイートポテトのタルトというシンプルなお菓子だが、シンプルだからこそ工程や素材にはとことんこだわっている。五郎島金時は時間をかけ、じっくりと焼いたものを一度裏ごしし、バター、卵黄、たっぷりの生乳を加えてさらに炊き上げる。コクやまろやかさのあるもち米飴を加えることで、きめ細かで滑らかさを保ったまま、より素材本来の深みとコクをプラス。仕上げにオーブンで焼き上げることで、まるで焼き芋を食べているような濃厚感を倍加。土台のタルトは、しっとりとした食感のパイ生地。ふんわりと香る小麦の風味とほのかな塩味がアクセントになり、スイートポテト生地の引き立て役に徹する。芋の自然な風味と上質な焼き菓子の軽やかさが両立したまさに黄金比率。絶妙なバランスを保つために、一つひとつの作業は30年ずっと変わらず、芋の練り上げ、炊き加減などを代々限られたスタッフが担当。経験のある職人の手仕事がブレのない温かみのあるお菓子を生み出しているのだ。
今では年間10万個以上、一日で2千個売れることもある大ヒット商品。その味は、親から子へ、子から孫へ。代々受け継がれている。

INFORMATION

クッキー「歌舞伎のまち」勇仁智(和三盆)・仁(小松産大麦)・勇(小松産きなこ)・智(有機抹茶)。8粒入630円

マドレーヌ「安宅海岸物語」仁(プレーン)・勇(珈琲)・智(抹茶大納言)。1個220円

DATA

石川県小松市沖町ナ30
TEL.0120-22-7866
営/10:00~19:00
休/月曜、第2・4火曜(祝日は営業)
席/19席(全席禁煙)
P/28台
http://www.marufuji.cc

おすすめの洋菓子一覧

ル ミュゼ ドゥ アッシュ

YUKIZURI

YUKIZURI

金沢の風物詩を表現した新しい名物。

詳細はこちら

マルフジ

いもほり長者

いもほり長者

30年以上愛される五郎島金時の絶品菓子。

詳細はこちら

トゥール・モンド・シュシュ

五郎島 いも五郎

五郎島 いも五郎

五郎島金時のほくほく感を伝えるお菓子。

詳細はこちら

トゥール・モンド・シュシュ

金沢てまり・焼りんご

金沢てまり・焼りんご

加賀手毬の形をした優しい甘さのお菓子。

詳細はこちら

ぶどうの木

にゃんこのバウム in Kanazawa

にゃんこのバウム in Kanazawa

可愛いと、あっという間に大ヒット商品に。

詳細はこちら

メープルハウス

五郎島金時ロール

五郎島金時ロール

五郎島金時の大学芋をまるごと巻いて。

詳細はこちら

大畑の佃煮

くるみの飴煮

くるみの飴煮

しっとり感とさくさく感の競演スイーツ。

詳細はこちら

新出製パン所

加賀極(刷新)

加賀極(刷新)

さらなる進化を遂げた、究極の食パン。

詳細はこちら

農家屋かわに

農家屋ぽてと

農家屋ぽてと

芋農家のスイートポテトは優しい甘さ。

詳細はこちら

ラ・パンテュール

金沢雪のあと

金沢雪のあと

健康的で食感が新しい加賀蓮根マカロン。

詳細はこちら
Clubismオンライン クーポン

プレゼント

http://www.kanazawabiyori.com/contents/wp-content/uploads/2019/10/prettl191101.png

ランキング

おすすめ情報

Clubism online
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc