観光情報サイト 金沢日和

金沢観光/グルメ/イベント|地元編集者のとっておき情報

石川や金沢、加賀、能登のおすすめ情報を地元編集者が地元のトピックスを中心に、へぇ、そうだったのか、とか、これは役にたつ!などの情報をお届けします。

【編集者のコレが気になる】金沢のかわいい工芸品と出会える、オンラインショップ紹介サイト。

2022年2月10日(木) | テーマ/ニュース

石川県は全国屈指の”工芸王国”。九谷焼や輪島塗、金箔工芸、加賀象嵌など、様々な伝統工芸が有名です。また、現代アートを制作する工芸作家も多く住んでおり、作品を扱う素敵なギャラリーやセレクトショップも多数存在しています。
とはいえ、ご時世柄、街や店を巡ったり、遠方から訪れたりしにくい・・・。そんな皆さんに、自宅に居ながら金沢の工芸品を購入できるおすすめオンラインサイトをご紹介☆

■金沢の工芸ショップ・ギャラリーを48カ所もまとめた「KOGEI MALL@KANAZAWA
■地元作家や個人商店の可愛くてお手頃な品を販売する「オトメの金沢 陳列室
■若手の工芸品を販売する、東京・銀座の金沢市のアンテナショップ「銀座の金沢

こちらは金沢市観光協会さんが運営する観光サイト『金沢旅物語』の「金沢の工芸・作家と出会うセレクトショップ」というページで3つまとめてチェックできます。
日常使いのできるお手頃なアイテムから、まるで自分のために作られ、手に取られるのを待っていてたかのような一点ものの工芸品まで、ラインナップも様々。売り切れご免な工芸品との一期一会を味わいたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪


■ 詳細は金沢市観光協会が運営する、金沢市観光公式サイト『金沢旅物語』にて☆
金沢の工芸・作家と出会うセレクトショップ

【4月14日(日)】がんばろう奥能登!!復興映画祭

能登半島地震で被災されている方々を対象に「復興映画祭」が4月14日(日)1日限りで開催。2次避難され(続きを読む

2024年4月9日(火)

【最新販促事情】奥能登の鍛冶屋『ふくべ鍛冶』に見る クラファンを活用した新しいプロモーションのカタチ

令和6年能登半島地震からもうすぐ3ヶ月が経過しようとしている。奥能登で地域特有の道具の製造・修理をす(続きを読む

2024年4月8日(月)

【情報更新_7】令和6年能登半島地震 復興支援 クラウドファンディングまとめ

今回のクラウドファンディングまとめは、新しいプロジェクトのみご紹介いたします。 ⇒ 現在、実施中の(続きを読む

2024年4月2日(火)

【海外販路開拓|北陸の事例その1】海外クラファン開始3日で目標金額の400%以上を達成!|金沢漆器『能作』

海外への輸出や販路拡⼤・開拓など、貿易業務をワンストップで⽀援する貿易まるなげパッケージサービス「デ(続きを読む

2024年4月1日(月)

【被災者支援】金沢・ひがし茶屋街のカフェ『和栗白露』で、珠洲焼作家Takanori Kizawaさんの作品販売を開始。

能登半島地震から3ヶ月。様々なお店が被災者支援を続けています。2020年に金沢市東山にオープンした和(続きを読む

2024年3月29日(金)

【能登応援】割れずに救い出された奇跡の日本酒「桃花鳥」を全国へ。珠洲市『櫻田酒造』を応援するクラウドファンディングがMakuake(マクアケ)で開始。

石川県珠洲市蛸島村で1914年に創業した『櫻田酒造』。作られる日本酒の9割は珠洲市で飲まれ、地元の人(続きを読む

2024年3月27日(水)

【GODIVAとのコラボ】北陸新幹線福井・敦賀開業記念!「チョコレートティーパーティー GODIVA × 福井県」が開催。

新幹線延伸で盛り上がる福井県で、注目のイベントが開催されました。その名も「チョコレートティーパーティ(続きを読む

2024年3月26日(火)

『ツルカメヤ』が妙成寺での撮影会を開催 着物姿で思い出の一枚を残そう

ハンドメイド作品の制作や販売を行なっている『ツルカメヤ』。とくに力を入れているのが作り帯の制作です。(続きを読む

2024年3月25日(月)

【情報更新_6】令和6年能登半島地震 復興支援 クラウドファンディングまとめ

今回のクラウドファンディングまとめは、新しいプロジェクトのみご紹介いたします。 ⇒ 現在、実施中の(続きを読む

2024年3月19日(火)

「世界一美味しい輪島の魚」を世界に向けて販売したい。 復興への思いを胸に、クラウドファンディング。

輪島市の港町に生まれ育ち、親子二代にわたって軽トラックで魚売りをしてきた『久べさ』。軽トラックにその(続きを読む

2024年3月14日(木)

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori