観光情報サイト 金沢日和

石川 金沢イベント2024 今チェックしたい情報【金沢・加賀・能登】

石川県・金沢を中心にイベント、祭り、フェスティバル、ライトアップ、キャンペーン、アートイベントなど今チェックしておきたい話題の情報をピックアップ。加賀、能登をはじめ、石川県・富山県・福井県の情報はチェックですよ。

開催終了

【10/1(土)〜23(日)】『Art Shop月映』百瀬玲亜「結実の記憶」

【10/1(土)〜23(日)】『Art Shop月映』百瀬玲亜「結実の記憶」

漆の艶や肌触りなどの質感を活かし草花の力強さと移ろう儚さを表現。

暮らしの中にアートを取り入れ「作品の世界観と空間や時が重なることから生まれる豊かさを届けたい」との思いで、金沢にゆかりのある若手作家による工芸作品を紹介する『Art Shop月映』。

10月の企画展は、漆作家百瀬さんの作品展「結実の記憶」。百瀬さんは金沢美術工芸大学工芸科卒業、金沢を中心に制作活動を続ける漆作家。漆が持つ深い艶や肌触りなどの質感を活かし、草花の力強さと移ろう儚さを慈しむように作品を制作している。その作品からは、ただ黙って成長して花を咲かせていく植物に対する親しみや敬意が伝わってくるようだ。「作品の赤色からは紅葉の景色を、金色の作品からは太陽の光を、黒い漆の色からは樹々の力強さを感じる」とはオーナーの宮永さん。花一輪が空間に潤いを与えるように、百瀬さんの作品もまたインテリアに彩りを添える。月映での作品展は2回目で、今回はすべて「壁を彩る作品」となり、ギャラリーの壁面を活かしての展示となる。興味深い試みにも注目したい。

期間
[開催終了]2022年10月1日(土)〜10月23日(日)
時間
10:00〜18:00(最終日は16:00まで)
作家在廊日:10月1日(土)/ 16日(日)

休日
月曜、火曜
詳細・備考
作家プロフィール
1987年 長野県にて生まれる
2011年 金沢美術工芸大学 工芸科 卒業
2013年 金沢美術工芸大学 大学院美術工芸研究科修士課程 修了

賞歴
2011年 日本漆工協会漆工奨励賞受賞
2011年 第67回金沢市工芸展 金沢市工芸協会会長賞受賞
2015年 第71回金沢市工芸展 世界工芸都市宣言記念賞受賞
場所
Art shop月映(金沢市安江町18-10 )
問い合わせ先
Art shop月映
TEL/076‐256‐5371
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。

現在開催中・実施中のイベント

ANAクラウンプラザホテル金沢「アフタヌーンティーセット ふしぎないちごの森 ~春うらら~」

【3月1日(金)〜5月6日(月・休)】春らしいスイーツの装いを楽しめる可愛らしいラインナップ。

[イベント金沢市]

2024年3月1日(金)〜5月6日(月・休)カスケイド ラウンジ

【4/3(水)〜17(水)】『Disney THE MARKET』ショッピング・イベントが『香林坊大和』に期間限定開催。

ディズニーの「今」を届ける最大級のショッピング・イベント!時代を超えて愛されるディズニーの奥深い世界へ。

[ショッピング・イベント金沢市]

2024年4月3日(水)〜2024年4月17日(水)香林坊大和8階ホール

イタリアン 【母の日ギフト&ディナー】『Ristorante SUGIYAMA』に母の日おすすめコース&今年は『いなば生花店』の真鍮リースとスイーツをセットにした特別ギフトが登場。

偶然の再会から『いなば生花店』と特別コラボが実現。今年ならではの母の日ギフトを。

[イベント金沢市]

5,555円(税込、サービス料別)のお食事も人気です。
特別コラボセットのお渡し日は5/10(金)、11(土)、12(日)
Ristorante SUGIYAMA

『烏鶏庵(うけいあん)』の特別な母の日ギフト2024

貴重な烏骨鶏の卵を使用した黄金色のかすていらを母の日に贈ろう。

[期間限定商品金沢市]

2023年4月1日(月)~5月12日(日)烏鶏庵

【石川・金沢】大友楼内 茶寮『一井庵(いっせいあん)』の春のアフタヌーンティーセット

優雅たる和の雰囲気を満喫。茶寮『一井庵(いっせいあん)』の春のアフタヌーンティーセット。

[新メニュー金沢市]

〜2024年5月31日(金)茶寮 一井庵

【〜4/30】 オープン1周年を記念してテイクアウト専門店『波の綾』が人気のお刺身盛り合わせが20%オフに

【〜4/30】手作りのお魚惣菜が人気の『波の綾』オープン1周年を記念して、人気のお刺身盛り合わせが20%オフに

[周年祭金沢市]

4月30日まで波の綾

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori