観光情報サイト 金沢日和

地元編集者のとっておき情報

地元編集者が地元のトピックスを中心に、へぇ、そうだったのか、とか、これは役にたつ!などの情報をお届けします。

5kgの米が付いてくる新しい雑誌「ジ・コメ-ディアン」が創刊

2020年10月14日(水) | テーマ/ニュース

雑誌のうたい文句は「イネに仕掛けもございません」。石川県小松市のデザイン会社「株式会社ゼッカ」が考案したのは、雑誌と地元産米(5kg)を組み合わせた新しい形のメディア『ジ・コメ-ディアン』。販売価格は1,000円(税込)。雑誌の広告掲載料を1ページあたり10万円で募り、協賛企業からの広告費によって米を市価の半額で購入することができるという仕組みだ。内容は、主に協賛企業のインタビュー記事を中心とした生活&美容情報。「おいしい、やさしい、うれしいの3つのC(しい)で家庭や地域を元気にしたい」と代表の森裕崇さんは語る。9月と10月に小松市で販売会を行い、いずれも大好評で即完売。今後の販売日程は、同社のインスタグラムをチェックして。

■奥さま向けコメ付き雑誌『ジ・コメ‐ディアン』\1,000(税込)/5kgの米付き
米は、小松市園町の農家・福田勝外志さんの「福田米」。

(協賛企業)
金沢寿屋、顔のクリニック金沢、ハヤシ印刷紙工、千田税理士事務所、ももい接骨院、銀座菊廼舎

問合せ先/株式会社ゼッカ
問合せはインスタグラムより

【金沢まとめ・難読クイズ第5弾】あなたはいくつ読めますか? 石川県金沢市の難読町名6選!

通常の読み方ではないため、読みにくい地名になっている「難読地名」。石川県や北陸三県にも、読めそうで読(続きを読む

2024年2月21日(水)

【情報更新_3】令和6年能登半島地震 復興支援 クラウドファンディングまとめ

今回のクラウドファンディングまとめは、新しいプロジェクトのみご紹介いたします。 ⇒ 現在、実施中の(続きを読む

2024年2月19日(月)

能登食祭市場より、震災を乗り越えた能登グルメをぎゅっと詰め込んだ「里乃蔵応援セット」

『道の駅 能登食祭市場』は、能登最大の漁港である七尾港に隣接しています。本来であれば、海産物を中心と(続きを読む

2024年2月16日(金)

【情報更新_2】令和6年能登半島地震 復興支援 クラウドファンディングまとめ

今回のクラウドファンディングまとめは、新しいプロジェクトのみご紹介いたします。 ⇒ 現在、実施中の(続きを読む

2024年2月13日(火)

【随時更新】令和6年能登半島地震 復興支援 クラウドファンディングまとめ

令和6年能登半島地震の発生より1ヶ月以上経過。時間の経過とともに今後に向けた選択が始まろうとしている(続きを読む

2024年2月13日(火)

「能登の羽咋にワインビレッジを作る夢を叶えたい」。ぶどうの苗木オーナーを募集中!

車で走れる珍しい砂浜として有名な千里浜海岸。そのすぐそばに圃場をかまえる『ITAYA Farm』では(続きを読む

2024年2月13日(火)

東北・北関東5県で247店舗展開するスーパー『ヨークベニマル』にて「食べて応援 北陸復興応援フェア」を開催。

セブン&アイ・ホールディングスの子会社として東北地方を中心に247店舗を展開するスーパーマーケット『(続きを読む

2024年2月9日(金)

【情報更新】令和6年能登半島地震 復興支援 クラウドファンディングまとめ

令和6年能登半島地震の発生より約1ヶ月経過。時間の経過とともに今後に向けた選択が始まろうとしている。(続きを読む

2024年2月6日(火)

情報更新_4【令和6年能登半島地震】石川・能登応援まとめ〜独自の支援やキャンペーンをしているお店・企業を紹介〜

令和6年能登半島地震を受け、独自の支援や能登応援キャンペーンを始める店が次々と増えています。能登半島(続きを読む

2024年2月6日(火)

【能登応援】輪島塗の伝統工芸を後世に。七尾一本杉通りの伝統工芸品販売店『漆陶舗あらき』がMakuake (マクアケ)で支援を募集。

石川県七尾市に位置する『一本杉通り』は、600年以上の歴史を誇る観光地で、嘉永年間創業の歴史を持つ伝(続きを読む

2024年2月5日(月)

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori