観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 【特集】手みやげ帖

金沢・加賀・能登を代表する銘菓や珍味を集めました。大切な人への手みやげとして、家族や友人とのひと時を愉しむお供として、お役立てください。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。
[ 金沢市 ]

LE MUSEE DE H frais(ル ミュゼ ドゥ アッシュ フレ)

LE MUSEE DE H frais

[ フロマージュクラシック柚子ふきのとう ]

2,160円(税込)
濃厚で滑らかなチーズケーキに石川県産柚子の上品な香りを閉じこめ 独自の製法で焼き上げたバスク風チーズケーキ。ふきのとう入りのシュトロイゼルをあわせることで、甘みの中にほろ苦さを感じる大人の味わいが魅力だ。コーヒー・紅茶はもちろん、赤ワインなどお酒のお供としても楽しめる。

金沢の玄関口から、地元の魅力を発信。季節の果実で彩られた金沢スイーツが勢揃い。

世界的に活躍するパティシエの辻口博啓氏が手掛ける『ル ミュゼ ドゥ アッシュ』。自らの出身地である石川の文化、能登・北陸の地元食材を活かしたスイーツは見た目や、味ともに高いクオリティを誇り、老若男女から親しまれている。この春「百番街あんと」内に『ル ミュゼ ドゥ アッシュ フレ』がオープン。フランス語で“新鮮”を意味する「frais(フレ)店」では、旬のフルーツの美味しさを引き出したスイーツがラインナップ。ショーケースには季節ごとに彩りを変える美しいスイーツが並び、選ぶ楽しさや貰う嬉しさを提供してくれる。この他、滑らかな口溶けと柚子の清々しい風味が調和した上品なチーズケーキ「フロマージュクラシック」も人気の商品だ。その他の店舗では、石川の魅力が詰まった定番の「YUKIZURI」や「ケーク・バリエ」など季節ごとに限定のフレーバーが登場する商品も揃う。いつ訪れても新鮮な味に出合える素敵な店で、大切な人の贈り物やおうち時間のスイーツ選びはいかが。

LE MUSEE DE H frais

兼六園の冬の風物詩「雪吊り」を表現した金沢みやげの新定番として人気のスイーツ。石川県産の梅酒・卵・米粉など地元の食材を使った小さなパイに多彩なフレーバーと食感が折り重なり、豊かな味わいとなっている。季節限定でルビーロマンやゆず、ブルーベリーやいちごなども登場する。
【金額】6本入648円●10本入1,080円●22本入2,160円(税込)
【取扱店】和倉店、金沢店、百番街店、エムザ店、富山店

LE MUSEE DE H frais
─ 全てに石川県の素材を使用した、お土産にもぴったりのスイーツ。 ─
〔ケーク・バリエ〕地元の食材をメインに、厳選した素材を活かして風味豊かに焼き上げた味わい深い仕上がりのパウンドケーキ。
●トラディション ミソ
(熟成味噌とくるみ)
●ミル フレーズ
(柳田ブルーベリーとイチゴ)
●マングー アナナス
(マンゴーとパイン、ココナッツ)
●セル ノワゼット
(塩キャラメルとヘーゼルナッツ)
●テヴェール ノト
(能登大納言と抹茶、アプリコット)
●フィグ エレール
(能登赤ワインとイチジク)
●カフェ ドゥーブル
(コーヒーとイチジク、くるみ)
【金額】全7種類各2,160円(税込)
※季節によって販売の内容が変更します。
この他期間限定販売あり
【取扱店】和倉店、金沢店
DATA

石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街あんと内
TEL/076-234-1660 
FAX/076-234-1602
営業/8:30~20:00
休/なし
https://le-musee-de-h.jp/shops/frais.html

INFORMATION

●和倉店
七尾市和倉町ワ部65-1:0767-62-4002
●金沢店
金沢市出羽町2-1(石川県立美術館内):076-204-6100
●百番街店
金沢市木ノ新保町1-1 あんと内:076-234-1600
●カフェドゥアッシュ
金沢市南町6-12 国際ビジネス学院ビル1F:076-234-3773
●エムザ店
金沢市武蔵町15-1 めいてつ・エムザ 黒門小路内:076-221-1211
●富山店
富山市明倫町1-220 きときと市場とやマルシェ内:076-471-8111

■詳しくはWebサイトやInstagramをチェック
Webサイト
Instagram

※掲載されている情報は、2021年4月以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。

ランキング

おすすめ情報

nicottolab

地元のインスタグラマー

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2021 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori