観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、 座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。

能登の牡蠣

2015年1月20日(火) | テーマ/ニュース

石川の冬は、蟹や牡蠣、鰤など、美味しいものが目白押しですが、そんな中から今回は能登の牡蠣を堪能できるイベントをご紹介します。

石川県の能登半島にある七尾湾に面した鳳珠郡穴水町では、2015年3月31日(火)まで、「穴水まいもんまつり冬の陣 かきまつり」として、かきまつり加盟店が焼き・フライ・ご飯など、かきのフルコースを全店統一3,800円(税別)で提供する恒例のイベントを開催しており、1月31日(土)と2月1日(日)には、「雪中ジャンボかきまつり2015」も予定されています。

※穴水まいもんまつり冬の陣「かきまつり」 http://kanazawabiyori.com/shop/shop_10210.html

さらに七尾市中島町でも、3月31日(火)まで、「七尾湾能登かき祭2015」として協賛飲食店で能登かきを堪能できるイベントを開催中。また、2月28日(土) と3月1日(日)には、総延長100m超の炭火焼かきコーナーが開設される特別イベントも予定されています。

※七尾湾能登かき祭 http://n.rokuhoku.shoko.or.jp/notokaki/

今シーズン、まだ能登の牡蠣を食されていない方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、日本では「花見を過ぎたら牡蠣くうな」とか、海外では「Oysters are only in season in the ‘r’ months.(牡蠣の季節は「r」のつく月だけ)」という牡蠣にまつわることわざがあり、その時期に牡蠣は産卵期を向かえ、産卵のために栄養を使ってしまい水っぽくなるからだそうです。

(写真提供:石川県観光連盟)

温泉、景観、美食でおもてなし。新たな魅力が加わった「海のリゾート・和倉温泉」に注目。

石川県を代表する温泉地として、県内はもちろん全国でも高い知名度を誇る「和倉温泉」。温泉街周辺は、足湯(続きを読む

2021年3月29日(月)

金沢のおしゃれな庭・外構工事(エクステリア)施工例(株式会社 総合園芸編)

1975年創業。「暮らしに花を、街に緑を」をモットーに、花と緑による生活美を提案する老舗企業『株式会(続きを読む

2021年3月15日(月)

金沢のおしゃれな「店舗内装デザイン」事例(株式会社 家元編)

ブランドコンセプトは、「Be beauty.」。単なる家づくりだけではなく、豊かな人生を送るためのヒ(続きを読む

2021年2月7日(日)

ママ必見!こだわり抜いたキッチン&リビング実例(ディレクト株式会社 編)

「新しいカタチのオーダーメイド工務店」を標榜する『ディレクト』は、設計事務所と工務店の両機能を併せ持(続きを読む

2021年2月2日(火)

【編集レポート】香林坊大和「ショコラの祭典」試食会をレポート

 こんにちは。金沢日和編集部です。  あげる人といったら息子とおまけのダンナぐらいで、義理チョ(続きを読む

2021年1月27日(水)

いしかわ就職氷河期世代(35~54歳)活躍支援プランスタート!

バブル崩壊後の雇用環境が厳しい時期に就職活動を行った世代(35~54歳)は「就職氷河期世代」と呼ばれ(続きを読む

2020年12月2日(水)

『発酵食大学 金沢本校』2021年1月開講コース募集開始!

日本人が古くから口にしてきた発酵食。味噌、醤油、酢、日本酒、納豆、漬け物などの発酵食を通じて「食」を(続きを読む

2020年11月25日(水)

お得に金沢の魅力を再発見。「五感にごちそうかなざわ宿泊キャンペーン」

目にも美しい加賀料理や、新鮮な山海の幸、色鮮やかな加賀野菜など、食材に恵まれた金沢は全国でも有数の美(続きを読む

2020年11月9日(月)

5kgの米が付いてくる新しい雑誌「ジ・コメ-ディアン」が創刊

雑誌のうたい文句は「イネに仕掛けもございません」。石川県小松市のデザイン会社「株式会社ゼッカ」が考案(続きを読む

2020年10月14日(水)

石川県の伝統工芸品を集めたサイト「金沢屋工芸館」がオープン

10月1日、HABが運営する「金沢屋」(2001年5月開設)内に石川県の伝統工芸品を集めた「金沢屋工(続きを読む

2020年10月5日(月)

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2021 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori