観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、 座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。

羅漢さんとお地蔵さん

2016年5月17日(火) | テーマ/観光

個人的にちょっとした石像ブームです。このコラムでも前回、『浄安寺』のユニークな山門をご紹介しましたが、誰もが知っている、いかにも豪華で立派なものというよりは、「へぇ~こんなところに!」という、あまり知られていない場所に佇んでいるものに惹かれます。というわけで、今回も探してみました、そんな石像。

今回は、お馴染み、金沢最大の寺院群「寺町台寺院群」にある『香林寺』で、釈迦無尼仏をご本尊とし、加賀藩3代目藩主・前田利常公に願い出、慶安4年(1651年)に建立された由緒ある曹洞宗のお寺。

庭園には「開運不動明王(白不動)」「願掛け十二支像」が安置されており、そのまわりを囲むように設けられた「幸福の道」を、順路通りにまず2周し、3周目、自分の干支の前に行って合掌して祈願。最後に、白不動さんの前で同じ願いを祈願すると、願い事を叶えてくださるとか! 知る人ぞ知る「願掛けスポット」になっています。

しかし、今回紹介したいのは、その不動さんでも、十二支像でもなく、その間に点々と安置されている「十六羅漢像」。まさしくその表情は十人十色で、実にユーモラス。ジッと見つめたり、ニヤリと笑ったり、万歳をしたり、私たちの「願い」を見透かし、応援しているようで、なんだかこそばゆい感じがするから不思議です。

ちなみに、もうひとつ。境内にひっそり目立たぬように鎮座されているお地蔵さまも必見。そのふくふくとしたお姿に癒されること必至ですので、こちらはぜひ、皆さん自身で探してみてください。

拝観料は大人500円。お寺の方による解説と、さらに、このお寺にゆかりのあった加賀友禅作家で人間国宝の木村雨山の花鳥風月を描いた色紙絵や短冊80点を閲覧することもできます。

観光の方はもちろん、地元の方にもおすすめです!

香林寺 http://www.kourinji.jp

温泉、景観、美食でおもてなし。新たな魅力が加わった「海のリゾート・和倉温泉」に注目。

石川県を代表する温泉地として、県内はもちろん全国でも高い知名度を誇る「和倉温泉」。温泉街周辺は、足湯(続きを読む

2021年3月29日(月)

まさに花見の特等席! 建築家 隈研吾氏が設計した『茶屋 見城亭』に注目。

1913(大正2)年、兼六園の桂坂口近く、百間堀を挟んで金沢城・石川門を臨む場所に『見城亭』は誕生し(続きを読む

2021年3月26日(金)

金沢で最も大きな茶屋建築『懐華摟』が、撮影スポットとして話題に。

築200年、金沢で最も大きな茶屋建築の『懐華摟』。その中は、鮮やかな朱塗りの階段をはじめ、豪華絢爛な(続きを読む

2021年3月26日(金)

金沢といえば加賀宝生! 全国から女性能楽師が集まって金沢で公演 幽玄な舞台「杜若」を鑑賞しました!(動画あり)

11月に石川県立能楽堂で開催された「女性能楽師による能楽公演事業 第二回 能における節供と花々」(沢(続きを読む

2019年12月27日(金)

キモノでおでかけ金沢さんぽ 竹久夢二スペシャルイベント 当日レポート

絵画、デザイン、詩など様々な分野で活躍したマルチアーティスト竹久夢二(1884-1934)。その夢二(続きを読む

2019年11月7日(木)

【10本の特集を公開】魚介/寿司/海鮮丼/のどぐろ/名物料理など

「金沢日和」では大型連休のシーズンに向けて、10本の特集を公開しました。行楽シーズンのお出かけにご活(続きを読む

2019年4月19日(金)

九谷焼の自動販売機が「九谷茶碗まつり」に初登場

日本全国から約19万人の来場者が訪れるという「九谷茶碗まつり」。その人気のイベントに、今年始めて九谷(続きを読む

2018年5月1日(火)

ツツジが見ごろを迎えます。

ゴールデンウィーク目前。彦三緑地(金沢市彦三町1丁目)ではツツジの見ごろを迎える時期です。 日(続きを読む

2018年4月25日(水)

梅林がにぎやかに

  兼六園の梅が、続々と色づいています。 例年、見ごろを迎えるのは3月中旬以降(続きを読む

2018年3月14日(水)

雪の西養寺

いやー、振りましたね~。今年は記録的な大雪で、雪すかしをやってもやっても終わりが見えませんでしたが、(続きを読む

2018年2月14日(水)

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2021 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori