金沢日和 | 金沢はおいしい

山と川が近く、犀川と浅野川というふたつの美しい川が市中を流れる金沢は、食材と風土にめぐまれ、
食べる物がことのほかおいしい街です。これぞという味・店を紹介していきます。

第21回|洋酒バー 倫敦屋酒場

撮影:藤間信行、吉尾大輔
洋酒バー 倫敦屋酒場
作家・山口瞳が贔屓にした名物酒場。

 扉の向うはまるで、バー・ミュージアムのよう。天井には年代物のトレーやウォーターピッチャー。バックバーをとびだし、店中に並べられた様々な酒、酒、酒。それらすべてが、このバーの歴史を語るアイテムである。創業は1969年。作家・山口瞳が、行きつけの店として愛してやまなかった『倫敦屋酒場』は、まさに全国屈指の名門バーといってよい。
 スタンドバーといっても差し支えないほど、高く、広いカウンター。余計なものはなにもない。その理由を、店主・戸田宏明さんは、カウンターでの仕事ぶりを見てほしいからと答える。誠心誠意、酒をサーブする姿で感動を与えられるのが「バーテンダー」という。これは、料理人の精神にも通ずるものである。その研ぎ澄まされたシェイキングやステアをみると、誰もが惚れ惚れとするに違いない。

  • 倫敦屋酒場
  • 倫敦屋酒場

洋酒バー 倫敦屋酒場

  • 石川県金沢市片町1-12-8
  • TEL 076-232-2671
  • 営/17:00~翌1:00(L.O.翌0:30)
  • 休/なし
  • 席/カウンター15席、テーブル205席
  • カード/可
  • http://www.londonya-bar.com/
【1人あたりの予算】
チャージ500円、ショット800円~
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。(更新日:2015年2月25日)

[バックナンバー]

月刊 金澤

プレゼント

プレゼント

ランキング

おすすめ情報

北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和