観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 金沢・加賀・能登観光に役立つイベント最新情報

金沢を中心に加賀、能登をはじめ富山県・福井県のイベント、コンサート、ライブ、展覧会情報を集めました。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。
開催終了

第30回木場潟公園花菖蒲まつり

第30回 木場潟公園花菖蒲まつり

花菖蒲のいろいろな色合いを楽しもう。

花菖蒲は6月が見頃の花で、たくさんの品種があり、さまざまな色合いを楽しむことができる。
石川県小松市の木場潟公園ではこの時期約5万株の花菖蒲が咲き、公園内の新緑とともに楽しむことができる。その木場潟公園の「南園地」で2019年6月9日(日)に「木場潟公園花菖蒲まつり」が開催される。当日はウオーキング大会や、花菖蒲にまつわる講習、こまつ姫御前の撮影会、ヨシをつかった工作教室が予定されている。

開催期間
[開催終了]2019年6月9日(日)
開催時間
8:00~13:00
料金
無料
詳細・備考
■木場潟公園花菖蒲まつりウオーキング大会
(共催:小松ウオーキング協会)
受付8:00~
開会式9:00~
スタート9:20~
集合場所/木場潟公園 南園地(ボートハウス前)
コース/
◇11km(道の駅コース)、
◇6.4km(木場潟1周コース)
◇4km(南園地⇔西園地)

■花菖蒲講習会
10:00~12:00
受付9:30~
講習10:00~12:00
場所/木場潟公園 南園地(ボートハウス内及び菖蒲園)
内容/座学及び実技
講師/日本花菖蒲協会 上田 哲男氏
定員/30名

■こまつ姫御前撮影会 ※雨天中止
10:00~12:00
場所/木場潟公園 南園地(花菖蒲園)
内容/花菖蒲とこまつ姫御前の撮影会

■ヨシ工作教室
受付9:00~
教室10:00~12:00
場所/木場潟公園 南園地(花菖蒲園)
内容/ブーブー風船、ヨシペン作り
講師/木場潟再生プロジェクト
定員/30名

【関連イベント】
■小松木工クラブ作品展
(共催:小松木工クラブ)
日時/2019年6月7日(金)~18日(火)8:30~17:00
場所/木場潟公園 中央園地(メダカハウス内)
内容/クラブ会員の作品展

【木場潟公園の有料施設】
[貸自転車]こども無料、大人200円(1.5時間)
[貸ボート]310円(20分)
[北陸最大級木場潟公園ドッグラン]ビジター500円、年間会員 新規2,500円/更新2,000円
[温水シャワー]100円
[パークゴルフ](18H)利用料大人300円、こども100円
※用具一式100円

⇒「木場潟公園」について
開催場所
木場潟公園 南園地(石川県小松市木場町)
問い合わせ先
公益財団法人木場潟公園協会
TEL/0761-43-3106
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。

現在開催中・実施中のイベント

ちょっぴり贅沢なハレ菓子が並ぶ『香林坊大和』の「ウィークリースイーツコーナー」に注目。

5月も金沢の人気スイーツや、全国的に話題の映え菓子、老舗菓子店の銘菓など、毎週見逃せないラインナップ。

[催事香林坊大和 B1階]

2021年5月5日(水・祝)~ 5月31日(月)香林坊大和

Gotit Gotit Cafe+

4周年祭開催中。映える「パステルキューブゼリー」から「バブルワッフル」、カラフル「クリームソーダ」ほか流行りメニューが勢揃い。

[周年祭金沢市]

4月23日~5月下旬※終了時期はサイトなどでご確認くださいガリガリカフェ+

イラストレーター活動の軌跡を一挙公開する「中村佑介展」

稀代の人気イラストレーター中村佑介のほぼすべての作品を展示。懐かしくも新しい作品世界に浸りたい。

[]

2021 年 4 月 29 日(木・祝)~ 5 日 29 日(土) ※会期中無休金沢 21 世紀美術館 市民ギャラリー B (B1F)

『ArtShop月映』で漆作家の鵜飼康平展を開催。

今こそ感じたい、木と漆と人の手が生み出す圧倒的なエネルギー。

[展覧会金沢市]

2021年5月1日(土)~5月28日(金)月映

国立工芸館石川移転開館記念展Ⅲ 近代工芸と茶の湯のうつわ-四季のしつらい-

人間国宝らが生み出した”茶の湯のうつわ”を紹介する。

[]

2021年4月29日(木・祝)~7月4日(日)国立工芸館

鶴仙渓 川床

北陸随一の渓谷美を誇る鶴仙渓の川床が今年もオープン。

[川床山中温泉]

2021年4月1日(木)~ 11月30日(火)山中温泉 あやとりはし袂不動滝そば

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2021 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori