観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 【イベント】石川県の観光・旅行に役立つ最新情報2022

金沢を中心に加賀、能登をはじめ富山県・福井県のイベント、コンサート、ライブ、展覧会情報を集めました。

開催終了

【8/27(土)〜28(日)】『金沢三菱 金沢西店』で「EVにちなんだガラポン抽選会」を開催。

【8/27(土)〜28(日)】『金沢三菱 金沢西店』で「EVにちなんだガラポン抽選会」を開催。
上/アウトランダーPHEV、左/金沢西店、右/eKクロスEV

買い替える人が続々! 話題の電気自動車に注目。 

ガソリン価格が高止まりを続ける今、車が生活に欠かせない北陸住まいの我々が気になるのがEV(電気自動車)だ。「自宅にEV専用充電器を付けた」「ガソリン代と比べて、“電費“が思った以上に安い」など、購入した方の生の声をチラホラ耳にするように。
しかも、EVやPHEV(プラグインハイブリットカー)の購入に際して国から55万円、県から10万円の補助金が下りる(※補助金は予算額に達し次第終了)。環境に優しく、コスパが良く、補助金が出るとくれば、乗り換えを検討する人はますます多くなりそうだ。

三菱自動車は2009年に世界初の量産型EVを発売。「EV=車体が高い」というイメージがあるが、2022年5月に登場した三菱の「eKクロスEV」はコスパ抜群の軽のEV。ボタンひとつでバック駐車や縦列駐車をスムーズにアシストしてくれる機能も嬉しい。また、航続可能距離が長く、充電場所を気にせず遠出を楽しめる、三菱の「アウトランダーPHEV」は、昨年10月末の先行注文開始からたった1ヶ月で目標の7倍を超える受注をするほど、注目度と人気の高い車種なのだ。

実際に試乗して、EVやPHEVの良さを体感したいなら『金沢三菱 金沢西店』へ。同店では8月27日・28日の二日間、「EVにちなんだガラポン抽選会」を実施。車内で電気製品が使えるACコンバーターや、モバイルバッテリー、乾電池のいずれかがプレゼントされる。
業界全体で半導体の影響から納車までの時間がかかるため、購入予定のある方は早めに来店しよう。

開催期間
[開催終了]2022年8月27日(土)〜8月28日(日)
開催時間
9:30〜18:00(サービス受付17:30まで)
詳細・備考
■EVにちなんだガラポン抽選会 ※ハズレなし
対象者:イベント期間中に来店された方
【賞品】 
1等:車内で電気製品が使えるACコンバーター
2等:モバイルバッテリー
3等:乾電池

■国の補助金に関しての詳細はこちら
開催場所
金沢三菱自動車販売株式会社 金沢西店(石川県金沢市松島3丁目14−1)
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。

現在開催中・実施中のイベント

【9/21(水)〜30(金)】「OKTOBER FEST IN BREMEN(ブレーメン)」開催!

世界一のビールの祭典といわれる「オクトーバーフェスト」のミニイベント。ドイツビールとパンの最強コラボを楽しもう。

[イベント金沢市]

2022年9月21日(水)〜30日(金)BREMEN

【9/23(金祝)〜25(日)、10/1(土)、2(日)】金沢瑞樹 家族の住みごこち鑑賞会

街と人に優しい人気の「瑞樹団地」で、「住みごこちのよい」住宅を見つけよう!

[内覧会金沢市]

2022年9/23(金祝)〜25(日)、10/1(土)、2(日)金沢市瑞樹団地内

【応募締切は2/28(月)まで】いしかわ観光創造塾 第6期受講生募集中!

アフターコロナの観光を拓く、地域の観光人材を育成。

[]

受講時期:2022年4月〜11月下旬を予定

【参加飲食店募集!!】令和4年度『いっぱい食べよう!いしかわのお米キャンペーン』

石川県産米を使ったメニューを提供している飲食店の参加を募集中。

[参加店募集石川県]

2022年7月22日(金)〜2023年1月31日(火)

次世代現代Artist 22名の競演 【9/3(土)〜10/30(日)】Post Imagine 『ASTER』

北陸最大級規模ギャラリー「ASTER」が始動。次世代現代ARTの今を切り取り、「アートを観る」から「アートと暮らす」へ。

[]

2022年9月3日(土)〜10月30日(日)ASTER

【9/3(土)〜11/6(日)】石川県能登島ガラス美術館「カットガラス展」同時開催「生々流転」

[展示会能登]

2022年9月3日(土) ~ 11月6日(日)石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)

おすすめ情報

金沢日和への記事掲載・広告のお問い合わせはこちら

地元のインフルエンサー

インフルエンサー一覧 ≫

地元の観光サイト

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2022 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori