一人旅でも楽しめる、金沢古地図めぐり(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

一人旅でも楽しめる、金沢古地図めぐり

2015年12月22日(火) | テーマ/金沢の雑学

金沢の街は400年戦火に遭うことなく、大きな自然災害にも遭わなかったことから、昔の面影を残す道路や建造物が多いと言われています。この歴史ある街を散策するのに、もってこいなのが古地図です。昔の街並と今と比べつつの散策は当時のことを思い浮かべやすくなるので、街の歴史にどんどんと興味がわいてきます。

とはいっても、歴史を自分で調べてまわるのは大変なことです。観光で金沢に来られた方にとっては、現代の金沢の道がよくわからないのに、江戸時代の道なんてわかりませんよね。
そこで金沢の町と歴史に詳しい人に案内してもらえないかな?ということで、探したらありました。金沢観光のボランティアガイドの会「まいどさん」の「金沢古地図めぐり」です。
1人旅でも、地元の人でも1人から江戸末期の地図とともに市内を案内してもらえます。

金沢駅に集合して、古地図の資料を受け取って、「まいどさん」といろいろとお話している間に江戸、明治、大正、昭和といった歴史的スポットに到着していきますので、2時間があっという間。当時の歴史の出来事の理由を教えてもらったりすると、歴史の成績が悪かった私でも、歴史を身近にとらえることができるようになりました。
古地図めぐり、かなりおすすめです!

そもそもボランティアとして、金沢が好きな人が集まる「まいどさん」は、親切な人が多いように思います。質問すれば熱心にこたえてもらえます。ガイド料は無料ですし、スマホが普及した時代でも詳しい人のガイドには敵わないのではないでしょうか。金沢の町がさらに好きになりました。

団体予約の人も多いようですが、「まいどさん」の人からは、「1人でも遠慮なく声をかけてください」と言われています。黄色いジャンパーが目印の「まいどさん」にぜひ連絡を!

《金沢古地図めぐり(東山)》
【最少実施人数1名】
開催期間:〜2016年3月27日(日)までの毎週土曜、日曜
時間:13:30〜15:30
集合:JR金沢駅鼓門前
参加費:無料
コース:集合場所→尾張町界隈→主計町茶屋街・関助馬場→ひがし茶屋街→橋場町バス停(交番前)(解散)
ガイド:金沢観光ボランティアガイドの会「まいどさん」
距離:約2.5km

<連絡・申込先>
金沢市観光協会
2日前の16:00まで受付
電話受付076-232-5555
平日10:00~16:00(土・日・祝日除く)

※他にも「金沢古地図めぐり(長町)」などが企画されています。

◆ツアーの詳細や連絡先は、石川県の「加賀百万石ウォーク」ホームページ内の「金沢コース」に掲載されています。
http://www.hot-ishikawa.jp/walk/

◆観光ボランティアガイド「まいどさん」の情報はこちらから
http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/useful/info_guide.php

  • LINEで送る
石井

by 石井

1人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ