観光情報サイト 金沢日和

石川 金沢イベント2024 今チェックしたい情報【 金沢・加賀・能登】

石川県・金沢を中心にイベント、祭り、フェスティバル、ライトアップ、キャンペーン、アートイベントなど今チェックしておきたい話題の情報をピックアップ。加賀、能登をはじめ、石川県・富山県・福井県の情報はチェックですよ。

開催終了

【富山県】2022立山黒部 雪の大谷フェスティバル(ゆきのおおたに)

【富山県】2022立山黒部 雪の大谷フェスティバル
左/雪の大谷ウォーク、右上/パノラマロード、右中/雪壁の間を歩行できる、右下/雪のカレンダー。

眼前にそびえ立つ雪壁と、立山黒部の迫力の絶景を堪能しよう。

世界でも有数の豪雪地帯である立山室堂平。中でも、室堂付近にある「大谷」は吹きだまりになっているため特に積雪が多く、その深さは20mを超えることも。ここを通る道路を除雪してできる、高さ20m近くの巨大な雪の壁が「雪の大谷」だ。
2022年は4月15日から立山黒部アルペンルートが全線開通。それに合わせて6月下旬まで「立山黒部・雪の大谷フェスティバル」を開催する。雪壁の間を歩き、その迫力を体感できる「雪の大谷ウォーク」や、立山連峰を一望できる雪の上の遊歩道「パノラマロード」、など、雪解けが進むまでの5月上旬までの期間限定スポットやイベントが満載。そびえ立つ大迫力の雪壁や、雲上に広がる青空と白銀の雪景色のコントラストなど、春の立山黒部を代表する絶景を存分に満喫しよう。

開催期間
[開催終了]2022年4月15日(金)~6月25日(土)
開催時間
9:30~15:00
休日
期間中無休
料金
無料(会場までの運賃は別途)
詳細・備考
乗り物の運行状況やWEBきっぷの予約など、詳細は公式サイトをご確認ください。

※アルペンルートの立山駅〜扇沢間は、マイカーで入ることはできません。
富山側から入られる場合は、立山駅で駐車し、立山ケーブルカーにお乗りください。
開催場所
立山室堂平・立山有料道路、大観峰駅(富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂)
公式サイト
「2022立山黒部 雪の大谷フェスティバル」のサイトへ
問い合わせ先
立山黒部総合案内センター
TEL/076-481-1500
https://www.alpen-route.com/index.php
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。

現在開催中・実施中のイベント

『白山セイモアスキー場』 2023-2024シーズン 好評開催中!【PR】

滑り応え抜群の多彩な斜面が魅力!この冬もセイモアで遊び尽くそう。

[オープン石川県白山市]

開催中〜2024年3月中旬  ※オープン日は予定です。積雪状況により変更の可能性があります。詳細は公式サイトにて。セイモアスキー場

【販売中】『トゥール・モンド・シュシュ』にホワイトデーにおすすめのスイーツや春限定の商品が登場。

ロールケーキやバウムクーヘン、マカロン、焼菓子の詰め合わせまで。ホワイトデーや春のギフトにぴったりなスイーツに心が踊る。

[イベント金沢市・野々市市]

~3月31日(日)トゥール・モンド・シュシュ鞍月本店(石川県金沢市鞍月5-53)
トゥール・モンド・シュシュ野々市店

【石川・金沢】『金沢国際ホテル』にアフタヌーンティーセットが新登場

【1日25食限定】こだわりのスイーツやセイボリーでちょっと贅沢なひとときを。

[新メニュー金沢市]

2023年6月1日(木)~ダイニングレストラン クローバー

白山のパノラマを一望。『白山セイモアスキー場』 2023-2024シーズン いよいよスタート![PR]

アクティブ派ならやっぱり「セイモア」。真っ白な冬の世界を満喫しよう。

[オープン石川県白山市]

2023年12月23日(土)〜2024年3月中旬  ※オープン日は予定です。積雪状況により変更の可能性があります。詳細は公式サイトにて。セイモアスキー場

『Fusion21』で「苺とチョコのアフタヌーン」始まる。『海の食堂 BAY ARCE』は【2/16(金)〜】。

美術館の中というロケーションで、優雅に楽しむアフタヌーンのひとときを。

[アフタヌーンティー金沢市]

2024年2月6日(火)〜3月31日(日)Fusion21

ヤマダフォト100周年記念キャンペーン「家族写真とフォトフレームプレゼント」

幸せな瞬間が宝物になる「写真館での撮影」。家族の笑顔をフォトフレームにしてプレゼントするキャンペーン実施中。

[キャンペーン能美市]

2023年10月1日(日)〜3月31日(日)ヤマダフォト

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori