観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 【連動企画】絶やすな!絶品石川グルメ 絶メシリストいしかわ

ホームページ「絶メシリストいしかわ」と連動企画。知る人ぞ知る絶品グルメが今、絶滅の危機に瀕している。
失ってしまうにはあまりにも惜しいこのかけがえのない美味しさを、受け継ぎ守り続けてほしいお店を紹介します。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。
今回の取材先は!

洋食 ハントンライス

キッチンすぎの実

キッチンすぎの実

[ ハントンライス ]

680円
バターのマイルドな風味がふわっと口の中に広がる。コクがありながらもあっさりと食べられることを意識した仕上がり。

ハントンライスの歴史を継承する洋食店

石川県民のソウルフード「ハントンライス」を名物に掲げる店は数あれど、『すぎの実』のハントンライスは一味違う。というのも、店主・杉本さんはその誕生に関わった一人だからだ。今はなき片町のベーカリーショップ『(旧)ジャーマンベーカリー』(以下、ジャーマン)に勤務していた杉本さん。当時、人気だったオムライスやハヤシライスなどに加え、「何か新しいメニューを」とグリル部門のシェフたちと知恵を絞り考案したのが、ケチャップ味のチキンライスに薄焼き卵を乗せてカリッと上がったフライをトッピングした「ハントンライス」。ジャーマンの人気メニューとなった後、独立したシェフが自店でオリジナルのハントンライスを提供し、金沢に広まっていったのだという。ジャーマンへの敬意とシェフ仲間の「同じソースを使うのはダメ」という暗黙の了解のもと、各店、独自の味を追求。杉本さんのハントンはタルタルソースにパプリカ粉などを合わせた特製サウザンドソースが特徴。バターとケチャップにこだわった優しい味。このスタイルはオープン当時から変わらない。ハントンライスの本流が味わえる貴重な一軒にぜひ足を運んでほしい。

キッチンすぎの実

卵はとろりとした仕上がり。バターの風味を生かそうと工夫を重ねた結果たどり着いたスタイルだそう。美大生をはじめ学生や近隣の人に世代を超えて愛されている。

DATA

金沢市石引2-8-7

Tel.076-222-4866
営/11:30~14:30(L.O.14:00)、
17:00~20:30(L.O.20:00)
休/
木曜、第3水曜
http://suginomi.sakura.ne.jp

※掲載されている情報は、2020年11月以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。

絶メシリスト
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2021 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori