観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 金沢・加賀・能登観光に役立つイベント最新情報

金沢を中心に加賀、能登をはじめ富山県・福井県のイベント、コンサート、ライブ、展覧会情報を集めました。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。
開催終了

第111回 九谷茶碗まつり

第111回 九谷茶碗まつり
写真は過去の様子

九谷焼の産地ならではのビッグイベント。

細密な模様と特徴的な色使いで、全国でも知られる九谷焼。その九谷焼の産地をあげて開かれる、年に一度の大陶器市「九谷茶碗まつり」。九谷焼名品から実用食器、売れ筋品などを販売するテントが並び、焼物ファンが多く集う。希望者には窯元・作家の工房をめぐったり、九谷焼作家が描く九谷ネイルを体験できる。絵付け体験では「ハローキティ」が新たに登場したり、九谷焼アクセサリーの限定販売も。また、飲食ブースでは能美市のグルメが楽しめる。なお、会場となる九谷陶芸村内の能美市九谷焼資料館と能美市立九谷焼美術館は、まつり期間中無料で入館できる。お気に入りの九谷焼を見つけよう。

開催期間
[開催終了]2019年5月3日(金・祝)~5日(日・祝)
開催時間
8:30~18:00(最終日は17:00まで)
詳細・備考
【主な内容】
■特設会場・本部テント
・九谷焼の器で食す地域グルメ
 のみどんぶり、のみまるなど、日替わりで。
・武腰一憲氏監修 九谷焼干支ボトルの丸いも焼酎
「のみよし」限定販売
・窯元・作家工房めぐり
 作家とのふれあい、九谷の魅力を体験
■九谷焼陶芸館
・絵付け体験
「ひゃくまんさん」(数量限定)
「ウルトラマンシリーズ」(数量限定)
「ハローキティ」(数量限定)
※最終受付16:00
(問い合わせ/九谷焼陶芸館 Tel.0761-58-6300)
■九谷焼美術館
・九谷茶会
九谷焼作家の茶碗を用いた茶会
(問い合わせ/九谷焼美術館 Tel.0761-58-6789
■九谷焼資料館
・九谷焼作家が描く九谷ネイル(予約制)
(予約/能美市観光交流課 Tel.0761-58-2211)
・第42回伝統九谷焼工芸展
・九谷名品入札会
・Wear KUTANI
女流作家による九谷焼アクセサリーを限定販売
・5月3日(金・祝)限定イベント 名品鑑定相談

【前夜祭イベント】
■見て!聞いて!感動して!九谷焼絵付体験
日時/5月1日(水・祝)18:30~21:00
講師/福島武山氏、福田良則氏
定員/赤絵15名、色絵15名 ※定員に達し次第締切
料金/参加費3,000円(材料費・ドリンク付)
会場/能美市ふるさと交流研修センター「さらい」
予約・問い合わせ先/能美市ふるさと交流研修センター Tel.0761-57-1212
開催場所
九谷陶芸村 特設会場(石川県能美市泉台町)
公式サイト
「第111回 九谷茶碗まつり」のサイトへ
問い合わせ先
九谷茶碗まつり運営委員会
TEL/0761-58-6656
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。

現在開催中・実施中のイベント

秋の限定酒「ひやおろし」発売開始

2021年9月3日(金)に令和3年「石川ひやおろし」全26銘柄が解禁!

[]

2021年9月3日(金)~10月31日(日)

鶴仙渓 川床

北陸随一の渓谷美を誇る鶴仙渓の川床が今年もオープン。

[川床山中温泉]

2021年4月1日(木)~ 11月30日(火)山中温泉 あやとりはし袂不動滝そば

吉尾大輔個展 【9/18~24】KANAZAWA 5×4 金沢縦景

ネガフイルムならではの色味と風合いを生かした金沢の情景が魅力。

[写真展金沢市清川町]

2021年9月18日(土)~9月24日(金)HARMONIE gallery@saigawa

『ArtShop月映』で多彩な作風に注目が集まる鋳金作家・上田剛の作品展を開催。

硬質な物質が変容し生まれた美しさが語り掛けるものは

[]

2021年9月1日㈬~2021年9月26日㈰Art shop月映

特別企画展 自動車博物館で開催。名車同士の「ライバル対決!」

時代を彩った名車が揃い踏み。ライバル関係にある2台が対決。

[]

2021年4月16日(金)~2022年3月13(日)自動車博物館

【9/18〜26】『金澤やまぎし養蜂場 大桑店』にて、年に1度の「大地のアカシア祭り」を開催。

新もの「大地のアカシア」が超お得! 屋外テントイベントにも注目。

[イベント金沢市大桑]

2021 年9 月18 日(土)~9 月26 日(日)金澤やまぎし養蜂場 大桑店

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2021 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori