金沢城公園(石川門、金沢城址)の歴史・入場料・見どころ/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

兼六園の魅力案内

加賀百万石の伝統が息づく古都・金沢。
押さえておきたい金沢の見どころ・観光スポットをご紹介します。

金沢城公園

悠々の時を越え蘇った城下町のシンボル 金沢城公園

加賀百万石のシンボルである金沢城は、天正11年(1583年)に前田利家により本格的な建城が行われ、明治2年(1869年)まで加賀藩前田家14代の居城として置かれました。 平成8年(1996年)より金沢城公園として一般公開を開始。 度重なる火災により、石川門と三十間長屋以外の建物は全て消失してしまいましたが、平成13年(2001年)には、古絵図や古文書などをもとに菱櫓(ひしやぐら)五十間長屋(ごじっけんながや)橋爪門続櫓(はしづめもんつづきやぐら)を出来る限り忠実に復元。 安政の頃の景観を現代に蘇らせました。

明治以降に建てられた木造城郭建築物としては全国最大規模である金沢城。 復元にあたっては、石川県内の熟練した宮大工たちが日本古来の工法で建設しました。 釘を一切使っていない伝統的な木造軸組工法は一見の価値あり。 職人たちの卓越した技術を垣間見ることができます。 また、江戸時代のまま現存する石川門(いしかわもん)や三十間長屋(さんじっけんながや)などは国の重要文化財に指定されており、三の丸を守る実質上の大手門である河北門は平成19年11月に着工し、約2年半の歳月をかけて完成。約130年ぶりに甦りました。

石川門(いしかわもん)

兼六園に向かい合って建つ石川門はかつては搦手門(からめてもん)と呼ばれる裏門でした。 2層の菱櫓と複数の門が組み合わされた枡形(ますがた)と呼ばれる複雑な構造になっており、敵が進入してきたときに勢いを鈍らせる目的で設けられたものです。 白く見える屋根瓦には鉛を使用。溶かして鉄砲弾に作り変えるための工夫だったとも言われています。

[写真]石川門

菱櫓(ひしやぐら)

平成13年(2001年)に復元された菱櫓は、当時は大手と搦手(からめて)を見張る物見櫓(ものみやぐら)として重要な役割を果たしました。 その名の通り、建物の平面が菱形(内角が80度と100度)になっており、死角を少なくし視野を大きくする効果があります。 建物に使用されている100本の柱にも菱形が用いられており、建設には非常に高度な技術を要したと考えられます。

[写真]菱櫓

五十間長屋(ごじっけんながや)

菱櫓と橋詰門続櫓を結ぶ多門櫓(たもんやぐら)。 武器等を保管する倉庫として使用されていたのに加え、非常時には城壁の役目も兼ね備えています。 内部では、木組みの工法をそのまま見学することが可能。日本古来の木造軸組工法と呼ばれる方法と、柱と柱を繋ぐ横木を組み合わせた耐力壁によって構成されており、釘やボルトを1本も使っていないにも関わらず耐震性にも優れています。

[写真]五十間長屋

橋爪門続櫓(はしづめもんつづきやぐら)

天守閣を持たない金沢城では、二の丸が政治の中枢を担っていました。 その二の丸の正門である橋爪門を見下ろす位置にある物見櫓がこの橋爪門続櫓。 三の丸広場から橋爪橋を渡り、橋爪門を通って二の丸へ向かう人々を監視するための重要な櫓でした。

[写真]橋爪門続櫓

開園時間 3月1日~10月15日 7:00~18:00
10月16日~2月末日 8:00~17:00
入園料(入場料) 無料
菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓
入館料
大人(18歳以上)310円、小人(6歳~18歳未満)100円
※団体割引など有
住所 〒920-0937 石川県金沢市丸の内
アクセス方法 JR金沢駅から「兼六園・小立野方面行」のバス約10分「兼六園下」下車、徒歩5分
駐車場 有(有料)
県営兼六駐車場
ホームページ http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kanazawajou/
問い合わせ先 金沢城・兼六園管理事務所 TEL 076-234-3800