兼六園の歴史・概要、兼六園とは/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

兼六園の魅力案内

加賀百万石の伝統が息づく古都・金沢。
押さえておきたい金沢の見どころ・観光スポットをご紹介します。

兼六園の歴史・概要

兼六園の概要

兼六園は水戸市の偕楽園、岡山市の後楽園と並ぶ日本三名園のひとつであり、日本を代表する大名庭園のひとつ。 国の特別名勝に指定。中国の宋の時代の書物『洛陽名園記(らくようめいえんき)』に記載のある、 「宏大(こうだい)」「幽邃(ゆうすい)」「人力(じんりょく)」「蒼古(そうこ)」「水泉(すいせん)」「眺望(ちょうぼう)」 という相反するすぐれた景観の六勝を兼ね備えていることから1822年に兼六園と名付けられました。
いくつもの池と掘りあげた土で築いた山、御亭から成る兼六園は、「築山・林泉・廻遊式庭園」と言われています。

兼六園の歴史

特別名勝・兼六園は、5代目藩主・前田綱紀が、別荘を建てその周辺を庭園としたのが始まりと言われています。 その後、加賀藩前田家の歴代藩主により長い歳月をかけて形作られ、現在のような一大庭園となったのは嘉永4年(1851年)、幕末のことでした。 明治7年(1874年)より、兼六園は金沢市民に開放。大正11年(1922年)、国の名勝に指定。そして昭和60年(1985年)には、名勝から特別名勝へと格上げされ、庭園の国宝ともいえる最高の格付けを得ました。

兼六園はただ美しい庭園というだけではなく、江戸時代では、金沢城の防衛という戦略的観点も考慮しながら、池や山を配していったそうです。 こういった歴史的背景も加味しながら、兼六園や金沢城を探索してみると、よりいっそう歴史の重みを感じられることでしょう。

兼六園 開園時間・入園料(入場料)・地図

開園時間 3月1日~10月15日 7:00~18:00
10月16日~2月末日 8:00~17:00
入園口(入場口) 真弓坂口、蓮池門口、桂坂口、桜ヶ岡口、上坂口、小立野口、随身坂口
入園料(入場料) 大人(18歳以上) 310円、小人(6歳~18歳未満) 100円
※団体割引など有
入園料免除について
  • 満65歳以上の方。自動車運転免許証、身分証明書、健康保険証、健康手帳、その他、満65歳以上が確認できるものを提示。
  • 教職員または社会教育団体の指導者に引率されて入園する小学校、中学校、盲学校、聾学校または養護学校の児童または生徒で、その引率者がその身分を証する書面を所持する方、および当該引率者。
  • 身体障害者福祉法第十五条の規定により交付された身体障害者手帳を所持する方。
  • 生活保護施設、身体障害者更正援護施設、児童福祉施設または老人福祉施設に入所している方で、その旨を証する書面を所持する方。
  • 毎週土曜、日曜は兼六園の県民観賞の日として、石川県民に対し入園料無料。自動車運転免許証、身分証明書、健康保険証、健康手帳、その他、石川県民であることが確認できるものを提示。
早朝入園について 兼六園と金沢城公園では早朝無料開放を実施。
※早朝無料開放は有料開園時間の15分前迄
3月1日~3月31日 朝5:00開園
4月1日~8月31日 朝4:00開園
9月1日~10月31日 朝5:00開園
11月1日~2月末日 朝6:00開園
住所 〒920-0937 石川県金沢市兼六町
アクセス方法 JR金沢駅から「兼六園・小立野方面行」のバス約10分「兼六園下」下車、徒歩5分
駐車場 有(有料)
県営兼六駐車場
ホームページ http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/
問い合せ先 金沢城・兼六園管理事務所 TEL 076-234-3800