観光情報サイト 金沢日和

石川 金沢イベント2024 今チェックしたい情報【金沢・加賀・能登】

石川県・金沢を中心にイベント、祭り、フェスティバル、ライトアップ、キャンペーン、アートイベントなど今チェックしておきたい話題の情報をピックアップ。加賀、能登をはじめ、石川県・富山県・福井県の情報はチェックですよ。

開催終了

【7/22日(金)〜31(日)】『ギャラリー林檎舎』にて「紺野乃芙子 作陶展」を開催。

【7/22日(金)〜31(日)】『ギャラリー林檎舎』にて「紺野乃芙子 作陶展」を開催。

夏支度にぴったりの異国情緒を感じる力強い器や花器。

季節の移ろいを楽しみながら、心地よい暮らしを提案する『ギャラリー林檎舎』にて、7月22日(金)から「紺野乃芙子 作陶展」が開催される。

紺野乃芙子さんは、大阪に生まれ、沖縄の文化に魅了された作陶作家。沖縄の土にこだわり自らやんばるの山に分入り、自らの手で粘土を作り、焼き上げまで一人で行う。土着的な力強さの中に現代的な感性が息づいた作品は、どれも温かで美しい。

今回は、異国的な雰囲気と力強いフォルムが魅力的な作品や、琉球古典焼きから着想を得たレリーフ装飾の新作を中心に普段使いの器や花器など、沖縄の風土でこそ生まれるおおらかな作品は気忙しい日常に、ほっと一息つけるような穏やかさを与えてくれる。

夏の眩しい日差しによく似合う作品を見に出かけてみてはいかがだろう。

期間
[開催終了]7月22日(金)〜31日(日)
時間
営/10:00~18:00
休/水曜
ギャラリー林檎舎Instagram
休日
毎週水曜
詳細・備考
作者プロフィール(紺野乃芙子/konno-nobuko)
1983年 大阪府生まれ
2006年 沖縄県立芸術大学卒業
2008年 沖縄県名護市にて作陶を始める。沖縄の工房で沖縄の土にこだわり、テーマを持った唯一の作品を制作
場所
ギャラリー林檎舎(石川県金沢市西都1-276)
公式サイト
「【7/22日(金)〜31(日)】『ギャラリー林檎舎』にて「紺野乃芙子 作陶展」を開催。」のサイトへ
問い合わせ先
ギャラリー林檎舎
TEL/076-268-8022
Mail/info@ws-apple.com
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。

現在開催中・実施中のイベント

【〜4/30】 オープン1周年を記念してテイクアウト専門店『波の綾』が人気のお刺身盛り合わせが20%オフに

【〜4/30】手作りのお魚惣菜が人気の『波の綾』オープン1周年を記念して、人気のお刺身盛り合わせが20%オフに

[周年祭金沢市]

4月30日まで波の綾

ANAクラウンプラザホテル金沢「アフタヌーンティーセット ふしぎないちごの森 ~春うらら~」

【3月1日(金)〜5月6日(月・休)】春らしいスイーツの装いを楽しめる可愛らしいラインナップ。

[イベント金沢市]

2024年3月1日(金)〜5月6日(月・休)カスケイド ラウンジ

イタリアン 【母の日ギフト&ディナー】『Ristorante SUGIYAMA』に母の日おすすめコース&今年は『いなば生花店』の真鍮リースとスイーツをセットにした特別ギフトが登場。

偶然の再会から『いなば生花店』と特別コラボが実現。今年ならではの母の日ギフトを。

[イベント金沢市]

5,555円(税込、サービス料別)のお食事も人気です。
特別コラボセットのお渡し日は5/10(金)、11(土)、12(日)
Ristorante SUGIYAMA

【開催中〜4/30(火)】『ホテル金沢』に春のエッセンスを散りばめたアフタヌーンティー&ナイトティー「金鼓」〈KONKU〉が登場

宵まで提供。五感で春を感じられる食事と共に優雅なひとときを。

[期間限定メニュー金沢市]

2024年4月1日(月)~2024年4月30日(火)DINING TSUZUMI

ふくあかり

かがやく福井の未来をイルミネーションで彩る「ふくあかり」。

[イルミネーション福井県福井市]

2023年12月1日(金)~2024年5月6日(月)アップルロード(西武福井店横)、福井駅東口(福井市観光交流センター周辺)、中央公園

【4/3(水)〜17(水)】『Disney THE MARKET』ショッピング・イベントが『香林坊大和』に期間限定開催。

ディズニーの「今」を届ける最大級のショッピング・イベント!時代を超えて愛されるディズニーの奥深い世界へ。

[ショッピング・イベント金沢市]

2024年4月3日(水)〜2024年4月17日(水)香林坊大和8階ホール

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori