観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 金沢・加賀・能登観光に役立つイベント最新情報

金沢を中心に加賀、能登をはじめ富山県・福井県のイベント、コンサート、ライブ、展覧会情報を集めました。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。
開催中

瑞々しい完熟梨が食べ放題! 今年も『梨園よねくら』の梨狩りが好評開園中。

瑞々しい完熟梨が食べ放題!  今年も『梨園よねくら』の梨狩りが好評開園中。

福井で毎年人気の秋の味覚狩り。完熟の梨をとことん満喫しよう。

これから本格的な収穫時期を迎える秋の味覚・梨。北陸でも有数の梨の産地である福井県あわら市の『梨園よねくら』では、2021年8月15日(日)から待望の梨狩りがスタートする。同園では熟すまで管理をしっかり行っている「幸水」や「豊水」など、有機質たっぷりの土壌で丹精込めて育てられた完熟の梨を食べ放題で楽しめる。

今年は記録的な開花速度だという、ジューシーで強い甘味が人気の「幸水」を皮切りに、8月末からは甘味と酸味のバランスがが良い「豊水」、9月中旬以降からは「ゴールド二十世紀」、「南水」、「新高」が味わえる予定で、9月下旬まで旬の品種の完熟梨を堪能できる。収穫仕立ての梨は皮をむいた途端に、果汁が溢れ出て滴り落ちるほど。シャリシャリと瑞々しい食感の完熟梨に毎年多くの人が魅了されている。なお、同園では子供から高齢者、車いす等の方にも安心して楽しんでもらいたいと屋根付き常設休憩所を設置。友人やファミリーはもちろん、グループや団体での利用も可能な上、イベントや旅行ツアーなどでの利用も可能なので、気軽に問い合わせてみよう。

開催期間
[開催中]2021年8月15日(日)~9月30日(月)予定
開催時間
9:00~17:00
休日
会期中無休  ※荒天休園
料金
大人(中学生以上)1,000円、小人(小学生以上)600円、幼児400円
※団体料金は要問合せ
詳細・備考
●梨狩り・食べ放題
園での梨狩り当日は食べ放題。※食べ切れずに持ち帰る場合は、別途時価料金。小雨でも梨狩り可。(梨園にて収穫後、屋根付きの休憩所で食べることができる)
美味しい梨の見分け方や採り方のほか、果物類を美味しく食べる豆知識も教えてくれる。

●手ぶらで参加可能
敷物、くだものナイフ、収穫かご、手洗い、トイレ等があるので、特に準備の必要がなく参加できる。

●梨の直売も実施
お徳用の1,000円袋や量り売りもあり。贈答用や配送用の5kg・10kgの箱入りも販売。宅配も可。

アクセス/北陸自動車道 金津インターより車で約15分。
開催場所
梨園よねくら(福井県あわら市波松68−98)
公式サイト
「梨園よねくら」のサイトへ
問い合わせ先
梨園よねくら
TEL/0776-79-1874 (梨園はこちら)
TEL/0776-77-2589 (団体予約申込・宅配)
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。

現在開催中・実施中のイベント

北陸工芸の祭典「GO FOR KOGEI 2021」

「工芸の時代、新しい日常」をテーマに2つの大型特別展を5会場で同時開催。

[工芸展石川県・富山県・福井県]

2021年9月10日(金)~10月24日(日) ※スタンプラリーやオンライン工房見学は11/28まで石川県、富山県、福井県

野々市マイホームフェス 2021AUTUMN

最新の木の家16棟が「野々市カレッジ富陽」に集結。

[住宅展野々市市]

2021年9月18日(土)・19日(日)・20日(月・祝)、23日(木・祝)、25日(土)・26日(日)野々市カレッジタウン富陽

『香林坊大和』B1階に秋の栗スイーツが勢揃い。

開店35周年を迎える『香林坊大和』で、お得なイベントを開催中。

[金沢市]

2021年9月17日(金)〜9月23日(木・祝)香林坊大和B1階

『東井栗園』

能登穴水で、太陽と大地の栄養をたっぷり吸収した完熟の栗を拾おう。

[栗拾い穴水町]

2021年9月13日(月)~ 10月中旬東井栗園

『ArtShop月映』で多彩な作風に注目が集まる鋳金作家・上田剛の作品展を開催。

硬質な物質が変容し生まれた美しさが語り掛けるものは

[]

2021年9月1日㈬~2021年9月26日㈰Art shop月映

ファッションビル 【9/11~26】「アトリオアニバーサリー」開催

35周年を記念して、旅行券や「アトリオお買物券」が抽選で当たるアニバーサリーフェアを開催!

[フェア金沢市]

2021年9月11日(土)~26日(日)香林坊アトリオ

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2021 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori