観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 金沢・加賀・能登観光に役立つイベント最新情報

金沢を中心に加賀、能登をはじめ富山県・福井県のイベント、コンサート、ライブ、展覧会情報を集めました。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。
開催終了

泉鏡花記念館開館20周年記念特別展鏡花をオクル―没後80年―

泉鏡花記念館開館20周年記念特別展 鏡花をオクル―没後80年―

鏡花の命日から始まる特別展。

昭和14年(1939)9月7日、65歳で瞑目した泉鏡花。昭和16年、17年の2度にわたって行われた慶應義塾図書館への自筆原稿を含む遺品の寄贈。そして昭和15年からの岩波書店『鏡花全集』の刊行など、その作品と遺愛の品々を守り、後世に伝えるべく、家族、そして友人たちはさまざまな奔走を経て、鏡花を送り出した。鏡花没後80年の今年、克明な記録と貴重資料の数々を通して、今あらためて鏡花を《オクル》日々をたどる特別展。前期・後期で展示替えが行われる。

開催期間
[開催終了]前期/2019年9月7日(土)~10月7日(月)
後期/2019年10月11日(金)~11月10日(日)
開催時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休日
展示替えのため10月8日(火)~10月10日(木)休館
料金
一般310円、65歳以上210円
※高校生以下無料、団体(20名以上)260円
詳細・備考
【関連イベント】
■トークセッション 鏡花世界の可能性
―文学、絵画、演劇、そして映画へ―
日時/9月23日(祝・月)14:00~16:30
場所/金沢市文化ホール 多目的ホール
出演/今西彩子(鎌倉市鏑木清方記念美術館学芸員)
   阿部久瑠美(鎌倉市川喜多映画記念館学芸員)
   穴倉玉日(泉鏡花記念館学芸員)
定員/50名(要申込・無料)
申込/8月20日(火)~泉鏡花記念館(TEL/076-222-1025

■野上裕章 一人語りの夕べ
泉鏡花「縷紅新草」
日時/9月28日(土)18:30~19:30
場所/泉鏡花記念館
出演/野上裕章(俳優)
定員/20名(要申込・参加費1,000円)
申込/8月20日(火)~泉鏡花記念館(TEL/076-222-1025

■没後80年記念対談
泉鏡花の現在を語る―研究と評論の間―
日時/10月27日(日)16:00~17:30
場所/金澤文豪カフェあんず(香林坊東急スクエア B1F)
出演/東雅夫(アンソロジスト)、鈴木啓子(宇都宮大学教授)
司会/穴倉玉日(泉鏡花記念館学芸員)
定員/30名(要申込・参加費1,000円・1ドリンク付)
申込/10月1日(火)~泉鏡花記念館(TEL/076-222-1025
開催場所
泉鏡花記念館(石川県金沢市下新町2-3)
問い合わせ先
泉鏡花記念館
TEL/076-222-1025
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。

現在開催中・実施中のイベント

チャンピオンカレーが「限定メニュー総選挙」を開催中!

みんなの投票でナンバーワンが決定する「限定メニュー総選挙」が話題

[総選挙石川県]

~2021年5月31日(月)

Gotit Gotit Cafe+

4周年祭開催中。映える「パステルキューブゼリー」から「バブルワッフル」、カラフル「クリームソーダ」ほか流行りメニューが勢揃い。

[周年祭金沢市]

4月23日~5月下旬※終了時期はサイトなどでご確認くださいガリガリカフェ+

国立工芸館石川移転開館記念展Ⅲ 近代工芸と茶の湯のうつわ-四季のしつらい-

人間国宝らが生み出した”茶の湯のうつわ”を紹介する。

[]

2021年4月29日(木・祝)~7月4日(日)国立工芸館

エステサロン 脂肪と歪みをWノックアウト! 『ルクラ』で春の痩身祭りを開催。

見た目の変化を即実感!スクリュー状の4D電流による筋膜リリース&RF波で、脂肪燃焼と体の歪み解消を強力サポート。

[新メニュー金沢市]

2021年4月15日(木)~5月14日(金)エステサロンLecura(ルクラ)

『ArtShop月映』で漆作家の鵜飼康平展を開催。

今こそ感じたい、木と漆と人の手が生み出す圧倒的なエネルギー。

[展覧会金沢市]

2021年5月1日(土)~5月28日(金)月映

奇想も可憐も妖艶も血みどろも 最後の浮世絵師 月岡芳年展

激動の時代を駆け抜けた鬼才の浮世絵師の作品世界。

[展覧会金沢市]

2021年4月24日(土)~5月23日(日) 金沢21世紀美術館

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2021 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori