観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、 座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。

まちなかを流れる清流

2015年12月24日(木) | テーマ/エトセトラ

今日はクリスマス・イブですね。金沢のまちなかもイルミネーションで彩られ、賑やかです。この冬は暖かい日が続き、しかも青空も広がり、なんだか金沢の冬っぽくないですが。

今も昔も金沢の中心地と言われる場所は、犀川と浅野川という2つの川に挟まれた場所です。浅野川がたおやかな流れで「女川」、犀川が医王山を望む景色のスケール感から「男川」と呼ばれています。男女で表すのが正しいかどうかはここでは議論しませんよ。

工場などが少ない金沢というだけあり、どこぞやの国のようなこの世のものとは思えないような色をした川ではありません。季節になると長い釣竿を持って川に入っている人たちを見かけます。鮎の友釣りです。平日でも普通に釣糸を垂れている人がいらっしゃるのは不思議なのですが、その風景が、片町など中心街から徒歩数分のところで散見されます。もちろん、釣堀ではありません。まちなかでの釣りを楽しめるのも金沢の魅力の一つかもしれませんね。

金沢・犀川

釣りの時期は過ぎていますので、この時期は川に釣り人が入っているわけではありません。秋から冬にかけて川の中に立っているのは鳥たちです。獲物を狙っているのか、水の中のほうが暖かいからなのかはわかりませんが、川の中にポツンと白鷺が佇んでいることがあります。写真の日は、京都・鴨川河川敷のカップルではないですが、等間隔で川の中に数羽が立っていました。

観光スポットではないですが、金沢は「川」を巡って少し歩いてみるのもおすすめです。この時期は暖かい格好をして出かけてください。

犀川のある風景は金沢小景「犀川雪見橋」でもご覧ください。

※釣り人の写真は夏のものです。

3月27日は、さくらの日。桜の開花に合わせて「兼六園」の無料開園もスタート!

金沢市は、城下町の風情漂う古い街並みとともに桜の名所が数多くあります。そして本日は「さくらの日」って(続きを読む

2021年3月27日(土)

【謹賀新年 2021】

新年あけましておめでとうございます。 旧年中は当サイトのご利用、誠にありがとうございました。 (続きを読む

2021年1月1日(金)

ユーモアと愛情あふれるダンス〜ハンドルズ金沢初公演〜石川県内の障がいをもつ人とワークショップ

テレビや映画の振付等で活躍中の、ダンスカンパニー「コンドルズ」主宰の近藤良平さん。「ハンドルズ」の金(続きを読む

2018年2月10日(土)

美川、県(憲)一の町

「石川県廰(庁)趾」と刻まれた石碑(写真)。 これは旧美川町(現白山市)にある『石川ルーツ交流(続きを読む

2018年1月31日(水)

それは、今日も気づかれないまま・・・

今回も金沢に散在する「不思議」より。 浅野川大橋の南側に位置する「橋場交差点」から、近江町市場のあ(続きを読む

2017年9月12日(火)

ツバメ総調査

梅雨入りし台風までやってきた7月初旬。少し前までは過ごしやすい気候だったのに、今年も猛暑になるのでし(続きを読む

2017年7月4日(火)

白山信仰

富士山、立山とならぶ日本三霊山の一つ。以前、このコーナーでも紹介されていましたが、今年は白山開山13(続きを読む

2017年5月11日(木)

白山開山1300年、那谷寺開創1300年。

前回の大伴家持の時代を少し遡ること717年。それまでも山岳信仰のシンボルとなっていた白山に登り、開山(続きを読む

2017年4月6日(木)

サムライ以前の石川県をゆく。

千里浜なぎさドライブウェイの端っこに、大伴家持が詠んだとされる歌が刻まれた石碑があります。ご存知です(続きを読む

2017年3月14日(火)

鈴木清順監督と湯涌温泉

先日、映画監督の鈴木清順さんが亡くなりました。 清順監督は、かつて金沢(ほか、石川県内)で『夢(続きを読む

2017年2月28日(火)

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2021 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori