観光情報サイト 金沢日和

金沢観光/グルメ/イベント|地元編集者のとっておき情報

石川や金沢、加賀、能登のおすすめ情報を地元編集者が地元のトピックスを中心に、へぇ、そうだったのか、とか、これは役にたつ!などの情報をお届けします。

【加賀百万石回遊ルート①伝統編】豪華絢爛‼ 能楽や金沢漆器、九谷焼など加賀百万石の伝統を堪能しよう。

2022年3月24日(木) | テーマ/観光

【伝統編】の紹介施設 上段:金沢能楽美術館、中段:能作、下段:九谷諸江屋


金沢の新たな観光名所として、2020年7月に尾山神社と金沢城公園を繋ぐ「鼠多門(ねずみたもん)」と「鼠多門橋」が復元整備されました。それに伴い、金沢の歴史や伝統文化などを堪能できる新たな観光エリア「加賀百万石回遊ルート」を制定。エリア内の様々な観光・文化施設をできるだけ多く、お得に巡りたい人におすすめなのが「SAMURAI PASSPORT」です。
とはいえ、数ある対象施設の中でどこから巡れば良いやら・・・という方に向けて、公式サイトでは”伝統・茶道・歴史・工芸・庭園”と5つの周遊コースが紹介されています。各スポットの学芸員や代表者がテーマに合わせた見学ポイントや、知られざる歴史のこぼれ話なんかを語っていて、訪れたくなること間違いなしです。

今回はその中から”伝統”コースをご紹介。江戸時代にこの地を治めた前田家は最大の外様大名としていつ取潰しに合ってもおかしくない立場だったそう。そこで、能楽や茶の湯などの文化的な物へ多額の投資をして、徳川家への敵対心がないことを猛アピール。結果、文化人や優秀な職人が多く招かれ、庶民の間にも浸透、百万石特有の煌びやかな伝統文化が形成されたそうです。
本コースは金沢の能楽や金沢漆器、能登の輪島塗、加賀の九谷焼や山中漆器といった石川県を代表する伝統芸能や伝統工芸の魅力を、いずれも街中の徒歩圏内の施設で体感できるのが魅力。まさに職人技の結晶ともいえる美しい展示品の数々に、たっぷり酔いしれてみては。

伝統コースの紹介ページはこちら!


■『加賀百万石回遊ルート』とは?
⇒ 長町武家屋敷跡から尾山神社、金沢城公園、兼六園、本多の森公園へと続く観光ルート。金沢の歴史や文化、伝統などを重層的に堪能できる。
■「SAMURAI PASSPORT」とは?
⇒「加賀百万石回避ルート」にある対象の文化施設12施設に1,000円で2日間何度でも入場でき、4施設で優待割引が受けられるお得なパスポート。周辺商店街の一部店舗で提示すると、グッズのプレゼントや割引サービスなどの特典が受けられる。


■石川県の観光情報はこちら!
ほっと石川旅ねっとHP
ほっと石川旅ねっと公式Facebook
ほっと石川旅ねっと公式Instagram
ほっと石川旅ねっと公式Twitter

【金沢インバウンド通信】訪日富裕層におすすめ! 石川県内観光の優雅な移動手段「金沢ハイヤー」。

「金沢を探り、金沢を愉しむ」をモットーに、とっておき情報をお届けしている当サイト。金沢の情報をさらに(続きを読む

2023年11月30日(木)

【防災】タイムリーで正確な情報を手に入れる。「石川県防災ポータル」で「知っててよかった」を実感しよう。

「金沢を探り、金沢を愉しむ」をモットーに、とっておき情報をお届けしている当サイト。今回はちょっと違っ(続きを読む

2023年11月22日(水)

【金沢インバウンド通信】石川県の魅力を台湾・香港・英語圏に発信! 海外向けSNS「Facebook」はじめました☆

「金沢を探り、金沢を愉しむ」をモットーに、とっておき情報をお届けしている当サイト。金沢の情報をさらに(続きを読む

2023年11月21日(火)

【地元の人気インフルエンサー】撮影テクニックがよくわかる! 大人気カメラマンKANOさんが登場!

『金沢日和』では、「石川県の情報を発信しているインフルエンサーを知りたい」という声に応え、地元インフ(続きを読む

2023年11月8日(水)

【金沢インバウンド通信】石川県の魅力を中国に発信! 金沢日和の海外向けSNS「小紅書(RED)」はじめました☆

「金沢を探り、金沢を愉しむ」をモットーに、とっておき情報をお届けしている当サイト。金沢の情報をさらに(続きを読む

2023年11月6日(月)

KOGEI Art Fair Kanazawa2023×国立工芸館 体験型プレミアムイベント ~「KOGEI」の伝統と現代を体感する~

「KOGEI Art Fair Kanazawa」は、2017年から石川県金沢市で実施されている工芸(続きを読む

2023年10月27日(金)

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori