金沢日和 | やっぱり、金沢はおいしい

霊峰白山と日本海に挟まれた金沢は、食材と風土にめぐまれ、食べる物がことのほかおいしい街です。
そんな金沢のおいしいを、ジャンル毎にご紹介します。

[第10回]
愛され続ける名物メニューのある洋食店5選

撮影:岡村喜知郎、福島健一

オムライスやカレーライスなど、金沢市民が長きに亘って親しんできた料理で知られるお店をご紹介します。懐かしい味をぜひ。

グリルニュー狸
[金沢市小立野]

ニュー狸

秘伝のソースが活きた名物「黒い焼き飯」で知られる。

毎日昼時には近隣のサラリーマンらで賑わい、夜は3世代で訪れる家族連れも多い、金沢を代表する洋食店。タンシチュー、サーモンステーキなど多くの名物メニューが揃う。中でも手頃さと他にはない見た目、味わいで親しまれているのが「ヤキメシ」(850円)だ。1967(昭和42)年の創業当時、「他では食べられないものを」との思いで店名にもある狸の色をした料理を作ろうと、店主の矢田紀彦さんが考案。一度食べれば忘れられない見た目と味は、また食べたくなる不思議な魅力がある。

SHOP DATA

石川県金沢市小立野3-27-12
TEL/076-262-6658
営/11:00~15:00、17:00~21:30(L.O.)
休/火曜、第3月曜
席数/カウンター16席、テーブル14席 ※全席禁煙
P/7台

その他のおすすめ/和牛ヒレカツ(サラダ付)2,200円、エビのコキール1,600円など

アクセス/兼六園より車で10分

カプリ島
[金沢市武蔵町]

カプリ島

昭和の趣も懐かしい。ソースで味わうピラフでおなじみの人気店。

手間を掛けた誠実な仕事と素早い料理の提供を信条とする橋本さん夫妻が切り盛りし、昼時には客が自然と詰めて座ったり、タイミングを見計らって会計を頼んだりといった無言の気遣いが成立する愛すべき空間。創業からの名物は、縁が波状の平たい型で押したピラフにシチューやベシャメルソースをかけた独創的なピラフ。ぷりっとした小海老入りクリームが引き立つ「小海老クリームピラフ」(800円)と希少部位のカイノミをたっぷり使った「ビーフシチューピラフ」(980円)がおすすめ。

SHOP DATA

石川県金沢市武蔵町15-1
ANAホリデイイン金沢スカイ地下1階コロナロード内
TEL/076-260-2529
営/8:00~18:00
休/火曜
席数/カウンター8席、テーブル8席 ※喫煙可
P/なし

その他のおすすめ/ドリア各種930円~、焼めし目玉焼のせ(みそ汁付)780円など

アクセス/近江町市場より徒歩2分

北極
[金沢市小立野]

北極

オリジナルの「エスカロップ・ド・ポーク」にファン多し。

かつては、路面電車が店の前を走り、店舗横には映画館があるなどし、店内は学生や多くの人でいつも賑わいを見せていたという同店。サクサクのカツに、自家製ソースが絡む「エスカロップ・ド・ポーク」(800円)は、先代が「洋風のカツ丼」をイメージして作った同店オリジナルのメニューで、幅広い層に人気。しっかり揚げた豚ロースカツに、デミグラスソースと炒めたオニオンを合わせた濃厚なソースをたっぷり掛ける。いずれは自分達の代で看板を降ろそうとの覚悟で作り続ける一品だ。

SHOP DATA

石川県金沢市石引3-5-23
TEL/076-221-2636
営/11:00~14:00、17:00~20:00
休/水曜
席数/24席 ※全席禁煙
P/3台

その他のおすすめ/ランチ1,300円~、オムライス700円、シチュー・ド・ビーフ1,800円など

アクセス/兼六園より徒歩10分

自由軒
[金沢市東山]

自由軒

「ひがし」で100年以上に亘り愛される老舗洋食店。

創業は1909年。シェフの川上さん夫妻と長男の修さんがその味を守る。界隈の人にとっては、もうひとつの食卓のような存在。数あるメニューの中でもダントツの人気なのが、先々代が考案して以来、味わいそままに受け継がれる「オムライス」(795円)。最たる特徴は、醤油味のライスだ。醤油と、牛肉と豚肉、玉ねぎのエキスを極限まで凝縮させたソースを、ご飯の一粒ひと粒にしっかりまとわせるように炒めて、玉子でさくっとくるむ。独特の甘辛く香ばしい風味が、さらなる食欲をかきたてる。

SHOP DATA

石川県金沢市東山1-6-6
TEL/076-252-1996
営/11:30~15:00(L.O.)、17:00~21:00(L.O.)※土日祝16:30~
休/火曜、第3月曜
席数/25席 ※全席禁煙
P/あり
http://www.jiyuken.com/

その他のおすすめ/ランチ(小サラダ・ライス・汁付)1,995円、プレートセット(汁付)1,085円など

アクセス/ひがし茶屋街入り口付近

トレド
[金沢ニューグランドホテル/金沢市南町]

トレド

開業当時から愛され続けるビーフカレーは必食。

その名は、スペインの町の名前に由来する。同店の名物と言えば、45年前の「金沢ニューグランドホテル」開業時から提供し続ける「ビーフカレー」(1,300円 税・サ別)。その味が評判となりレトルトも販売、ヒット商品になるほど。牛肉の角切りと挽肉がたっぷり入ったマイルドなカレーは、口に運ぶと最初に玉ねぎの甘みが際立ち、次に肉のコクと旨みが押し寄せる。次第に上品な辛みがじんわりと染みわたる。福神漬、フライドオニオン、アーモンドなど6種類の薬味とともに味わいの変化も楽しみたい。

SHOP DATA

石川県金沢市南町4-1
金沢ニューグランドホテル中2F
TEL/076-233-1311(ホテル代表)
営/11:30~21:00(20:30L.O.)
休/なし
席数/59席 ※全席禁煙
P/駐車場完備(3,000円利用で1時間無料)

その他のおすすめ/定番のシーフードカレー1,300円、トレド名物ドライカレー1,100円など ※全て税・サ別

アクセス/尾山神社より徒歩2分

※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。(更新日:2017年9月8日)
月刊 金澤

プレゼント

プレゼント

ランキング

おすすめ情報

北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和