観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、 座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

【体験レポ】インフルエンサー土屋香奈さんが『OMO5金沢片町 by 星野リゾート』を体験レポート

2022年7月19日(火) | テーマ/グルメ

北陸屈指のグルメ街である金沢市片町の一角に『OMO5(おもふぁいぶ)金沢片町 by 星野リゾート』がオープン。「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げるホテル」として話題のOMOブランドが金沢にできたなんてワクワクします。『OMO5金沢片町 by 星野リゾート』は「あっぱれ! 味のかたまち」をコンセプトとし、グルメをはじめ、伝統文化や工芸品の魅力をまるっと体験できるホテルとなっています。片町の魅力を探求し続けているスタッフの本気度が伺える数々の仕掛けは、金沢在住者の私でも新しい発見が多くありました。今回は、旅の充実度を倍増させるといっても過言ではない多様なアクティビティを紹介します。

【ほっとする客室に癒されて】

客室は、全6タイプ。どのお部屋も「暮らすように泊まる」をコンセプトに作られており、お家にいるかのように素足でゆったりくつろげるのが魅力です。金沢の冬の風物詩である「雪釣り」をモチーフにしたカーテンや『KUTANI SEAL SHOP』とコラボした九谷焼のオリジナルそばちょこなど、室内でも金沢らしさを感じられる工夫が多く、テンションが上がります。

今回宿泊したのは最大3人まで泊まれる「スーペリアルーム」。洗面台が2つあるのはこの客室だけなのだとか。のびのびリラックスできる大きなソファが心地良さを誘います。OMOのロゴが入った滞在着もレンタルして(+200円)思い切りOMOらしさに浸るのもおすすめ。

【金沢の和菓子文化を味わえる体験「生らくがん作り体験」】

金沢の老舗和菓子店『落雁 諸江屋』とコラボした「生らくがん作り体験」は、伝統の技に触れられるチャンス。30分ほどで気軽に体験でき、和三盆と寒梅粉、あんこの3種類のみを混ぜ合わせ、押し固めたら完成です。スタッフの丁寧なレクチャーがあるので、初心者でも安心して体験できるのが嬉しいポイント。ただ、1回目は力加減などがわからず失敗する方も半分くらいいるそうで…。私も初めは型崩れしてしまいました。チャンスは2回あるので、上達を感じられるのも楽しい♪ 体験者の個性が光るからこそ、思い出に残る体験ができますよ。

【金沢のお茶文化を味わえる体験「いいじな棒茶の飲み比べ体験」】

OMO5金沢片町から徒歩4分ほどの場所にある、金沢の老舗茶店『野田屋茶店』監修による棒茶の飲み比べ体験は、1階のパブリックエリア「OMOベース」で毎日開催。野田屋茶店で自家焙煎された2種の加賀棒茶と煎茶を、味わうことができます。淹れたてだからこそ楽しめる香りや味を感じながら、お茶の歴史や料理との合わせ方などの話も聞けるので、お茶の奥深さを知れるいいきっかけにも♪

【OMOレンジャーツアー「金沢片町味わいまっし散歩」に参加して旅の充実度をアップ】

OMOレンジャーと呼ばれるスタッフが案内してくれる「金沢片町味わいまっし散歩」は、1時間歩きながらガイドブックにはないディープな発見を楽しめるガイドツアーです。グルメはもちろん土地のルーツや伝統工芸品も学びながら、OMOレンジャーおすすめの店舗に立ち寄れます。その場で予約もできるため、ツアー中にその日の夕食に行きたいお店を探す方も多いんですって。ツアーの途中には、「茶菓工房たろう 鬼川店」で試食ができる嬉しいサービスもありますよ。

1時間のツアーはあっという間。次の金沢旅行を考えてしまうほどの情報量に心が踊りながら街歩きを楽しめました。

【朝食「オモーニングリゾット」でほっこり】

朝食は、選べるメイン料理に、サラダやドリンクがセルフサービスで楽しめるスタイル。メインは5種のリゾットとクロックムッシュの全6種類より好きなものを1品選ぶことができます。おすすめは、前日のはしご酒で疲れた胃にも優しい「棒茶と生麩のリゾット」。ふわりと香る棒茶の餡に絡めていただくサクサクもっちり食感の生麩は、上品な味わいでした。

【ワーケーションにぴったりなワークルーム】

チェックアウト後は、仕事に集中するため「OMOワークルーム」を利用させていただきました。予約制の個室になっており、PCモニターや会議用マイクスピーカーなど、旅先で仕事がはかどるアイテムも大充実。中でもチェアの座り心地が抜群で、利用時間の延長を申し出るほど…!ぐんと集中してお仕事することができました。


■施設概要
住所:石川県金沢市片町-4-23
宿泊料金:1泊14,000円~(1室あたり・税込・食事別)
*別途、金沢市宿泊税が掛かる場合があります。
交通:金沢駅からバスで約10分(バス停「香林坊」より徒歩約4分)
電話:0570-073-099(OMO予約センター)
公式ホームページはこちら

■生らくがん作り体験
時間:15:30〜16:00
料金:1,000円
定員:8名(宿泊者限定)
予約:要予約
予約フォームはこちら

■いいじな棒茶の飲み比べ体験
時間:季節毎に変更あり。公式サイトよりご確認ください。
料金:無料
定員:8名(宿泊者限定)
公式サイトはこちら

■金沢片町味わいまっし散歩
時間:16:00〜17:00
料金:無料
定員:10名(宿泊者限定)
申し込み期限:前日22時/当日空席ある場合は出発前まで受付可
予約フォームはこちら

■朝食「OMOrning(オモーニング)リゾット」
提供時間:7:00〜10:00
料金:1,600円
予約:不要

■OMOワークルーム
対象:OMO宿泊利用者
利用時間:5:00〜1:00
※チェックイン前、チェックイン後も利用可
料金:500円/1時間
※WeWorkメンバーの方は、会員証もしくはアプリ画面の提示でOMOの宿泊中にワークルームが2時間無料で利用可
定員:4名
予約フォームはこちら

ライター:土屋香奈

【はくさんグルメさんの知る人ぞ知る!愛されグルメレビュー】白山市『むつぼしマーケット』の「おむすびプレート」

自社栽培のお米や新鮮な野菜を使ったお弁当、惣菜、和菓子など、地元のおいしいが集合する『むつぼしマーケ(続きを読む

2022年11月28日(月)

【ぷくこさんの注目店のグルメレビュー】『マルガーラボ野々市』世界的に評価されるジェラートを新空間で堪能!

今回は、野々市市本町の『マルガーラボ野々市』をご紹介。2022年10月にに移転オープンして話題になっ(続きを読む

2022年11月16日(水)

【はくさんグルメさんの 知る人ぞ知る! 愛されグルメレビュー】『大衆割烹 天きち』の「天きち定食」&「香箱」

今回は、地元民に愛されて創業45年の老舗。 金沢市高尾南にある『大衆割烹 天きち』をご紹介します。(続きを読む

2022年11月14日(月)

【ひでさんの注目店のレビュー】金沢市昭和町で加賀野菜が堪能できる『海鮮と加賀れんこん たかや』

金沢駅東口を出て徒歩圏内。六枚交差点のすぐ側にある居酒屋『海鮮と加賀れんこん たかや』をご紹介。20(続きを読む

2022年11月11日(金)

【ぷくこさんの注目店のグルメレビュー】野々市市『aicoco(アイココ)』具だくさんで愛情たっぷりのパンがいっぱい!

今回は、野々市市本町にあるパン屋さん『日々のパン aicoco(アイココ)』をご紹介。2022年6月(続きを読む

2022年11月7日(月)

【好評受付中!】新春を華やかに彩る、バラエティー豊かな『金沢エムザ』のおせち料理

年始を迎えるにあたって様々な祈りが込められたおめでたい「おせち料理」。五穀豊穣、不老長寿、子孫繁栄な(続きを読む

2022年11月1日(火)

【ひでさんの 注目店のレビュー】金沢市田上にある自家製の創作石窯ピザが楽しめる『レストラン マップス』

金沢市田上の住宅地に2022年10月10日にグランドオープンした創作石窯ピザが楽しめる隠れ家店『レス(続きを読む

2022年11月1日(火)

【はくさんグルメさんの知る人ぞ知る! 愛されグルメレビュー】『居酒屋 山崎』の「そば膳」。

今回は、能美市の芳珠記念病院へ抜ける道沿いにある、 知る人ぞ知る穴場店『居酒屋 山崎』のご紹介です(続きを読む

2022年10月20日(木)

【地元の人気インフルエンサー】味や量、価格に驚くグルメ情報を発信する「はんぱねぇグルメ」さんが登場!

『金沢日和』では、「石川県の情報を発信しているインフルエンサーを知りたい」という声に応え、地元インフ(続きを読む

2022年10月19日(水)

【ひでさんの 注目店のレビュー】金沢市本町で韓国気分が味わえるお店『豚大門市場 金沢店』

金沢駅東口から徒歩圏内で韓国気分が味わえるお店『豚大門市場 金沢店』をご紹介!2022年8月27日に(続きを読む

2022年10月19日(水)

おすすめ情報

ランキング

地元のインフルエンサー

インフルエンサー一覧 ≫

地元の観光サイト

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2022 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori