観光情報サイト 金沢日和

地元編集者のとっておき情報

地元編集者が地元のトピックスを中心に、へぇ、そうだったのか、とか、これは役にたつ!などの情報をお届けします。

[動画解禁]金沢での単独ライブに1,000人!「ほくりくアイドル部」とはどんなグループ?

2020年3月18日(水) | テーマ/ニュース

新型コロナウイルスの影響で世界的に公演が止まっている中ですが、金沢を中心に石川・富山・福井で活動するアイドルグループ「ほくりくアイドル部」が1,000人以上の観客で満員となった、2020年1月単独公演「3周年記念感謝祭」(金沢市文化ホール)の動画と写真が解禁になりました!
今回は彼女たちを知らない人にもわかるように、3周年記念ライブの当日の様子といっしょに「ほくりくアイドル部」を紹介します。

動画で約2分にまとめた映像も用意しましたので、以下の映像もご確認を。

ほくりくアイドル部とは
ほくりくアイドル部は、2016年6月12日に結成。
クラブ活動のようなアイドル活動の場をつくるということで名前に「部」とついています。校章、制服がつくられて、今回の感謝祭で初披露されました。
ほくりくアイドル部校章、制服披露
上/当日券をふくめて1,033人が金沢市文化ホールで満員に。下/校章と制服を紹介する松井祐香里さん(左)、宮村優希さん(右)。今回のライブ後の「かがやき投票」で1位、2位の2人。

コンセプトは、「地域みんなで育てるアイドル・アーティスト」。

キャッチコピーは「北陸を“音楽”で元気に!」

応援するアイドル 地元を音楽で元気に
地元の人にはよく知られるようになったのは、スポーツイベントの場。
・金沢マラソン公式応援リーダー
・ツエーゲン金沢公式マスコットガール
・PFUブルーキャッツ「BlueCats チアチーム」
・石川ミリオンスターズ公式応援グループ「M’sガール」
とスポーツイベントや、地元プロスポーツチームの応援の場で活躍するようになり、知名度がぐんぐんと上がっていきました。かわいいだけじゃない、北陸を“音楽”を通して応援するアイドルとして、様々な企業のテレビCMの出演が増えていきます。

ほくりくアイドル部 プロスポーツマスコットも登場
今回のライブの壇上に、各プロスポーツチームのマスコットに加え、ファミリーマートのゆるキャラ「ファミチキ先輩」も登場する一幕も。各プロチームの応援ソングを熱唱。

毎月の定期公演も満員に
金沢市片町の『DOUBLE金沢』で毎月行われる定期公演にどんどん来場者が増えていき、2019年6月にはファミリーマート大使に就任し、全国のファミリーマートでチケットが売られ、北陸のファミリーマートでCDを購入できるようになりました。コンビニで親しまれ、一気に身近な存在となっていきます。

#1000人チャレンジデーのチケットは即完売
今回の感謝祭はチケットを発売するや、瞬く間に完売。当日立ち見チケットの分も合わせて、1,033人が来場。彼女たちにぴったりのポップソングを次々と披露し、3年間の感謝祭にふさわしい様々な演出がされました。
ほくりくアイドル部 金沢市文化ホールライブ

ユニットかがやき
ほくりくアイドル部の3人ユニット「かがやき」も曲を披露。

ほくりくアイドル部軽音部結成
「#1000人チャレンジデー」成功により結成された「ほくりく軽音部」はアルバム収録曲「マイフレンド」を披露。

ほくりくアイドル部 山田 紗千華ソロで歌唱
初期からのメンバー山田紗千華さんがソロで歌唱する場面も。

ライブ終了後、TwitterなどのSNSでは多くの人が感想をアップしています。

「パフォーマンス感動しました」
「みんなキラキラしてた」
「ライブ最高でした! 毎月行けたら行きます!」

など、楽しめた様子や写真、動画がアップされています。

なお、当日のライブ映像は2020年春にDVDが発売されます。
感謝祭後の2月の定期公演で、残念ながらこれまでの功労者の一人、宮村優希さんが卒業を発表。渋谷紗雪さんも卒業することになりました。最近は会場にかけつける小・中学の女子のファンが増えているとのこと。彼女たちにあこがれて、卒業、加入をくりかえして、ほくりくアイドル部がどこまで成長するのか、注視したいと思います!

■ほくりくアイドル部
https://hkrk.jp/

【金沢まとめ・難読クイズ第5弾】あなたはいくつ読めますか? 石川県金沢市の難読町名6選!

通常の読み方ではないため、読みにくい地名になっている「難読地名」。石川県や北陸三県にも、読めそうで読(続きを読む

2024年2月21日(水)

【情報更新_3】令和6年能登半島地震 復興支援 クラウドファンディングまとめ

今回のクラウドファンディングまとめは、新しいプロジェクトのみご紹介いたします。 ⇒ 現在、実施中の(続きを読む

2024年2月19日(月)

能登食祭市場より、震災を乗り越えた能登グルメをぎゅっと詰め込んだ「里乃蔵応援セット」

『道の駅 能登食祭市場』は、能登最大の漁港である七尾港に隣接しています。本来であれば、海産物を中心と(続きを読む

2024年2月16日(金)

【情報更新_2】令和6年能登半島地震 復興支援 クラウドファンディングまとめ

今回のクラウドファンディングまとめは、新しいプロジェクトのみご紹介いたします。 ⇒ 現在、実施中の(続きを読む

2024年2月13日(火)

【随時更新】令和6年能登半島地震 復興支援 クラウドファンディングまとめ

令和6年能登半島地震の発生より1ヶ月以上経過。時間の経過とともに今後に向けた選択が始まろうとしている(続きを読む

2024年2月13日(火)

「能登の羽咋にワインビレッジを作る夢を叶えたい」。ぶどうの苗木オーナーを募集中!

車で走れる珍しい砂浜として有名な千里浜海岸。そのすぐそばに圃場をかまえる『ITAYA Farm』では(続きを読む

2024年2月13日(火)

東北・北関東5県で247店舗展開するスーパー『ヨークベニマル』にて「食べて応援 北陸復興応援フェア」を開催。

セブン&アイ・ホールディングスの子会社として東北地方を中心に247店舗を展開するスーパーマーケット『(続きを読む

2024年2月9日(金)

【情報更新】令和6年能登半島地震 復興支援 クラウドファンディングまとめ

令和6年能登半島地震の発生より約1ヶ月経過。時間の経過とともに今後に向けた選択が始まろうとしている。(続きを読む

2024年2月6日(火)

情報更新_4【令和6年能登半島地震】石川・能登応援まとめ〜独自の支援やキャンペーンをしているお店・企業を紹介〜

令和6年能登半島地震を受け、独自の支援や能登応援キャンペーンを始める店が次々と増えています。能登半島(続きを読む

2024年2月6日(火)

【能登応援】輪島塗の伝統工芸を後世に。七尾一本杉通りの伝統工芸品販売店『漆陶舗あらき』がMakuake (マクアケ)で支援を募集。

石川県七尾市に位置する『一本杉通り』は、600年以上の歴史を誇る観光地で、嘉永年間創業の歴史を持つ伝(続きを読む

2024年2月5日(月)

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori