旧町名復活は金沢が初。(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

旧町名復活は金沢が初。

2015年10月29日(木) | テーマ/金沢の雑学

「旧町名の復活」は、もう流行らなくなってしまったのでしょうか? 最近、ほとんど耳にしなくなりました。

それはともかく、高度経済成長期に「合理化」などの理由から廃止され、変更されてしまった旧町名を、全国で初めて復活(1999年)させたのが金沢市だったことはご存知でしょうか。 茶屋街が残る浅野川左岸のエリア、主計町(かずえまち)がその最初で、当時は全国ニュースにもなっていたので、「ああ、あのちょっと読めない町名ね」と記憶している方もいらっしゃるかもしれませんね。

金沢市ではその後、旧町名復活の機運がますます高まり、今のところ(2015年10月現在)、全部で11町(飛梅町、柿木畠、並木町、袋町・・・など)の旧い名前が復活しています。 ちなみに旧町名復活には、その名から町のルーツを知り、住民の町への愛着を深める効果も期待されたようです。

さて、写真は石引2丁目に設置された「旧二十人町」を偲ばせる石碑。 藩政期に鉄砲足軽二十人を住まわせたことから「小立野二十人町」「小立野足軽町二十人町」などと呼ばれたエリアでしたが、明治に入って周辺の町を加えて「二十人町」となっていたそう。 この町名は失われてしまいましたが(復活の話もありません)、一画に残る坂道は今も「二十人坂」と呼ばれ、昔日の記憶をとどめる役目を果たしてくれています。 季節はちょっと先になりますが、この坂を訪れるなら春がおすすめ。桜のトンネルが出迎えてくれます。

  • LINEで送る
若林

by 若林

4人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ