金沢日和 | 金沢・加賀のお土産はこれ!夏の美味スイーツ&食品22選

地元人がひいきにする、いま一番おいしいもの22品を厳選しました。
和洋菓子、食品をはじめ、定番から隠れた名物まで幅広く紹介いたします。

  • 金沢日和
  • 特集
  • 金沢・加賀のお土産はこれ!夏の美味スイーツ&食品22選

ケーキハウス マルフジ

これが噂のメロンボール

1個1,180円

34年目の夏、王者の風格。

1955年創業、北陸でもっとも歴史のある洋菓子店として、地元小松市民にこよなく愛される名店。先代の父から店を任された越栄信英シェフが「新しい店の看板菓子を作りたい」という思いで開発した「これが噂のメロンボール」は今年で34年目を迎える夏の名物菓子だ。
毎年、最高のアンデスメロンを求め、南は鹿児島、北は庄内まで日本各地から旬のメロンを入荷する。店に併設するメロン専用の冷蔵庫で保管し、一番いい頃合いを見計らって店に出す。大胆に真っ二つに切って、中身を丸くくり抜いて、果肉はトッピングとして使用。メロンをそのまま器に使った元祖フルーツアートともいえるこの逸品。見た目はもちろん、味も本格派だ。天然果汁がしみこんだ皮の器の中にはイチゴ、キウイ、黄桃をはじめ10種以上のフルーツとオレンジゼリーが溢れんばかり。仕上げに絞った北海道産生乳の生クリームと絶妙にマッチし、爽快な味わいに夏の暑さは吹き飛んでしまう。
今では、1日1000個売れる日もあり、多い人は数十個まとめて買い求めていく人もいるほどの店一番の人気商品。恒例の七夕祭「ラブスターズデー」は「メロンボール」の赤肉版「クイーン」との2個セットがお得になる。混み合うために事前予約を。

石川県小松市沖町ナ30
TEL/0120-22-7866
営/10:00~19:00
休/月曜、第2・4火曜(祝日は営業)
席/19席(全席禁煙) P/28台 
http://www.marufuji.cc
information●メロンボールの日持ちは冷蔵で1日。
●2018年7月5日、6日、7日の「ラブスターズデー」はメロンボールペア(アンデスとクインシー)を特価で提供。

ル ミュゼ ドゥ アッシュKANAZAWA

小松さんちのトマトマンゴージュレ

4個入り1,512円

小松の甘い恵み。

世界的パティシエ辻口博啓氏が小松産トマトを使って考案したジュレ。北陸三県随一の生産量を誇る小松トマトならではの天然の甘味とほどよい酸味を生かし、フルーティーなマンゴーを組み合わせ、天然の甘味を凝縮。とろけるような食感とツルッとしたのど越しを演出するために寒天をしのばせ、香り高いマンゴーと、アクセントにバジルを加えることでさっぱりとしながらも、上品で深い甘味が堪能できる。トマトが苦手な人でも楽しめるのも嬉しい。

石川県金沢市出羽町2-1 石川県立美術館内
TEL/076-204-6100
営/10:00~19:00(L.O.18:30)
休/なし P/あり
http://le-musee-de-h.jp
information●百番街店(金沢駅あんと内) TEL/076-234-1600 営/8:30~20:00
●めいてつ・エムザ店(黒門市場店) TEL/076-221-1211 営/10:00~19:30

パティスリー ケルン

ケルンのもものばくだん

時価 ※入荷の状況により変動あり

まるごと旬の桃。

『ケルン』ではスタッフ総出で手で桃の皮をむき、種を抜くのがいつもの夏の風景だ。自家製シロップに一日漬け込んだ丸ごと一個の桃を使用。フルーツ本来の甘さを生かした配合の生クリームとカスタードクリームを合わせた特製クリーム、桃の果汁をたっぷりと吸い込んで、これだけでも食べたいという人がいるほど人気の土台のタルトとの味覚と食感の三重奏。ひとつの桃の中に詰め込まれた菓子職人の思いが溢れた名品は、今年で18年目の夏を迎える。

石川県加賀市山代温泉14区21-34-2
TEL/0761-77-3938
営/8:30~19:00
休/日曜 ※月1回不定休 P/7台
http://keln-cake.com
information●「もものばくだん」は7月上旬から9月までの販売。天候等で前後するので事前に電話確認を。
●他にも夏におすすめの水菓子やギフトを素敵な包装でご用意しております。

トゥール・モンド・シュシュ

もも太郎ジュレ

1個648円~

瑞々しいお菓子。

涼一味の熟桃ケーキ「もも太郎ジュレ」は『シュシュ』の夏の定番として大人気。自然な甘さの完熟白桃は、そのまま食べても瑞々しく美味しい。その白桃を生のまま丸ごとひとつ、ゼリーで閉じ込めた贅沢なケーキだ。桃の旬を追いかけて、長野産、山梨産、山形産と産地から直接仕入れる抜群の調達力がこの瑞々しさを保つ。ゼリーには北陸の湧水を使用し、素材そのものの旨味を逃がさず充分に味わえる暑い夏にぴったりのスイーツに仕上げてある。

鞍月本店/石川県金沢市鞍月5-53
TEL/076-237-2078
営/10:00~20:00
休/不定休
P/30台
information●金沢てまり「小豆」6個入1,296円
加賀手まりからイメージした可愛い形のお菓子。
●野々市店/石川県野々市市三納1-144 アクロスプラザ
野々市内 TEL/076-246-1818

パティスリー ホソヤ

桃のショートケーキ

1個432円

繊細なる甘さ。

多くのファンが足繁く通う、人気洋菓子店『ホソヤ』。同店の「桃のショートケーキ」は、シンプルでありながら繊細で奥深い味わいが楽しめる、夏の定番商品。空気をたっぷりと含ませて軽さを出した生クリームを内側に、豊かなコクのある生クリームを外側に使用し、独特の口溶けとほどよい甘さを実現。やわらかなスポンジ部分には桃のリキュールを塗り、上にのる桃にはジュレを加えて、さわやかな甘さと香りを活かす。世代を問わず愛されている逸品だ。

石川県金沢市富樫1-7-4
TEL/076-280-7477
営/9:30~18:30
休/火曜 ※祝日の場合は営業
P/3台
information●定番商品「いちごのショートケーキ」のほか、旬の果物を活かした「季節のショートケーキ」を販売。1年に5種類が登場し、「桃のショートケーキ」は8月20日頃までの期間限定。

焼きチーズタルト専門店 flambe(フランベ)

チーズタルト

1個230円~

口どけ滑らか。

今春のオープン以来、何かと話題の『flambe』。人気商品の「チーズタルト」には、北海道十勝産の生乳のみを使用して3カ月間熟成させたラクレットチーズを使用。食べた瞬間にとろっとする濃厚な味わいが美味しさの秘訣。幅広い層に親しんでほしいと、和も加えた7種類前後のこだわりのチーズタルトが店頭を彩る。温めても冷やしても美味しいチーズタルト。暑い時期には、凍らせてアイス感覚で食べるのもおすすめ。自家用やちょっとした手土産にも最適。

石川県金沢市大友1-94
TEL/076-256-0824
営/11:00~19:00
休/なし(年末年始除く)
P/あり
http://gari2cafe.com/
information●丹波黒豆きな粉、二重チーズ、メープル、Wチョコ各230円。レモン280円、抹茶250円、ラクレットブリュレ300円。

金沢たい焼き工房 土九(つちく)

金沢たい焼き

1個150円

あんこの底力。

北海道産小豆を使い、和菓子職人歴20年の店主が営む店。三度の飯よりあんこが好きという店主が辿り着いたたい焼きは、和菓子屋でも指名買いで買われるという小豆の最高級品を使用。自然の風味を生かすために、毎朝小豆を炊き当日分がなくなったら終了する。芳醇な香りとビロードのような口触りは多くのファンを魅了し、朝から行列が並ぶ。自家製あんを包み込むふんわりほちゃほちゃの皮には大野醤油と能登塩を隠し味に使用。小松店も好評営業中。

石川県野々市市三納2-178
TEL/076-294-5053
営/10:00~ ※無くなり次第終了、事前のご予約で出来立てを用意
休/火曜 P/6台
http://tsuchiku.com
information●たい焼き(抹茶、カスタードクリーム各170円)、季節のたい焼き200円、たいパフェ350円、わらび餅350円他
●国家資格和菓子製造技能士1級の店主が製造

河田ふたば

葛ごおり アイスバー

1本150円

夏の葛氷。

平成百名水に選ばれている小松の湧水「桜生水」を使用したアイスバー。豆大福が有名な同店の小豆も、この清らかな水で炊いている。
冷たい氷が口の中で溶けだすと、葛のもっちりした食感が追いかけてくる。驚きの食感と優しい甘さを楽しんでいると、小さいサイズながらもお腹が満たされるのは素材が葛だから。しかも溶けても水滴がこぼれることなく食べやすい。大人も子供もつい手が伸びるアイスバーは、今夏のお土産に喜ばれる一品。

石川県小松市河田町り92
TEL/0761-47-2065
営/8:00~19:00
休/水曜 P/あり
最新情報はFacebook、Instagramでご確認ください
information●葛ごおりアイスバー5種(あずき、白ぶどう、ぶどう、みかん、グレープフルーツ)、豆大福1個162円、季節の産地大福「小松産とまと大福」1個248円、他。
●地方発送可。

ダートコーヒー

金澤美人珈琲 醸(かもし)

2杯分540円

吟醸香が漂う。

「金澤美人珈琲」は『ダートコーヒー』の話題の金箔入りドリップコーヒー。そのシリーズに、日本酒の香りがほのかに漂う新商品「金澤美人珈琲 醸(かもし)」が加わった。『福光屋』の清酒を用いて、日本酒の独特の芳香・吟醸香を豆に浸透させ、その香りを逃さず焙煎し、ドリップした時に香らせるという高度な技術の賜物で、この製法は現在、特許出願中である。珈琲の香りとこの吟醸香を両立させたところが優れた点で、金沢らしいドリップコーヒーに仕上げた。

煎りたて珈房ディーズ中央通店/石川県金沢市中央通町20-14
TEL/076-222-1333
営/10:00~20:00
P/13台
http://www.dartcoffee.co.jp/
information●販売は、煎りたて珈房ディーズ大河端店、ほか直営店にて。

加賀藩御用菓子司 森八 本店

能登の宝ゼリー

1個432円

能登の恵みのお宝スイーツ。

加賀の老舗『森八』が能登の食材を活かして創作した新感覚のスイーツ「能登の宝ゼリー」。上品な甘さに炊き上げた能登大納言小豆の上に、香り豊かな赤崎いちごのペーストを包んだ宝達葛の葛玉と、能登の粗塩で旨味を引き立てた能登ミルクを練り込んだ葛玉をのせ、ゼリーでまとめている。ミルクの風味といちごのさわやかな甘酸っぱさ、葛玉のつるりとした食感、そして能登大納言小豆の上品な甘みが見事に調和した贅沢な味わいの「赤崎いちご」。さらに今年から、果汁が豊富で口いっぱいに広がる甘さが特徴のぶどうの最高峰「石川の宝、ルビーロマン」を用い、能登の粗塩を隠し味に加えた「ルビーロマン」も加わった。能登産の素材にこだわった、まさに能登の宝(恵み)を凝縮させた、『森八』ならではの和風スイーツである。

石川県金沢市大手町10-15(大樋美術館向かい)
TEL/076-262-6251
営/9:00~18:30
休/1月1日・2日
P/10台
http://www.morihachi.co.jp
information●能登の宝ゼリー1個432円、4個入1,944円、8個入3,726円、12個入5,508円。
http://morihachi-shop.com

きんつば 中田屋

瑞衣(みずころも)

1個190円(税別)

中田屋の水羊羹。

金沢を代表する銘菓『きんつば 中田屋』の夏ギフトとして人気の水羊羹「瑞衣(みずころも)」。夏のきんつばをイメージしてつくりあげたこだわりの水羊羹だ。上品なのど越しと、軽やかな後味。極上の素材を使用し、伝統の技と選び抜かれた銘水が見事なハーモニーとなり、夏の涼を届けてくれる。『きんつばの中田屋』だからこそ提供できる新しい夏の銘菓をギフトとしてぜひ利用したい。きんつばとセットになった「水かさね」も期間限定で人気だ。

元町店/石川県金沢市元町2-4-8
TEL/076-252-4888
営/9:00~19:00、日・祝~18:00
休/1月1日、2日
P/10台
information●「瑞衣」夏のおすすめギフトセットを各種、用意しております。各店舗、フリーダイヤルで注文可。TEL/0120-588-228
●オンラインショッピングも可。
http://www.kintuba.co.jp

歳時和菓子 越山甘清堂

ゆるりゆらり 葛もち

1個220円(税別)

ぷるん、とろ~り。

創業およそ130年。昔ながらの製法を守り、市民の暮らしに根付いた菓子を作り続けてきた名店。季節感のある和菓子を得意とする同店の、夏の人気商品が「葛もち」だ。涼しげで、上品な甘みとぷるんとした食感が絶品。冷やして味わえば、絶妙な喉ごしが堪能できる。南高梅でつくった爽やかな梅みつとあっさり風味の2種がある。また、サクサクの最中がついた「金沢あいすくりーむ」、水羊羹「水の音」など夏限定品も豊富に取り揃えている。

石川県金沢市武蔵町13-17
TEL/076-221-0336
営/9:00~18:00
休/水曜 P/6台
http://www.koshiyamakanseido.jp
information●取扱い店/本店、香林坊大和店、めいてつ・エムザ店、百番街店、杜の里店、アピタ金沢店、近江町市場店など
●ウェブ注文可
http://kanazawamiyage.jp

金沢・釡炊き 大畑の佃煮

くるみの飴煮

1缶60g756円

佃煮スイーツ。

石川県には古くから栄養価の高いくるみを佃煮にした伝統食品がある。この「くるみの飴煮」は、江戸時代から伝わる佃煮の技を用いて作った佃煮スイーツで、全国紙誌にも取り上げられ、金沢のおみやげの一つとしても紹介されている。炒ったくるみをキャラメリゼし、香ばしさや栄養を保つ。手でつまんでそのまま食べられる手軽さや、しっとり感とさくさく感の両面がある新鮮な食感が好評だ。リス柄の缶のほかに、自宅用の袋詰ファミリーパックもある。

石川県金沢市大野町4-リ170-4
TEL/076-268-7711
information●メープルシロップ味、大野醤油味、生姜カラメル、黒糖カラメルの4味がある。
●取扱い店/石川県観光物産館、めいてつ・エムザ、小松空港、ギャラリーエッジなど。

和菓子 加賀陣屋

いしかわ自慢甘えび煎餅

18枚648円

海の香りが好評。

石川県にちなんだ風趣に富んだ菓子で知られる『加賀陣屋』の「いしかわ自慢甘えび煎餅」は、県認定「石川ブランド」に選ばれている。輪島や金沢などの漁港で水揚げされた新鮮な甘えびをふんだんに使い、県内産コシヒカリの米粉を微粉末にして独自製法でパリッとした煎餅に仕上げたものだ。地産にこだわったこの煎餅は、噛みしめるごとに甘えびならではの豊かな香りや旨味、甘味が舌の上に広がるので、海の幸の賜物と言える。贈り物としても好適である。

本店/石川県加賀市河南町ヌ57
TEL/0120-200-133
営/9:00~18:00 休/火曜
あんと店/JR金沢駅構内
TEL/076-260-3760
information●18枚入りのほかに、10枚入り486円、30枚入り1,080円もある。新たに46枚入り、1,620円の大箱も加わった。

大豆工房 美川

おぼろ豆腐

1個300g250円、400g(おぼろ美人)300円

ふんわり濃厚。

1891年に西方豆腐店として創業。豆腐ひとすじの老舗として全国で知られる。厳選の国産大豆、白山伏流水、珠洲揚げ浜製法の塩、天然にがりにこだわり、昔ながらの製法で生み出される極上の豆腐はシンプルでストレート。中でも「おぼろ豆腐」は、石川県産契約栽培大豆を使って職人の肌感覚で手作業するため毎日数量限定の特別品だ。とろけるチーズケーキのような口どけと大豆本来のコクと旨味がたっぷり。100g増量の「おぼろ美人」もおすすめ。

石川県白山市長屋町ハ7-4
TEL/076-278-5885
営/9:00~18:00
休/日曜
http://mikawatanpaku.com
information●「おぼろ豆腐」取扱い店/マルエー、どんたく、ニュー三久、コープ石川。
●「おぼろ美人」取扱い店/めぐみ白山、平和堂、カジマート、JAグリーン金沢・松任・能美。

四十萬谷本舗

金城かぶら寿し 夏糀

約2枚250g1,728円

爽やかな味わい。

かぶら寿しの名舗『四十萬谷本舗』の、夏でも楽しめるかぶら寿しだ。自社農園や加賀・能登の契約農家でまるまると育った青首かぶらと、日本近海の荒波にもまれた寒ブリ。この2つの素材を一つひとつ手作りで特製の糀に漬け込み、熟成させた逸品である。夏向けの糀を使い、まろやかな甘味とすっきりとした味わいを実現。ひんやりと冷やして皿に盛れば、冷酒やワインの酒肴としても楽しめる。昨年度「プレミアム石川ブランド」の食品部門で唯一選ばれた。

本店/石川県金沢市弥生1-17-28
TEL/076-241-4173
金沢南店/石川県野々市市上林5-5
TEL/076-248-8090
https://www.kabura.jp/
information●「金城かぶら寿し 夏糀」が認定された「プレミアム石川ブランド」は、石川県が県内の企業が開発・改良した製品の中で新規性や独自性等において優秀なものとして認定したもの。

加賀守岡屋

焼きいなり

8個3,600円

独特の味わい。

オリジナリティー溢れる「焼きいなり」は、キー局の番組や中央誌に取り上げられ、大きな話題を呼んでいる。白山麓の堅豆腐の老舗『山下ミツ商店』が手がける専用の油揚げに、丸大醤油をベースに鰹やみりんなどを合わせた独自のダシを染み込ませたいなりと寿司飯から成る。すべて国産食材で仕込んだもので、中身も鶏ごぼう、ちらし、金時いも赤飯など5種類があり、多彩な味わいを楽しめる。パリっと焼き上げた油揚げの食感と香ばしさが魅力だ。

石川県金沢市兼六町2-3 金澤兼六屋内
TEL/076-254-0160
営/9:00~17:00
休/第2・4木曜
http://www.moriokaya.jp
information●焼きいなりの具は、鶏ごぼう、ちらし、ホタテ、金時いも赤飯、五穀米の5種類を揃えている。4個入り1,800円の詰め合わせもある。

加賀・能登の美味さかな 錢福屋

金沢カレーいかまんま

1個864円

絶妙な味わい。

子供から大人まで、幅広い年代が楽しめる「金沢カレーいかまんま」。白山市の老舗洋食店とコラボレーションし開発。国産のスルメイカと「加賀産こしひかり」を使い、自家製の醤油タレで煮込んで仕上げてある。コクのあるスパイシーなご飯とイカの絶妙な味に、リピーターが続出。これからの季節、バーベキューやお盆などの集いの席、おみやげなどに、その実力を大いに発揮してくれるに違いない。地方発送も可能なので、気軽に問い合せて欲しい。

石川県白山市倉部200
TEL/0120-022-980
営/8:45~17:45
休/日曜
P/あり
information●金沢カレーいかまんま3個入2,916円他。
●ほたるいか詰合せセット3,240円(ほたるいか醤油漬、わさび漬、素干し)

味百珍 珍味のかさい

のどぐろ生姜しぐれ煮

75g648円

身近にのどぐろ。

のどぐろは元々は金沢の料亭などで饗された高級魚で、いまや全国に知られる金沢名物の一つ。『珍味のかさい』は熟練の加工技術で、そののどぐろをふんだんに使ったそぼろを世に出した。細かくほぐした身に香ばしい胡麻と生姜を加え、独自の旨みを引き出し、時間をかけてじっくりと炊き上げてそぼろに仕上げる。ごはんにふりかけて食べると、のどぐろ本来の味わいと独自の風味が口の中に広がり、ごはんがすすむ。普段遣いもできる贅沢な逸品だ。

石川県金沢市米泉8-15
TEL/076-247-2262
営/月~土9:00~18:00、祝~17:00
休/日曜 P/7台
http://www.kasaifoods.co.jp
information●姉妹品も充実。鯖のへしこそぼろ540円、のどぐろあげ丸天648円、小鯛の昆布〆1,080円、ほたるいか沖漬1,080円、ふぐの子クリームチーズ540円など。

鰤のたたき本舗 逸味 潮屋

鰤のたたき

100gあたり864円

丁寧に手炙り。

ぶりの美味しさに着目し、早くから商品開発を行い、全国に先駆けて商品化に取り組んできた『潮屋』。元祖「鰤のたたき」は、いまや同社の看板商品。国産の良質なぶりを、能登の揚げ浜塩を使った「塩たたき」で水分や臭みを除き、職人の目と手で一つずつ手炙りし、旨みと脂を凝縮し、仕上げてある。スライスして、わさび醤油に付けて味わいたい。なお、冬場には平成25年に石川ブランド製品として認定された「天然能登寒ぶりのたたき」も販売。

本社/石川県金沢市西金沢2-168-1
TEL/076-240-7577
営/9:00~17:30
休/日曜、祝日、年末年始 P/あり
http://ushioya.com
information●鰤のたたき100gあたり864円、サーモンのたたき100gあたり864円、能登ふぐのたたき100gあたり1,080円

金澤北珍 肴の匠

輪島産鮮魚干しのどぐろ

3,132円~ ※サイズによって価格が異なる

漁師が絶賛。

全国の漁師が最高品質と太鼓判をおす、輪島産のどぐろを使用した最高級の一夜干し。地元金沢で創業より魚介ひとすじの専門店『金澤北珍 肴の匠』の看板商品として全国で人気を誇る、地元漁港で水揚げされたのどぐろを即氷詰めにして工場へ。一晩干すことで潮の香りが染み渡り、カドのとれた深みのある味わいに仕上がる。舳倉海域特有の良質のプランクトンにより上質な脂が豊富で、皮が薄く、身がしまった本物中の本物をぜひ一度味わってほしい。

石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街あんと内
TEL/076-260-3738
営/8:30~20:00
休/なし P/提携Pあり
http://www.hokuchin.co.jp
information●鮮魚干しのどぐろ/賞味期限は冷凍で60日間。要冷凍。
●他、鰤のたたき、ふぐの子糠漬など、多彩な商品をご用意。
●公式サイトで通販可。
●Twitter、Instagram #ホクチン

どじょう・うなぎの蒲焼 きふじん

うなぎのかばやき

時価一本3,500円前後

金沢の夏の風物。

「贈る方も、贈られた方にも喜んで頂けることを願って焼いています」と店主の中宮かおるさんは言う。親子三代続くタレを継ぎ足し、継ぎ足し使い、ジューシーで肉厚の鰻を熟練の焼き加減で美味しい蒲焼に仕上げていく。初めは金沢観光に訪れた客が、次は、ここの鰻をたべるために金沢に来るようになる。「うまさ」は「記憶」に残りそこに命の営みが生まれる。「元気」と一緒に赤いパッケージに詰めて贈りたい逸品どじょうの蒲焼もおすすめである。

石川県金沢市中橋町1-13
TEL/076-223-6801
営/9:00~22:00、日・祝~17:00(7・8月)
休/日曜、第1月曜(7・8月は不定休)
P/5台
information●鰻の蒲焼1本3,500円前後(サイズなどによる)。どじょう蒲焼1本130円。注文は、店頭、電話、インターネットなどで受付中。詳しくは電話にて。

表記について

本データは「月刊金澤2018年7月号」に掲載された内容をもとに掲載しております。価格が変わることがございますので、ご了承下さい。

月刊 金澤

プレゼント

プレゼント

ランキング

おすすめ情報

とっておき金澤
北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
Clubism会社見学Clubism会社見学
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和