観光情報サイト 金沢日和

金沢観光/グルメ/イベント|地元編集者のとっておき情報

石川や金沢、加賀、能登のおすすめ情報を地元編集者が地元のトピックスを中心に、へぇ、そうだったのか、とか、これは役にたつ!などの情報をお届けします。

見てるだけ~、より、参加したほうが楽しいぞっと。

2017年4月25日(火) | テーマ/北陸のイベント

桜の季節が過ぎ、菜の花や藤などが見頃になる今日この頃。石川県で「祭り!」というと、夏から秋の能登のキリコや、金沢の「百万石まつり」がイメージされますが、春先から梅雨入り前のこの時期にも伝統のお祭りがたくさんあります。

七尾の「青柏祭」、美川の「おかえり祭り」、山代温泉の「菖蒲湯まつり」など。小松の「お旅まつり」もそうです。17世紀中ごろから続く祭りで、その中の見どころの一つでもある「曳山子供歌舞伎」は250年以上続く行事。今年は5月12日(金)~14日(日)に行われます。
加賀藩三代藩主の前田利常公が隠居した先が小松城だったのですが、このおかげで絹織物が奨励され、小松地区の大きな富をもたらしたそうです。京都の祇園祭や長浜の曳山祭を観たそれら絹商人が、『小松にも!』と思ったのでしょう。「お旅まつり」に奉納する形で始まったそうです。

って、「お旅まつりに奉納」ということは、元々別々のもの?

そう、「お旅まつり」そのものは、小松城下にあった菟橋神社と本折日吉神社の神輿をお城まで運び神事を行うというのが、はじまりなのだとか。神様が出向く、「旅する」わけだから「お旅まつり」なんですね。

祭りのクライマックスは、中日に8つの曳山が勢ぞろいする「曳山八基曳揃え」。夜にはライトアップもされ、とても幻想的です。でも実は、昼間に曳揃え会場に向かう曳山が、大勢の人によって向きを変え、運ばれていく姿も見ごたえがありますよ。

この曳山、一般の人でも曳き手として参加できるそうです。いまどきは、SNSにアップするために参加する方も多いのかもしれませんね。
町内の小さな神輿を担ぐ祭りもそうですが、観ているだけより、撮ってるだけよりも、参加するほうが祭りは楽しいものだと、、、あくまで個人の感想ですが。

写真は昨年の様子です。左側の曳山を大勢の人たちが一つになって曳いています。

>> お旅まつり(金沢日和イベント)
>> お旅まつり 曳山行列 曳手大募集について

自然栽培の聖地・羽咋ならではのお茶「はとむぎ加賀棒茶」が『JAはくい』から発売

『JAはくい』では、2010年度からコメの転作作物として、宝達山のふもとではとむぎの栽培に取り組んで(続きを読む

2024年7月8日(月)

4000万個の星を映し出すプラネタリウムに癒される 能登町の天文施設『満天星』へ出かけよう

星空が美しいことで知られる、石川県の奥能登に位置する能登町。環境省が実施している夜空の明るさ調査で日(続きを読む

2024年7月5日(金)

6月29日(土)開催! 能登の伝統工芸、能登上布の魅力を感じられる『能登上布市』

上布(じょうふ)とは、上等な麻織物のこと。日本には五大上布があり、能登上布はその一つに数えられていま(続きを読む

2024年6月26日(水)

進学コンシェルジュ・小矢田先生の「オープンキャンパスナビ」|国際高等専門学校

(写真左から、国際高等専門学校のポーリン・ベアード教授、松下臣仁教授、ブランドン・ウォルファース講師(続きを読む

2024年6月19日(水)

「おにぎりの日」にちなんだ『中能登おにぎりまつり』が6月16日(日)に開催!

6月18日は「おにぎりの日」。みなさんご存知でしたか? しかも、それを制定したのは中能登町なんです。(続きを読む

2024年6月13日(木)

よもぎ万頭が看板商品! 季節を感じる多彩なお菓子が揃う『のと屋』

中能登町にある『のと屋』は、地域で愛されてきた隠れた名店の一つ。自家製餡を使った和菓子のほか、季節を(続きを読む

2024年5月1日(水)

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori