観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 金沢・加賀・能登観光に役立つイベント最新情報

金沢を中心に加賀、能登をはじめ富山県・福井県のイベント、コンサート、ライブ、展覧会情報を集めました。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。
開催終了

芳年 激動の時代を生きた 鬼才浮世絵師 展

芳年 激動の時代を生きた 鬼才浮世絵師 展
《魁題百撰相 駒木根八兵衛》明治元年(1868)

近代浮世絵の巨擘・芳年が福井に。

生首、血しぶき、死に顔、鮮血のオンパレード。残虐と怪奇、猟奇に満ち、「無惨絵」「残酷絵」などと称されるジャンルを切り拓いた月岡芳年は、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師だ。12歳で武者絵の名手・歌川国芳に入門し頭角を現す。凄惨な画風で名をはせ、「血みどろ芳年」とも呼ばれたが、精緻な歴史絵・華麗な美人画・端正な役者絵など、その画風は幅広い。『福井市美術館』で開催される本展では、芳年の最初期の作品や武者絵、美人画など約200点の作品を紹介する。躍動感と緻密さのリズムを、直接鑑賞できる貴重なチャンスだ。

■月岡芳年(つきおかよしとし)<1839年~1892年>
歌川国芳の門下で腕を磨き、河鍋暁斎とは兄弟弟子の関係。作家の江戸川乱歩や三島由紀夫なども高く評価している。

開催期間
[開催終了]2020年2月22日(土)~3月29日(日)
開催時間
9:00~17:15(最終入場16:45)※ただし2月22日(土)は10:00より開場
休日
2月25日(火)、3月2日(月)、9日(月)、16日(月)、23日(月)
料金
一般1,000円、大・高生800円、中・小生500円
詳細・備考
■対談会「浮世絵や月岡芳年について」
日時/2月29日(土)14:00~
会場/福井市美術館 3階 講堂
料金/聴講無料

■作品解説会
日時/3月1日(日)、15日(日)、22日(日)14:00~(いずれも約30分)
会場/福井市美術館 3階 講堂
料金/聴講無料

■アトリエチャレンジ ※土日は(1)(2)のどちらかを選択。
(1)「芳年の妖怪ぬり絵」
(2)「カラー版画制作を体験」
日時/(1)本展の会期中 9:00~16:45 (2)土日祝のみ 10:00~16:45
会場/福井市美術館 1階 子どもアトリエ
料金/参加費100円 ※本展観覧券をお持ちの方は1回に限り無料

■オープンアトリエ「子ども美術館」 ※事前申込不要
日時/3月21日(土)10:00~15:30 中止
料金/参加費無料 ※当日の本展観覧券が必要
共催/福井大学アートマネジメント講座
開催場所
福井市美術館[アートラボふくい](福井県福井市下馬3-1111)
公式サイト
「福井市美術館 」のサイトへ
問い合わせ先
福井市美術館
TEL/0776-33-2990
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。

現在開催中・実施中のイベント

岡本病院監修 メディカルエステサロン 7月、8月メディカルエステサロンの本格的な毛穴ケアキャンペーン開催中。

お肌のダイソン「ハイドラフェイシャル」でこの夏、毛穴の徹底ケア。期間中なら何度でも使用できるお得なキャンペーン中。

[キャンペーン金沢市]

2021年7月1日〜8月31日アクティブエイジング

「金沢芸妓 夏のお稽古風景特別体験会」好評実施中。

金沢芸妓のお稽古を間近で見られる貴重な機会に参加してみては。

[金沢市]

2021年7月3日~8月21日

鶴仙渓 川床

北陸随一の渓谷美を誇る鶴仙渓の川床が今年もオープン。

[川床山中温泉]

2021年4月1日(木)~ 11月30日(火)山中温泉 あやとりはし袂不動滝そば

はしもとみお 動物彫刻展

本物以上に愛らしい、生き物の命そのものを模った彫刻が集結。

[彫刻展しいのき迎賓館 ギャラリーA・B]

2021年7月15日(木)~ 8月15日(日)しいのき迎賓館

特別企画展 自動車博物館で開催。名車同士の「ライバル対決!」

時代を彩った名車が揃い踏み。ライバル関係にある2台が対決。

[]

2021年4月16日(金)~2022年3月13(日)自動車博物館

香林坊大和×クラモト氷業×金沢日和 特別コラボイベント まいにち、かきごおり

金沢近郊の人気店が毎週、香林坊大和に出店! 夢のかき氷イベント。

[催事金沢市]

2021年7月22日(木)〜 8月30日(月)香林坊大和 B1階 エレベーター横特設会場

ランキング

おすすめ情報

nicottolab

地元のインスタグラマー

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2021 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori