観光情報サイト 金沢日和

石川 金沢イベント2024 今チェックしたい情報【 金沢・加賀・能登】

石川県・金沢を中心にイベント、祭り、フェスティバル、ライトアップ、キャンペーン、アートイベントなど今チェックしておきたい話題の情報をピックアップ。加賀、能登をはじめ、石川県・富山県・福井県の情報はチェックですよ。

開催終了

石川県七尾美術館で「長谷川等伯展」が開催

石川県七尾美術館で「長谷川等伯展」が開催
左上/「臨済 ・徳山像」(内、臨済像部分) 長谷川等伯筆 京都市・衡梅院蔵 右上/「烏梟図屏風」長谷川等伯筆 大阪市立美術館蔵 下/「千鳥屏風図」(右隻) 長谷川等哲筆 西日本旅客鉄道株式会社蔵

日本を代表する絵師・長谷川等伯の魅力に触れる人気シリーズが今年も『石川県七尾美術館』にて開催。

能登・七尾出身の長谷川等伯(1539~1610)は、桃山時代に活躍した日本を代表する画家の一人。平均寿命が40歳頃だった当時、30歳を超えてから拠点を京都へ移し、豊臣秀吉や千利休らに目をかけられ、一代にして画壇の名門・狩野派と肩を並べる存在に。金箔や色彩をふんだんに用いた絢爛豪華な作品から、絶妙な墨の濃淡による水墨画まで、72歳に江戸でその生涯を閉じるまでに多くの作品を生み出した天才だ。『石川県七尾美術館』では平成8年から毎年シリーズとして「長谷川等伯展」を開催し、国宝「松林図屏風」や国宝「楓図」を筆頭に、等伯や長谷川派の数々の作品を展示・紹介してきた。シリーズ26回目の開催となる本年は、動物が描かれた作品や北陸初公開となる作品を中心に《信春時代の動物表現》《等伯時代の動物表現を中心に》《長谷川派の動物表現》の3つのテーマで、色彩豊かな仏画から大画面の水墨画まで22点を展覧する。戦国時代を筆一本で渡り歩き、自力で困難を突破しながら名声を得た長谷川等伯。同じく激動に満ちた今、絵画を通じて等伯自身の生き様に触れてみたい。

開催期間
[開催終了]2021年4月24日(土)~5月23日(日) ※会期中無休
開催時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
料金
観覧料:一般800円(700円)、大高生350円(300円)、中学生以下無料 
※「国民の祝日」は、70歳以上は団体料金に。
開催場所
石川県七尾美術館(石川県七尾市小丸山台1-1)
問い合わせ先
石川県七尾美術館(公益財団法人七尾美術財団)
TEL/0767-53-1500
https://nanao-art-museum.jp/
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。

現在開催中・実施中のイベント

【石川・金沢】大友楼内 茶寮『一井庵(いっせいあん)』の冬のアフタヌーンティーセット

心もお腹も満たされる、歴史ある茶室で楽しむ冬のアフタヌーンティーセットはいかが。

[新メニュー金沢市]

〜2024年3月31日(日)茶寮 一井庵

県内最大級のゲレンデ『白山一里野温泉スキー場』 2023-2024シーズンいよいよスタート![PR]

家族や仲間とワイワイ過ごしたいなら、広々ゲレンデの「一里野」へ!

[オープン白山市]

2023年12月23日(土)〜2024年3月中旬  ※オープン日は予定です。積雪状況により変更の可能性があります。詳細は公式サイトにて。白山一里野温泉スキー場

ふくあかり

かがやく福井の未来をイルミネーションで彩る「ふくあかり」。

[イルミネーション福井県福井市]

2023年12月1日(金)~2024年5月6日(月)アップルロード(西武福井店横)、福井駅東口(福井市観光交流センター周辺)、中央公園

【開催中〜3/31(日)】『ホテル金沢』ストロベリーアフタヌーンティー「金鼓」〈KONKU〉

ホリデーシーズンに気分華やぐ、ルージュのような苺スイーツで優雅な午後のひとときを。

[期間限定メニュー金沢市]

2023年12月1日(金)~2024年3月31日(日)DINING TSUZUMI

【7/25(火)販売開始】文化の森おでかけパス[PR]

金沢市中心部の16の文化施設等で使えるお得なパスが新登場!

[モニターツアー金沢市]

2023年8月1日(火)~2024年4月30日(火)

【2/23(金)~】3週連続土日祝開催「新生活応援フェア」&「復興支援緊急プラン」[PR]

4店舗同時開催。月々定額の車生活を応援する「コミノリ5」と最短1ヵ月から利用可能の復興支援プランに注目。

[イベント石川県]

2/23(金)・24(土)・25(日)、 3/2(土) ・3(日) 、3/9(土) ・10(日)北星ファイブ各店

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori