観光情報サイト 金沢日和

地元編集者のとっておき情報

地元編集者が地元のトピックスを中心に、へぇ、そうだったのか、とか、これは役にたつ!などの情報をお届けします。

謎多き徽軫灯籠

2015年7月30日(木) | テーマ/金沢の雑学

世の観光写真の多くにはベタ(というかお決まり)な構図というものがあって、われらが兼六園であれば、それは「徽軫灯籠」を右手あたりに配置した霞ヶ池の写真ということになるだろう(冬場なら雪吊りですが)。

徽軫灯籠の「徽軫」――随分と画数が多くて難しい漢字だが、ことじ、と読む。由来は楽器の琴の音の高低を調節する琴柱(ことじ)に形が似ているからということで、字は違えど「徽」も「軫」も琴の音を調整するといった意味を持つようだ(つまり琴柱とほぼ同じ意味)。ならば、どうしていっそ「琴柱」にしなかったのか? その理由に触れた文献は見つからなかった。

また灯籠の2本の脚だが、一方が長くて池の水に浸かっており、もう一方は短くて陸に固定されている。このアンバランス感が灯籠そのものの美しさを際立たせているようにも思え、デザインの妙にいたく感心したりもするわけであるが、調べてみたら、もともとは両脚とも同じ長さで池に浸かっていたようである。明治初期頃に今の姿になったそうだが、そうなった理由は定かではない。ちなみに現在の徽軫灯籠は二代目。昭和52年の暮れに何者かに壊され、作り直されたものである。

なぜ片方の脚が短いのか、なぜあんなに難しい漢字があてられているのか、あるいはなぜ(そして誰が)灯籠を壊したりしたのか?

徽軫灯籠には謎が多いのである。

(写真提供/金沢市)

金沢のお雑煮、ルーツは名古屋!? 石川県のお雑煮のあれこれ【金沢トリビア】

もうすぐお正月。今回はお正月に欠かせない「お雑煮」についてのトリビアです。 お雑煮と聞くとねじり梅(続きを読む

2023年12月26日(火)

【金沢のお正月】金沢の正月に欠かせない占い系縁起菓子「辻占(つじうら)」

(写真提供:金沢市) 金沢のお正月にいただく和菓子の代表・福梅(ふくうめ)と並んで有名なのが「辻(続きを読む

2023年12月14日(木)

【金沢のお正月】福徳せんべい

2023年もあとわずか。イベントを一つひとつ終え、お正月準備も万全という方も多いのではないでしょうか(続きを読む

2023年12月14日(木)

【金沢のお正月】全国的に珍しい石川県の「紅白」鏡餅。

石川県民の多くは紅白の鏡餅を飾ります。そんなの当たり前でしょと思った県民の皆さん、実は全国的には上下(続きを読む

2023年12月14日(木)

豚汁をめった汁と呼ぶのは石川県民だけって、知ってました?【金沢トリビア】

豚肉やニンジン、大根、ネギ、ゴボウなどの野菜がたっぷりはいった味噌汁を、何と呼びますか? 「めった(続きを読む

2023年12月14日(木)

【金沢のお正月】金沢のお正月に欠かせない祝菓「福梅(ふくうめ)」

12月になると、金沢近郊の和菓子店には正月の和菓子「福梅(ふくうめ)」が並びます。 毎年決まった店(続きを読む

2023年11月17日(金)

金沢のお土産&手みやげ 番外編|手みやげのマナー

ご挨拶に伺う機会が増える時期ですね。「今年もお世話になりました」、「新しい一年もよろしくお願いいたし(続きを読む

2022年12月24日(土)

【金沢の雑学・商店街編】老舗から飲食店まで様々な業種が軒を連ねる「片町商店街振興組合」

昼はショッピングを、夜は遅くまで飲食を楽しめる北陸有数の繁華街「片町」。最新のトレンドショップや、金(続きを読む

2022年8月26日(金)

【金沢の雑学・商店街編】昭和の風情が残るレトロな外観の建物が立ち並ぶ「尾山神社前商店街」

加賀藩祖・前田利家公と正室おまつの方を祀る尾山神社。そのお膝元にある「尾山神社前商店街」は開設70余(続きを読む

2022年8月9日(火)

【金沢の雑学・商店街編】金沢市内で有数なオフィス街。『南町通り商工会』

尾山八町の一つである南町は、400年以上前の藩政期以前に形成された、金沢でも最も古い町のひとつです。(続きを読む

2022年6月30日(木)

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori