金沢の方言(金沢弁)シリーズ/ 鰤起こし(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

鰤起こし

2014年12月2日(火) | テーマ/金沢の方言

昨日から今日にかけてお天気が悪く、まだ雷は鳴っていないものの、こんな日は「鰤起こし」の気配を感じますね。

そんな「鰤起こし」。
私も最近知ったのですが、石川県や富山県でしか使われない言葉だそうですよ。

「鰤起こし」とは、11月半ばから12月に掛けて北陸では猛烈な風が吹き荒れ雷が激しく鳴り響く日があり、このような天候のことを石川や富山では「鰤おこし」と呼びます。
由来としては、この時期に日本海を回遊している寒鰤が、初冬の雷と合わせて獲れ始めることから、漁師が網を「起こす」というのと、寝ている鰤を「起こす」という意味をかけて「鰤起こし」といわれています。

また、同じ北陸でも地域によっては「鰤起こし」ではなく「雪おろし」や「雪起こし」と言う地域もあるそうです。

  • LINEで送る
木田

by 木田

10人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ