観光情報サイト 金沢日和

金沢観光/グルメ/イベント|地元編集者のとっておき情報

石川や金沢、加賀、能登のおすすめ情報を地元編集者が地元のトピックスを中心に、へぇ、そうだったのか、とか、これは役にたつ!などの情報をお届けします。

書家・井上有一

2015年12月10日(木) | テーマ/北陸のイベント

出展:『週刊朝日』1956年2月5日号

大きな和紙に、全身を躍動させて、力強く書かれた《貧》の一文字。それは、キレイとか、美しいという以前に、なにかもっと、生命のエネルギーのようなもの、人間が生きていくうえで肝に据えておかなければならない、そんな強烈なメッセージが、どんと迫ってくるような印象を受けました。

これは、書家・井上有一(1916~1985年)の作品を初めて観たときの感想。氏を知ったのは、糸井重里さんのコラムだったと記憶していますが、そんな氏の、生誕100年を記念した過去最大規模の回顧展が、新年1月2日(土)より3月21日(祝)まで『金沢21世紀美術館』で開催されます。

公式HPのプロフィールによると、氏は、その型破りな作風で「早くから国際美術展に迎えられながらも、職業芸術家となることを拒否し、生涯を小学校教師として過ごした」とのこと。また、師弟関係による習字の技術指導を拒絶し、元気に自由に書くのが良い、としたその感性や思想は、なぜ氏の作品が言語を超えて世界の人々を魅力するのかということを端的に表しているように思えます。

今回の展覧会では、初期の傑作として知られる《愚徹》をはじめ、自身の戦争体験を七言絶句で綴った《東京大空襲》、《母》《愛》《花》《貧》《心》などの一字書やその連作、《仏光国師偈》などの多文字書、コンテ・木炭・鉛筆を使った小型の書、漢字、ひらがな、カタカナなど、多彩な表現200点以上が展示されるとか。

近年、日本のみならず、改めて世界でその評価が高まっている、井上有一の作品。その全貌を捉えつつ、偉大な芸術家として、これまでにない新たな書をつくりだした氏の生き様に触れることのできる、貴重な機会をお見逃しなく。

ちなみに、私がいちばん楽しみにしているのは、絶筆《心》です。

金沢21世紀美術館 https://www.kanazawa21.jp/
井上有一 http://www.unac.co.jp/yu-ichi/gallery/

自然栽培の聖地・羽咋ならではのお茶「はとむぎ加賀棒茶」が『JAはくい』から発売

『JAはくい』では、2010年度からコメの転作作物として、宝達山のふもとではとむぎの栽培に取り組んで(続きを読む

2024年7月8日(月)

4000万個の星を映し出すプラネタリウムに癒される 能登町の天文施設『満天星』へ出かけよう

星空が美しいことで知られる、石川県の奥能登に位置する能登町。環境省が実施している夜空の明るさ調査で日(続きを読む

2024年7月5日(金)

6月29日(土)開催! 能登の伝統工芸、能登上布の魅力を感じられる『能登上布市』

上布(じょうふ)とは、上等な麻織物のこと。日本には五大上布があり、能登上布はその一つに数えられていま(続きを読む

2024年6月26日(水)

進学コンシェルジュ・小矢田先生の「オープンキャンパスナビ」|国際高等専門学校

(写真左から、国際高等専門学校のポーリン・ベアード教授、松下臣仁教授、ブランドン・ウォルファース講師(続きを読む

2024年6月19日(水)

「おにぎりの日」にちなんだ『中能登おにぎりまつり』が6月16日(日)に開催!

6月18日は「おにぎりの日」。みなさんご存知でしたか? しかも、それを制定したのは中能登町なんです。(続きを読む

2024年6月13日(木)

よもぎ万頭が看板商品! 季節を感じる多彩なお菓子が揃う『のと屋』

中能登町にある『のと屋』は、地域で愛されてきた隠れた名店の一つ。自家製餡を使った和菓子のほか、季節を(続きを読む

2024年5月1日(水)

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori