観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、 座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。

宝達葛をつかった涼しそうな和菓子

2016年6月30日(木) | テーマ/観光

本日6月30日、加賀藩が徳川家に「雪氷」を献上した歴史に由来する「氷室開き」が行われました。氷の冷たさがありがたい時期に入るということで、今回は夏の金沢らしい涼しげなお菓子を紹介したいと思います。

それは、地元の名品・宝達葛(ほうだつくず)をつかったお菓子です。宝達葛は、現在の石川県・宝達志水町にある「宝達山」の厳冬の伏流水を用いて450年の伝統を守りつつ手作業でつくられる逸品なのです。
宝達葛500g
写真提供:宝達志水町
もともと、宝達山に自生していた「くず根」を漢方薬としてくずを作り始めたのが宝達葛の起源となっています。宝達葛は食欲がないときも食べやすくて、簡単にエネルギー補給ができるとして、食欲不振や夏バテ、二日酔いのときに、水やお湯で溶いていただくそうです。とくに下痢によく効くとか。町内の中でも特に「宝達」の集落で多く消費されているそうです。
くず湯
写真提供:宝達志水町
そんな健康にもプラスな地元食材の「宝達葛」を利用したお菓子として、次々と新商品を出されているのが、金沢で創業390年の老舗和菓子『森八』さんです。

能登の宝ゼリー
この記事の冒頭の写真は『森八』さんの「能登の宝ゼリー」。能登地方の名品を詰め込んだ、まさに“お宝”のお菓子です。香り豊かな赤崎いちごのペーストを包んだ宝達葛の葛玉と、能登の粗塩で旨味を引き立てた能登ミルクを練り込んだ葛玉が二種類入っています。それと、能登大納言小豆の上品な味わいと、満足度の高い和風スイーツです。4個入り1,944円〜
写真提供:森八

くずきりプレミアム
森八-くずきりプレミアム
写真提供:森八
宝達葛のくずきりに、沖縄県波照間産100%の黒糖と、阿波徳島産の和三盆糖を合わせた家伝の黒蜜、さらに紀州産南高梅の青梅ピューレがついてきます。日本の各地のいいとこどりのくずきりに、金沢の金箔も添えたプレミアムな一品です。3本入り1,631円〜

季すずやか
宝達葛-季すずやか
写真提供:森八
色とりどりの葛饅頭を和風ゼリーで包んであります。葛饅頭には能登大納言、抹茶、青梅、さらに赤崎いちごも加わりました。赤崎いちごは甘みが強いことが特徴ですが、足が早いためあまり店頭に出回らない品種だとか。3個入り1,080円〜

葛姫
宝達葛-葛姫
写真提供:森八
そして、今年の6月に発売されたばかりの「葛姫」は、柚子を練り込んだ葛餅です。
葛餅というと黒ミツが合うのですが、柚子の爽やかな風味ともちもちとした葛の食感に癒されます。
高級食材「宝達葛」を使いながら1個141円というお手軽なところも注目です。8個1,242円〜

『森八』さんから「宝達葛はコシがあって透明感がすぐれている地元食材です」と教えていただきました。「くず」といえば「くずきり」くらいしか浮かばなかった私ですが、健康にもよくて美味しいお菓子もできてしまう、たいへん奥深い食材ということがわかりました。

暑いときはどうしても、冷たい飲み物や食べ物がほしくなります。飲みすぎ食べ過ぎでおなかをこわしたりしやすいので、このような伝統的な和風スイーツ、金沢の観光に来られた際にいかがでしょうか。

◆森八
本店/金沢市大手町10-15(『大樋美術館』向かい)
TEL 076-262-6251
営/9:00~18:30(1月・2月のみ9:00~18:00)
休/なし P/10台
※本店には「金沢菓子木型美術館」「森八茶寮」を併設
※ひがし三番丁店、ひがし二番丁店、近江町店、金沢駅店、めいてつエムザ店、香林坊大和店、金沢南店、松任店ほか
http://www.morihachi.co.jp
[森八オンラインショップ]
http://morihachi-shop.com/

◆宝達葛
宝達志水町企画振興課
TEL 0767-29-8250
http://www.hodatsushimizu.jp/nousanbutsu/etc/index.html#kuzu

温泉、景観、美食でおもてなし。新たな魅力が加わった「海のリゾート・和倉温泉」に注目。

石川県を代表する温泉地として、県内はもちろん全国でも高い知名度を誇る「和倉温泉」。温泉街周辺は、足湯(続きを読む

2021年3月29日(月)

まさに花見の特等席! 建築家 隈研吾氏が設計した『茶屋 見城亭』に注目。

1913(大正2)年、兼六園の桂坂口近く、百間堀を挟んで金沢城・石川門を臨む場所に『見城亭』は誕生し(続きを読む

2021年3月26日(金)

金沢で最も大きな茶屋建築『懐華摟』が、撮影スポットとして話題に。

築200年、金沢で最も大きな茶屋建築の『懐華摟』。その中は、鮮やかな朱塗りの階段をはじめ、豪華絢爛な(続きを読む

2021年3月26日(金)

金沢といえば加賀宝生! 全国から女性能楽師が集まって金沢で公演 幽玄な舞台「杜若」を鑑賞しました!(動画あり)

11月に石川県立能楽堂で開催された「女性能楽師による能楽公演事業 第二回 能における節供と花々」(沢(続きを読む

2019年12月27日(金)

キモノでおでかけ金沢さんぽ 竹久夢二スペシャルイベント 当日レポート

絵画、デザイン、詩など様々な分野で活躍したマルチアーティスト竹久夢二(1884-1934)。その夢二(続きを読む

2019年11月7日(木)

【10本の特集を公開】魚介/寿司/海鮮丼/のどぐろ/名物料理など

「金沢日和」では大型連休のシーズンに向けて、10本の特集を公開しました。行楽シーズンのお出かけにご活(続きを読む

2019年4月19日(金)

九谷焼の自動販売機が「九谷茶碗まつり」に初登場

日本全国から約19万人の来場者が訪れるという「九谷茶碗まつり」。その人気のイベントに、今年始めて九谷(続きを読む

2018年5月1日(火)

ツツジが見ごろを迎えます。

ゴールデンウィーク目前。彦三緑地(金沢市彦三町1丁目)ではツツジの見ごろを迎える時期です。 日(続きを読む

2018年4月25日(水)

梅林がにぎやかに

  兼六園の梅が、続々と色づいています。 例年、見ごろを迎えるのは3月中旬以降(続きを読む

2018年3月14日(水)

雪の西養寺

いやー、振りましたね~。今年は記録的な大雪で、雪すかしをやってもやっても終わりが見えませんでしたが、(続きを読む

2018年2月14日(水)

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2021 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori