観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 金沢・加賀・能登観光に役立つイベント最新情報

金沢を中心に加賀、能登をはじめ富山県・福井県のイベント、コンサート、ライブ、展覧会情報を集めました。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。
開催終了

『東井栗園』(とういくりえん)

『東井栗園』

能登穴水で、太陽と大地の栄養をたっぷり吸収した完熟の栗を拾おう。

輪島市や珠洲市、穴水町、能登町で栽培されている「能登栗」。もともと海だった能登の土壌は、海のミネラルをたっぷり含んでおり、能登沖で暖流と寒流が合流する影響で生じる昼夜の寒暖差が、栗の実を豊かに育てるという。

穴水町の二子山麓にある『東井栗園(とういくりえん)』は3haもの広大な観光栗園。土壌は大半が赤土で、水持ちがよい上、鉄分やカルシウムを豊富に含んでいる。また、「能登の太陽と大地の栄養をたっぷり吸収した栗を食べてもらいたい」という想いから、6カ月もの間、施肥や草刈などで丹精込めて栗の木の成長を促し、できるだけ低農薬で栽培。園内にはバランスのとれた甘味と香りの「丹沢」(9月5日頃~)、ほどほどに甘みがあり、品質にも優れた「伊吹」(9月中旬頃~)、香りや甘みが共に良く、実も大きい「筑波」(9月下旬頃~)、強い甘みが特徴の「石鎚」(10月上旬頃~)の4品種が植えられており、いつ訪れても良質な能登栗を拾えるのだ。

ちなみに、身がイガから外れ、地面に落ちている栗は熟していて美味しい証拠。木になっている栗は落とさず、熟して落ちているぷくぷくの栗を拾って購入しよう。

開催期間
[開催終了]2021年9月13日(月)~ 10月中旬
開催時間
10:00~14:00(栗がなくなり次第終了)
※開園状況は来園前にホームページにてご確認ください。
料金
入園無料
栗価格:1,300円/kg
※大人一人につき1キロ以上のご購入をお願いします。
詳細・備考
駐車場:有(無料) ※15台まで
トイレ:無 ※来園前におすませください。

一度入園した後は時間制限はありません。
閉園まで思いっきり栗拾いを楽しんでいってください。

【来園時におすすめな持ちもの】
長靴もしくはスニーカー、長袖長ズボン、帽子、軍手
バケツ、トング(園内貸出がございますが数に限りがあります)
開催場所
東井栗園(石川県鳳珠郡穴水町山中地内)
公式サイト
「『東井栗園』」のサイトへ
問い合わせ先
東井栗園
TEL/0768-58-1003
https://www.instagram.com/touikurien_noto/
能登有料道路穴水ICより約15分、能登ワイン工場より約3分
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。

現在開催中・実施中のイベント

かがのと湯めぐりスタンプラリー

あなたも湯めぐりマイスターに。石川県内の銭湯を楽しく巡ろう!

[スタンプラリー石川県]

開催中

【8/15(月)まで】ポップアップショップ『氷菓子りつか UCHINADA BEACH』が登場。

夏季限定で内灘に出店。見た目や味だけでなくいろんな仕掛けを盛り込んだ遊び心に溢れた一皿を堪能できる。

[ポップアップ内灘]

2022年7月15日(金)~8月15日(月)氷菓子りつか UCHINADA BEACH

〜憧れの欧米への旅〜 【好評開催中】石川県立美術館にて『竹久夢二展』開催。

竹久夢二 憧れの異国へー。約半世紀ぶり!? 幻のスケッチを特別公開!

[美術展金沢市出羽町]

2022年8月6日(土)〜9月4日(日)石川県立美術館

【4/2〜9/17】和倉温泉に泊まって青林寺スペシャルライトアップ

話題のSNS映えスポットで、思い出に残る撮影を楽しもう。

[ライトアップ]動画あり

2022年4月2日(土)〜9月17日(土) ※毎月第1・3土曜青林寺

初回割引&次回予約5,000円OFF!金沢サロン初導入記念「WINBACK」夏のボディキャンペーン。

今年の夏は隠さず魅せる! 「WINBACK(ウィンバック)」が受けられる唯一のサロンで本気で美しいボディラインを。  

[キャンペーン金沢市・野町]

2022年6月15日(水)〜9月30日(金)Ranun(ラナン)

【7/2(土)〜】「金沢芸妓 夏のお稽古風景特別体験会」を今年も実施。

金沢芸妓のお稽古を間近で見て、体験もできる貴重な機会に参加してみては。

[体験会金沢市]

2022年7月2日(土)~8月27日(土)

ショート動画

おすすめ情報

金沢日和への記事掲載・広告のお問い合わせはこちら

地元のインフルエンサー

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2022 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori