観光情報サイト 金沢日和

金沢観光/グルメ/イベント|地元編集者のとっておき情報

石川や金沢、加賀、能登のおすすめ情報を地元編集者が地元のトピックスを中心に、へぇ、そうだったのか、とか、これは役にたつ!などの情報をお届けします。

自然栽培の聖地・羽咋ならではのお茶「はとむぎ加賀棒茶」が『JAはくい』から発売

2024年7月8日(月) | テーマ/北陸のイベント

『JAはくい』では、2010年度からコメの転作作物として、宝達山のふもとではとむぎの栽培に取り組んできました。以前からこのはとむぎに興味を持っていたのが、宝達志水町にある老舗製茶店『油谷製茶』。県茶商工業協同組合の定める金沢の伝統的製法に基づいて上質な一番茶をこのお茶のために惜し気なく使い遠赤外線焙煎で浅煎りに仕上げ、製法を忠実に準拠し棒ほうじ茶を製造しており、そのお茶を「加賀棒茶」と銘打って販売することが許されている数少ない製茶舗の一つです。

『油谷製茶』の加賀棒茶に、地元で生産された有効成分の生きた丸ごと皮ごとのはとむぎをブレンドして生まれたのが「はとむぎ加賀棒茶」。これまで独自にはとむぎ商品を手がけてきた『JAはくい』が初めて地元の『油谷製茶』とコラボした新商品で、やさしいはとむぎの香ばしさと、すっきりとした加賀棒茶の爽やかさをともに生かしあう調合が特徴です。。

『JAはくい』では化学処理した農薬も肥料も使わない自然栽培の普及に10年以上も前から取り組んできました。確かに農薬や肥料の販売も事業の一つではありますが、一番大事なのは地元農家の助けになること。自然栽培を含めた多様な栽培方法を守り支えてきた結果、羽咋は自然栽培の聖地とよばれるまでになりました。今回生まれた「はとむぎ加賀棒茶」は、そんな『JAはくい』の足もとにある宝をもう一度しっかり見直し磨いてできた商品といえます。

能登半島地震を受け、全国からの応援の声に応えようと、発生5カ月の節目となる2024年6月1日に発売。県観光PRキャラクター「ひゃくまんさん」を手がけた田中聡美さんによるラベルデザインには、「ファイト・ノト!」の文字が添えられています。
相性抜群のはとむぎと加賀棒茶。季節を問わず飲みたくなるすっきりまろやかな味わいを楽しんでみてください。

Information
■JAはくい
住所/石川県羽咋市太田町と105番地
電話番号/0767-26-3339
営業時間/8:30~17:00(平日)
定休日/土・日曜、祝日
公式サイトはこちら

▶︎能登日和の公式サイトはこちら

4000万個の星を映し出すプラネタリウムに癒される 能登町の天文施設『満天星』へ出かけよう

星空が美しいことで知られる、石川県の奥能登に位置する能登町。環境省が実施している夜空の明るさ調査で日(続きを読む

2024年7月5日(金)

6月29日(土)開催! 能登の伝統工芸、能登上布の魅力を感じられる『能登上布市』

上布(じょうふ)とは、上等な麻織物のこと。日本には五大上布があり、能登上布はその一つに数えられていま(続きを読む

2024年6月26日(水)

進学コンシェルジュ・小矢田先生の「オープンキャンパスナビ」|国際高等専門学校

(写真左から、国際高等専門学校のポーリン・ベアード教授、松下臣仁教授、ブランドン・ウォルファース講師(続きを読む

2024年6月19日(水)

「おにぎりの日」にちなんだ『中能登おにぎりまつり』が6月16日(日)に開催!

6月18日は「おにぎりの日」。みなさんご存知でしたか? しかも、それを制定したのは中能登町なんです。(続きを読む

2024年6月13日(木)

よもぎ万頭が看板商品! 季節を感じる多彩なお菓子が揃う『のと屋』

中能登町にある『のと屋』は、地域で愛されてきた隠れた名店の一つ。自家製餡を使った和菓子のほか、季節を(続きを読む

2024年5月1日(水)

【4/28(日)】SAKEBEER NOTO 2024 やっぞ!まちビア輪島 開催

 能登に住む皆で「創造的復興」を考える場を作ろうと、輪島の中心街、輪島KABURET前通りにて「歩行(続きを読む

2024年4月19日(金)

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori