観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、 座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。

雪吊り

2016年10月25日(火) | テーマ/観光

ここ数日で急激に寒くなってきました。冬の足音が聞こえてきましたが、これからの季節、とりわけ観光客の方に注目していただきたのが「雪吊り」。金沢観光PRのロゴにもデザインされている、この街が誇る美しき冬の風物詩です。

もともとは、木の枝を北陸地方特有の重い雪から守るために施されたものですが、実用的に優れているだけではありません。金沢は藩政時代から造園に関する関心が高く、見た目に美しく深い風情を感じさせてくれる「雪吊り」は、まさに職人さんたちの腕の見せどころ。その縄はピンと張って見えますが、実はゆるく張られているそうで、そうしたところにも高い美意識が感じられます。

この「雪吊り」、11月頃から街のいたるところで見られるようになりますが、その真髄を堪能するなら、やはり『兼六園』へ。毎年11月1日から12月中旬頃まで、合計800ヵ所以上もの雪吊りを、重機などを入れず、最高15メートルにもなる芯柱に登ってすべて手作業で行う姿は圧巻。その技術は「兼六園方式」と呼ばれ、全国の庭師が学びに来るほどだそうです。

百聞は一見にしかず。期間限定でライトアップも行われており、その幻想的な美しさは他に類を見ません。

個人的にはこの「雪吊り」と、やっぱり魚が美味しいということで、金沢を旅するなら冬こそ最高! と思っています。

写真提供:石川県観光連盟

兼六園
http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

今年もシーズン到来、北陸の紅葉スポット18選。

四季それぞれに美しい風景を楽しめる日本。春の桜と同じくらい華やかなのが秋の紅葉です。一斉に開花して辺(続きを読む

2021年10月8日(金)

温泉、景観、美食でおもてなし。新たな魅力が加わった「海のリゾート・和倉温泉」に注目。

石川県を代表する温泉地として、県内はもちろん全国でも高い知名度を誇る「和倉温泉」。温泉街周辺は、足湯(続きを読む

2021年3月29日(月)

まさに花見の特等席! 建築家 隈研吾氏が設計した『茶屋 見城亭』に注目。

1913(大正2)年、兼六園の桂坂口近く、百間堀を挟んで金沢城・石川門を臨む場所に『見城亭』は誕生し(続きを読む

2021年3月26日(金)

金沢で最も大きな茶屋建築『懐華摟』が、撮影スポットとして話題に。

築200年、金沢で最も大きな茶屋建築の『懐華摟』。その中は、鮮やかな朱塗りの階段をはじめ、豪華絢爛な(続きを読む

2021年3月26日(金)

金沢といえば加賀宝生! 全国から女性能楽師が集まって金沢で公演 幽玄な舞台「杜若」を鑑賞しました!(動画あり)

11月に石川県立能楽堂で開催された「女性能楽師による能楽公演事業 第二回 能における節供と花々」(沢(続きを読む

2019年12月27日(金)

キモノでおでかけ金沢さんぽ 竹久夢二スペシャルイベント 当日レポート

絵画、デザイン、詩など様々な分野で活躍したマルチアーティスト竹久夢二(1884-1934)。その夢二(続きを読む

2019年11月7日(木)

【10本の特集を公開】魚介/寿司/海鮮丼/のどぐろ/名物料理など

「金沢日和」では大型連休のシーズンに向けて、10本の特集を公開しました。行楽シーズンのお出かけにご活(続きを読む

2019年4月19日(金)

九谷焼の自動販売機が「九谷茶碗まつり」に初登場

日本全国から約19万人の来場者が訪れるという「九谷茶碗まつり」。その人気のイベントに、今年始めて九谷(続きを読む

2018年5月1日(火)

ツツジが見ごろを迎えます。

ゴールデンウィーク目前。彦三緑地(金沢市彦三町1丁目)ではツツジの見ごろを迎える時期です。 日(続きを読む

2018年4月25日(水)

梅林がにぎやかに

  兼六園の梅が、続々と色づいています。 例年、見ごろを迎えるのは3月中旬以降(続きを読む

2018年3月14日(水)

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2021 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori